1170 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

new1

Base Ball Bear、Tour LIVE IN LIVEによせて

Base Ball Bearは2年前に4-1のバンドになった。当時そのニュースを知った時は現実を受け止めきれず涙も出なかった。
ラジオでベボベの初恋が流れた時やっと「あぁ、もうこの4人の音は聞けないんだ」と涙を流した。

4人の音を大事にしてきたベボベが、ギター湯浅の脱退を受けて終わってしまうのではないかととても怖かった。
それでも彼らは進み続けるという選択をした。
LIVE BY THE C2、バンドBのすべてツアー、3人だけの初めてのアルバム光源を引っさげての光源ツアー。サポートギターを入れてのツアーは新しいBase Ball Bearの姿を見れた気がするし、私自身音楽の幅が広がったように感じる。

そして今回のLIVE IN LIVEツアー。
全編通して3人だけで演奏する初めてのツアーだ。このツアーが発表された時、ただただ楽しみで不安は一切なかった。それは今のBaseBallBearの3人が今ツアーまでに見せてきてくれた姿を知っていたからだ。

ツアー初日名古屋公演。前回ツアーでも小出祐介から「頭がおかしい(笑)」と言われていた名古屋でのライブ、しかも初日だけあって1曲目からクライマックスのような盛り上がりを見せていた。小出はLIVE IN LIVEの特設サイトで、「このツアーではレア楽曲中心のセットになっているわけではない。おなじみの曲もおなじみ通り、おなじみ以上に演奏したい。」とコメントを出していた。その言葉通り、Base Ball Bearの演奏はおなじみ以上だった。既存の曲が新曲に聞こえるようなイントロのアレンジも多く私はワクワクが止まらなかった。
特に読み方が同じ某曲では見事に騙されてしまった。私はその時のBase Ball Bearの3人のいたずらっ子のような笑顔が忘れられない。

「Base Ball Bearはこんなに笑顔で楽しそうにライブするバンドだっただろうか?」
そんな風に思った。決して4人の時代を否定するわけではない。ただ私は、今の3人が本当に楽しそうに音の中に生きている姿を見せてくれたのが嬉しくてたまらなかったのだ。

そして先日の梅田公演。今ツアーも終盤になってきた梅田公演ではありがたいことに最前列でライブを見ることができた。

今ツアーではおなじみになった関根史織によるチャップマンスティックの演奏。彼女はこの楽器を2年前から趣味として練習していたという。そんな楽器をライブで使えるまでにした彼女の努力と向上心に私は感動した。3人になったことで何か武器を増やそうとした彼女のひとつの選択だったのではないかとも思った。

梅田公演のMCで小出は演奏中にぴょんぴょん跳ねるように、関根は叫ぶようになったと述べた。2人とも以前はそんな人の気持ちが分からなかったと言う。そんな2人を見て堀之内大介が感極まってしまうらしい。今のBase Ball Bearの形がここに表れているような気がした。

そしてコールアンドレスポンス。アイドルソングを?JPOPを?と問うてくる小出に対しファンが愛してると叫ぶ。
最後の小出からのコールは「すなわちBase Ball Bearを?」であった。会場に今日1番の愛してるが響いた。その直後、小出が叫んだ。

「いや、俺の方が愛してるぜー!!!!」

自分の愛するバンドを、本人がファンよりも愛していると言う。こんな幸せなことはないだろう。この叫びは私にとってBase Ball Bearがこの先もたくさんの音楽を私たちに届けてくれる証明になった。
「4-1=new1」な彼らはこれからどんな姿を見せてくれるのだろうか。
彼らの音楽はまだまだ続く。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい