1437 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

チャットモンチーという存在

チャットモンチーラストワンマンを終えて

 

思えば音楽というものは小さい頃からわたしの近くにはあった。

小学1年から始めたピアノ、流行りに乗ったアイドル、カラオケで友達と歌うため、会話についていくため、
 

音楽は近くにあったのにツールでしかなかった。
 

そんなわたしに大きな変化を与えたのは高3のとき。

友人からこのバンドいいから聞いてみてと言われた。
 

この時から人生は大きく変わったといってもいい。

初めて聞いた「ハナノユメ」

「薄い紙で指を切って 赤い赤い血が滲む」

なんということを歌詞にしてるのかと衝撃を受けたのを今でも覚えている。

今まで聞いてきた音楽にはない歌詞だったのだ。
 

そこからは受験をチャットモンチーの音楽とともに乗り越えた。

大学に入学したころにはどっぷりとはまっていった。

今の一番の友達もチャットモンチーきっかけで仲良くなったし、バイトしたお金はCDやライブに使った。

チャットモンチーが見たいがために、初めて参戦した夏フェス。
 

そこからわたしの音楽の世界が大きく広がった。
 

音楽がわたしの核となったのだ。
 

チャットモンチーの他のガールズバンドを聞き漁り、
男性バンドにも手を出し、今では邦楽ロックという分野が大好きになった。
 

そんな中でも根っこは変わらず、チャットモンチーだった。

チャットモンチーがどんどん変身していてもその気持ちは変わらなかった。

どんな状態になっても、2人が生み出す歌詞に曲をつければ、それはチャットモンチーであった。
 

そんな太く丈夫になった音楽の木を揺るがす大事件。
 

チャットモンチーが完結する。
 

この時の気持ちを今でも忘れない。
放心状態になってしまったのだ。

急にチャットモンチーの曲を聞くのが怖くなった。

だけど、ラストワンマンの武道館公演のチケットを速攻申し込み最後の姿を見届ける準備をした。
 

トリビュートアルバムを聞いただけで涙が出た。
 

これは当日はどうなってしまうのだろうかと考える日々。
 

「誕生」を聞いた時はああ大好きだという気持ちが溢れて今度はなぜかライブでどう鳴るのか楽しみにもなってきた。
 

そんな複雑な心境の中、あっという間に運命の7月4日を迎えた。
 

グッズの列から、今日参加してる人は心からチャットモンチーが好きな人ばかりだなと当たり前のことに少し感動した。

そして、ライブ本番。

最初から涙腺がばかになっていた。

なぜか初めてチャットモンチーのライブにいった日と重なった。
 

本編最後の曲で涙腺崩壊。
 

アンコールの最後の曲の前にはみんなからありがとうだとか大好きとか響いていてすごい空気感だった。

わたしも叫びたかったのになにも言えなかった。

その代わりに心を込めてうたったよ。

終わった後、なんとも言えない気持ちになった。

くみこんの言葉にもあったけど、

このライブに参加できて、一生分のチャットモンチーの音を「真空パック」で保存した。

もうわたしの音楽の木は大丈夫。

だって根っこが大きくて腐らないように真空パックしたから。
 

これからもカラオケで歌うし、いつでも一緒だ。

たくさんの音楽をこれからもチャットモンチーという大きな根っこの元で聞いて楽しんでいこう。
 

あの時叫べなかった気持ちをここで叫びたい。
 

ありがとう!!
だいすきだよ!!
いつまでも一緒だよ!!
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい