1439 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」私の聴き方

4つのテーマと、アーティスト達

このトリビュートアルバムを聴いて、
彼女の個性が紡ぎ出す楽曲群が、どれ程人の心を掴んで離さないのか、14組のアーティストによって炙り出されていると感じている。

僕が椎名林檎に出会ったのは、彼女がデビューした1998年頃だ。その当時一番印象に残っているのは、罪と罰という曲で、その頃の彼女の代表曲のひとつと言ってもいいと思う。
キーボード、僕にとってはエレクトーンと言った方がわかりやすい楽器が、パイプオルガンのような、スーッと揺らぐ前奏で幕を開ける。そんな厳かな表現がピッタリくる。
そして第一声から聞いたことのない歌い出し。

「頬を刺す朝の山手通り 煙草の空き箱を捨てる」

この1行で、
朝帰りをし、喧騒の浅い静けさと、
サッパリとした穢れや、疲れ、タフさ、
を再現した。

彼女は当時から、僕にとって、当世を代表するアーティストで、現実を的確に鮮やかに表現する、作品を生み出すアーティストだった。

そんな彼女のデビューから、現在までの楽曲から14曲が選抜されて、一枚のアルバムになったわけだ。

僕が今回注目したのは、彼女の一発目シングルA面B面の2曲。幸福論のレキシと、すべりだいの三浦大知だ。先ずはすべりだい。
こんなに合うのか、林檎と大知!と言う感じ。椎名林檎の感情論を、エモーショナルな歌声をぶっ飛ばして、女の怖さを微塵も感じさせない、三浦大知、男のエモーション!という印象。
そして、ダンス!コミカル!幸福論。レキシの真骨頂。言うまでもなく、きらきら武士のレキシですが、まんま池田貴史の作った曲でもいい!

そして、このアルバムには、彼女と双璧をなす現代のスーパー女性アーティストがもう一人。

宇多田ヒカルである。

彼女と小袋成彬の丸の内サディスティックは、2曲目に収録されている。
この曲は昔からずっと演奏されている曲で、ファンの人気も高く、ハードルはある意味高いと思われる。
ボサノバの匂いがする、彼女の低音と、小袋成彬の高音が心地いい。アレンジもいたってシンプル。世代を越えたいいコラボレーションになっている。

今回アルバムのテーマは、発表されている通り、「世代を越える、ジャンルを越える、国境を越える、関係を越える(今回限りのコラボレーション)」であった。
最後の一つを除いて、宇多田ヒカルは、このお題目も達成している。

レキシと三浦大知、宇多田ヒカルと小袋成彬に注目したが、
草野マサムネ、亀田誠治率いるtheウラシマ’Sや、AIの罪と罰、MIKAのシドと白昼夢…etc
朝から晩まで、ドップリこのアルバムに浸かっている。

最後に松たか子の「ありきたりな女」について書こうと思う。
彼女の発声は独特で、それほど音域も広くなく、高い声は出ないのだが、まるでミュージカルを聴いているように、椎名林檎の歌声よりも、そこに世界が立ち上がる。
俳優独特の声の演技力とでも言うのだろうが、素晴らしいと感じている。

僕は椎名林檎というアーティストを尊敬する時に、何を思うかということを考えるのである。
彼女は女全体の代表として、自分を捉えている節があるのだが、そんなことは全くないと言い切れる、気がする。
人には個性があり、彼女は容姿に恵まれ、何より音楽的才能に恵まれた。
そんな彼女が、平凡な女の代表な訳がない、と思ったのだ。
だが、「ありきたりな女」を松たか子が歌った時、それは違うのではないか?とも思えた。
彼女も、母親になった稀有な才能を持つアーティストの一人だが、歌唱は、先ほど書いた通り、椎名林檎の上をいくのかもしれない。

しかし、彼女たちのどちらが歌っても、同じ真理がきこえてくるのである。
女という生き物の、だ。

椎名林檎が最後にこの曲を置いてくれ、と言ったのかはわからない。
だけども、素晴らしいアーティスト達によるトリビュートの最後を締めるに相応しい。

椎名林檎もまた、普通の女なのだ。
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい