1087 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

青春の憧れ

チャットモンチーが終わるということ

あらかじめ言っておくと私はチャットモンチーの大ファンと言うには熱量が足りないと思う。私の周りには私以上にチャットモンチーが好きな人なんて何人もいるし、それこそ日本・世界中には星の数ほどチャットモンチーが生きがいという人はいるだろう。
それでもあの日「完結」すると聞いて心がぽっかり空いてしまった気がするのはなんでだろう。

私が音楽を好きになって、音楽に関する物心がついた頃には当たり前のようにチャットモンチーの音楽がそこにあった。好きなラジオから新曲が流れてきて、「あーいいなー」って思って。
当時の私はお小遣いもなくて、CDなんて買えなかったから友だちが持ってたチャットモンチーのベストアルバムを借りて何回も聴いていた。きっとこれくらいの聴き込み具合の人なんてこの世にごまんといる。

それから高校に入って軽音部に入部して、バンドを組んだ。ガールズバンドだったけど、チャットモンチーの曲をやることはなかった。ボーカルの声が低かったから。
ほかの友だちがやってるバンドでチャットモンチーの曲をやっていた。やっぱり「あーいいなー」って思った。

大学に入っても軽音を続けた。それでもチャットモンチーをやることはなかった。バイトをし始めて、かつて買えなかったCD、どころかライブやフェスのチケットまで買えるようになった。
それでもチャットモンチーには会えなかった。
私の人生でチャットモンチーに「相対する」ことはなかった。

そんな中迎えた2017年11月24日。チャットモンチー「完結」。最初はただただ驚いただけだった。

そっか、チャットモンチーが終わるのか。

ふと、久々にチャットモンチーが聴いてみたくなった。
入ったばかりのSpotifyでチャットモンチーを検索。
ひたすらシャッフルプレイ。
そこには昔の私が、今の私を、投影する曲ばかりだった。

最近はバイト帰りに「染まるよ」を聴きながら帰る。
タバコ嫌いなくせに『大人だから一度くらい煙草を吸ってみたく』なる矛盾した気持ち。
『蛍光灯に照らされ』たいのに、探しても最近は蛍光灯の街灯さえ見つからないんだなぁって時代の流れも突きつけられた。

そうか、チャットモンチーが終わるということは、こういうことか。きっと知らない間に染み込んでたチャットモンチーに今さらながらに気づいた。バンドガールの永遠の憧れ。子どもながらに憧れた大人の女性。それでいて少女の気持ちも代弁してくれていた。

そう、チャットモンチーは「青春の憧れ」だったのだ。
本能的に潜り込んでいた「憧れの存在」。
それが、チャットモンチー。

なんで今さら気づいてしまったんだろう。
なんでいなくなると知ってからわかってしまったんだろう。
いなくなるから気づいたのかな。
人間はしょせん届かなくなるとその大切さに気づく生き物なのだなとよく言われる言い回しを思い出した。

チャットモンチーが完結するまであと約1ヶ月半。私は大人になって彼女たちを送り出すことができるのだろうか。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい