1087 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

過去の栄光と現在

アークティック・モンキーズ、最大の問題作を聴いた

待ちに待ったアークティック・モンキーズの新譜を買った。タイトルは『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』。
 

なにしろ5年ぶりのアルバムである。僕は仕事の疲れも忘れ、帰宅するとすぐさまPCに取り込み、WALKMANに落とし込んだ。「今回はどんなアルバムなのだろう」。期待に胸を膨らませた僕は、再生ボタンを押す。
 

「……あれ?」
 

流れてくるのは、ピアノがキラキラと舞い踊る、スローテンポな曲。まるで映画のサントラのような、優雅な調べだった。
 

「……CD間違えたかな」
 

……そうに違いない。アークティックはギターが先行し、ドラムがドスドスと鼓膜を刺激するようなバンドのはずだ。これは、違う。
 

僕は手元のWALKMANに目を落とした。だがそこには、『アークティック・モンキーズ』の文字が、はっきりと刻まれていた。
 

そう。これこそがまごうことなきアークティックの最新アルバム、『トランクイリティ・ベース・アンド・カジノ』だったのだ。
 

……前置きはほどほどにして、ここからが本題である。
 

要は何が言いたいかというと、今作は往年のファンからしても賛否が分かれる、バンド史上最大の問題作であるということだ。
 

ネットで検索すると「空に飛んでいきそう」だとか「セックスが上手くなりそう」といった声が挙がっていた。何これ?違法ドラッグなの?
 

今回は彼らの作品の中でも、アークティックをアークティックたらしめた象徴たる1stアルバム『Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not』を取り上げながら、今作がどれほどの問題作なのかを伝えたいと思う。
 

そもそもアークティック・モンキーズとは、イングランド出身の若手ロックバンドであった。
 

フォールズなどが台頭し、当時早耳のロックファンの中で注目が集まっていたイングランド。その中でアークティックの人気が加速した理由として、その特異な音楽性が挙げられる。
 

まずボーカルは、音楽のスタンダードを完全に無視していた。通常、ボーカルパートというのはリズムに合わせて、リズムが狂わないように適切な文字数でもって、思いを伝えるものだ。
 

ではアークティックのボーカル、アレックス・ターナーはどうか。彼がボーカリストとして異質だったのは、字余りだろうがテンポが狂おうがおかまいなしで、言いたいことをひたすらまくし立てる点であった。
 

その情報量はすさまじく、歌詞カードの文字の大きさは最小にしなければ入りきらないレベルで、3分以内の楽曲で歌詞が数千字を超えることもザラにあった。
 

次にギター。前述した通り、ボーカルがハチャメチャなため、本来ならば音楽として成立しない。そこでスポットが当てられたのがギターである。
 

1stは、基本的にギター主導で楽曲が進行する。ギターが無理矢理リードすることで、なんとか『曲』になっている感覚。マラソンで例えると、ボーカルとギターがペース配分を無視して延々走り続けるイメージ。
 

……というように、いわば『混ぜるな危険』の物質を混ぜまくった結果がアークティックなわけだ。こんなバンドが果たして売れるのか?答えはひとつ。めちゃくちゃ売れたのである。
 

中でも『I Bet You Look Good On The Dancefloor』、『When The Sun Goes Down』の2曲の破壊力はすさまじく、ライブにおいてはこの再現不可能なレベルの歌詞を、観客が大合唱する事態にまで発展した。
 

このバケモノアルバムは様々なバンドに影響を及ぼした。海外では同様に、歌詞をひたすらにまくし立てるバンドが増えたし、日本ではメジャーデビューを果たしたザ・ミイラズのフロントマンである畠山が、ミイラズの楽曲について堂々と『アークティックのパクリ』と公言している。
 

とにかく、ひとつの結果として1stは150万枚の爆発的ヒットを飛ばした。名実ともに、音楽シーンを根本からぶち壊した作品となったのである。
 

それからは計4枚のアルバムが発売されるのだが、『前作と同じものは作らない』というアレックスの弁の通り、その都度全く異なるアプローチで、アルバムは製作された。
 

だがやはり、アークティックの真髄を表し、同時に衝撃的であったという点を鑑みれば、1stが最も好まれていたのではないかと思う。
 

で、今回のアルバムについて。今作はアークティックファン……とりわけ1st時代を好むリスナーを、完全に置き去りにしたアルバムだ。
 

激しかったギターは鳴りを潜め、随所に取り入れられたピアノサウンドが光る。全体的なBPMも遅く設定されており、深夜のバーなどでゆったりと聴きたい雰囲気に満ち溢れている。
 

なもんで、各所で書かれている『官能的』という意見に関しては、物凄くよく分かる。アレックスの粘っこい歌い方や、アルバムから醸し出されるアダルティーなイメージがそうさせるのだろう。
 

だがはっきり書いてしまうと、1stの熱狂的ファンは、今作に対して否定的な意見が多いのではと思う。
 

……と、ここまで書いてきたが、「じゃあ今作は駄作なの?」と問われれば、全くそんなことはないのだ。今作は、今までになかった新たな魅力を孕んだ傑作である。それを特に感じさせるのが、リード曲『Four Out Of Five』だろう。
 

再生した瞬間、ドラムとベース、ピアノが織り成す心地いいリズムにはっとさせられる。しばらくするとそこにボーカルとコーラスが乗り、サビに突入する頃には、耳元で大勢のメンバーが演奏している感覚に陥る。渾身の1曲だ。
 

かつての武器であるギターをピアノに持ち換えたアレックス。彼はメロウなサウンドに囲まれながら、穏やかに歌ってみせる。
 

〈少し気楽に構えて 俺の方へ来な(和訳)〉

〈星4つだな(和訳)〉
 

賛否両論どんとこい。このアルバムは、新たな音楽性を模索し続けるアークティックの意思表示だ。
 

ひとつ確かなことは、もう1stのようなアルバムは作らないし、作れないということ。今の彼らのモードはこれなのだ。
 

前作『AM』が大ヒットを記録した後、バンドは解散も視野に入れていたそうだ。そんな彼らは結果としてアルバムをリリースし、世に送り出してくれた。これは本当にありがたいことだし、大きな意味がある。
 

1stの頃のように、体を激しく動かして大合唱するようなバンドではなくなった。BPMは下がったし、性急なギターリフも鳴りを潜めた。だが彼らは、自分たちの作りたいものだけを作り続けて、これからも歩んでいくだろう。
 

いつになるかは不明だが、いずれ来るであろう来日公演に向けて、僕らは今作を聴き込んでじっと待つのみである。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい