1385 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

MISIAの《つつみ込むように…》がたまらない

誰かに勧めたくなるもの

人に曲を勧めた時、相手がその曲に素直に興味を示してくれるかと問われれば、そうではないことの方が多い気がする。まるでその曲を好きになるか嫌いになるか、聴く前から無意識に決めつけられているかのように感じることが多々あるからだ。

逆の立場に立って考えてみると、実は私にもそういう節はある。
自分の中にある「好きな音楽」の軸にどこか共鳴する部分があるものはすぐ受け入れて「好きな音楽」と囲い込むのに対して、その囲いの外にある音楽は「なんとなく嫌い」として聴かず嫌いしていたり。いざ聴いてみたとしても「好きにならないだろうな」という前提の元で聴いていたり。

こういう人がたくさんいるので、「自分の好きな曲を勧める」という事は期待通りに運ばないことが多いと思う。

ただごくまれに、
「この曲って誰に勧めても良い曲って思われるんじゃないの?」
と感じずにはいられない曲に出会うことがある。
どんなジャンルの音楽を好きな人でも、聴いたら絶対好きになってしまうんじゃないかと思う曲。
 

私が一番その感情を抱くのが、MISIAの “つつみ込むように…” という曲だ。
この曲を聴いたことがない人に勧めてみたくて、今この文章を書いている。
 

初めて聴いた時、ガツンとパンチをくらったような衝撃があったというよりは、とにかく心地がよかった。
メロディや歌詞、声、曲全体の雰囲気、全てが言い表せない絶妙さで絡み合っていて、不思議なかっこよさと優しさを放っている。
懐かしく、温かくて、でもどこか切なくて、どんな気持ちか一言では表せない。心地良さの中にあるその不安定さが、私をじわじわとその曲の虜にしていった。

それから何度繰り返し聴いても、初めて聴いた時の感情は一向に褪せる気配がない。

初めて聴いた時からもう何年も経って、私は大きく変わっているはずなのに、不意にイヤホンから流れてくると、いつでもその時々の私の感情にすっと寄り添ってくる。飽きも、違和感も一切生まれない。
いつ聴いてもとにかく心地が良い。
 

また、はかない時の流れを感じさせる歌詞は、曲を聴く度にメッセージ性を増していき、私をより切なくさせる。
 

〈恋人と呼びあえる時間の中で 特別な言葉をいくつ話そう〉

〈誰も皆 満たされぬ時代の中で 特別な出会いがいくつあるだろう〉
 

何度聴いてもその度にハッとさせられてしまう。

聴く回数を重ねても色褪せないままの魅力と、増していく新たな魅力。この二つが合わさって、いつ聴いても、やっぱりこの曲が大好きだとしみじみ思う。
 
 

長々と書き連ねてきたが、百パーセントの人が好きだと思う曲なんてそう無いことは分かっているし、私がこれ程好きだと思うこの曲も、誰かにとってはなんでもない曲なのかもしれない。

ただこの曲は、変化していく私をずっと包んでくれる大好きな曲だ。
変化する私を受け入れてくれる曲なら、どんな人でも包み込んでくれる本当に素敵な曲なのではないか、と思いこの文章で問いかけてみたくなった。

この文章がきっかけで “つつみ込むように…”を好きな仲間が少しでも増えれば、一ファンとしてとても光栄に思う。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい