1087 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「楽曲派」アイドルの攻勢と音楽シーン

ヤなことそっとミュート「MIRRORS」を記念して

 絶叫するギターが空間を切り裂いて埋め尽くしていく。4人組女性アイドルグループ、ヤなことそっとミュートが2018年に発表した「MIRRORS」は、間違いなく日本のオルタナミュージックの最前線を代表するアルバムとして現れた。
 
NUMBER GIRLの系譜を受け継いだギターロックサウンドを更に開拓し、劇場性を流し込んだ「ルーブルの空」。メロコアチックなリズムと抒情を、見事に共存させてみせる「クローサー」。ディレイ・エフェクターの名機を冠し、名前を聞いただけでオルタナを愛するギタリストはワクワクしてしまうような「HOLY GRAiL」は美しいアルペジオのフレーズが、感情ほとばしるコーラスへと流れ込んでいく、胸を震わせずには居られない一曲だ。ジャキジャキとしたパンキッシュなギターに乗せて前向きに掛けていく勇気をくれる歌詞が響く「Any」や、ゴリゴリと重たく這うベースフレーズとシューゲイズするギターが気持ちよい「AWAKE」と、シンセサイザーなどの飛び道具はほとんど目立たない純度100%のギターロックなのにも関わらず、多様な顔を見せてくれて飽きさせない。

ここまで書いてきて気づいたのだが、アイドルのアルバムであるのにも関わらず楽器の音のことばかりレビューしている。(一応記しておくが、彼女らが弾いているわけではない)しかし、それほどサウンドについて考証せざるを得ないほどに、ヤなことそっとミュートの音楽性は徹底的に、一点の曇りもなく、オルタナティブ・ロックを志向しているのだ。思わずギターを手に取ってしまいたくなるような、ロックバンドとしての衝動にあふれている。全ての楽器が埋もれることなく、生き生きと耳に入るように凝らされたサウンドメイキングも「オルタナ」として聴かせる意識に満ちている。そしてそのギターロックは「元ネタ」として拝借したものではなく、完全に彼女たちの存在に同化し、恐ろしいほどのオリジナリティを纏って耳に飛び込んでくるのだ。

もちろん、彼女ら4人の素晴らしい歌声があってこそ、この作品は名盤たりうる。透き通りながらも、一つの方向を目指してまっすぐに伸びていくような意思を感じるボーカルが、このアルバムに気高い精神性を与えている。

手を繋ぎ歩む幻
掻き抱く 消えないで 消えないで
さよなら捧げるよ 愛の証
きみこそ我がHOLY GRAiL

「HOLY GRAiL」の歌詞に代表されるように、儚い存在を掌にのせ、失ってしまった「君」を思う。激しいけれども崇高で、想像すると涙がこぼれるような、脆くて、それでも自立していく若い姿。誰もが経てきた、一人悩み、嘆く夜が、目の前に現れる。

見えない明日に不安を覚えながらも、溺れることなく足元を照らし、常に未来に向けて足を踏み出そうとする少女たちが、そこには存在する。有り余る激情が、轟音をともない、ある瞬間は心を洗い流し、ある瞬間は、初めてギターを始めようと思ったあの日へと舞い戻らせる。ヤなことそっとミュートの新譜は、オルタナティブの地平にも、アイドルとしての地平にも、美しく屹立してみせた。
 

この素晴らしいアルバムに関連して、どうしても語らなければ済まないことがある。それは「楽曲派」アイドルの興隆という、現代の、そしてこれからの日本の音楽シーンにおける見逃せない波についてのことだ。
ジャンル間の障壁の希薄化という世界的潮流は、すでに日本のアイドル・ミュージック界というある種ガラパゴスな領域までとうに飲み込んでしまっていた。というよりはむしろ、「アイドル」はジャンルとしての存在ではなく、音楽を人々に伝達する「フォーマット」としての意味合いを更に強めた、といったほうが正しいかもしれない。アイドル戦国時代と呼ばれて久しい2010年代の音楽シーンだが、それぞれのアイドル・プロデューサーは、アイドル個人の魅力はさらなり、音楽性においても独自性を見出そうとする動きがさらに強くなり、社会に対して音楽を発信したいミュージシャンにとって、アイドルという媒体はより手軽で、音だけでなく実態を伴う分社会的影響力も大きいものとなっている。

その結果が、音楽シーンで次々と現れ、アイドルファンのみならず、ロックなど他のジャンルを愛好してきたリスナーをも唸らせる「楽曲派」アイドルの登場である。この動きの始まりを明確に定義するのは難しいが、アイドルにオートチューンを通し、一糸乱れぬダンスとともにエレクトロ・ポップを歌わせるという、今までにない出で立ちと音楽性で、お茶の間にまで印象を残したPerfumeの存在は語らないわけにはいかないだろう。「生歌」の力を信じ、各地で精力的なライブを繰り広げているももいろクローバーZは、メジャーシーンにおいて存在したアイドルソングに対するステレオタイプを華麗に打ち破った存在であり、現在もトップランナーとして、リスナーを驚かせる斬新な楽曲を送り続けている。先日横浜アリーナでの公演を見事に成功させ、今まさに上昇気流に乗っているBiSHは、パンクロックの衝動を、楽器を持たなくても表現することができるということを多くの人々に証明した存在であり、その事務所であるWACKの破天荒なマーケティングと相まって、インディーズ・アイドルの雰囲気を陽のあたる場所へと引っ張り出してみせた。

ロックフェスに出演したり、対バン相手にロックバンドを選んだりするようなアイドルも年々増えてきており、オルタナティブミュージックとアイドルの垣根は今や存在しないに等しい(その意味では、昨年の欅坂46のアルバムが高く評価され、秋元康がプロデュースするアイドルとして初めてロックフェスに出演したのも、非常に大きな転機と言えるだろう)。インディーシーンにおいては、アイドルというフォーマットに乗せて、シューゲイザー、ファンク、ハードコア、ニューウェーブ、電子音楽、UKロックとありとあらゆるジャンルを乗せる実験が、とどまることなく行われ続けている。さらに、その音楽性はジャンルに対するオマージュにとどまらず、独自性を有し、そのジャンルに対してはっきりと影響を与えつつある。この記事でレビューしたヤなことそっとミュートはその素晴らしい一例としてある。
 

日本で胎動するオルタナティブミュージックの波をつかもうとするとき、アイドル・シーンについて無視することは最早不可能だ。日本における特有の総合芸術としてあるアイドル文化は、その一翼を間違いなく担っている。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい