1428 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

春という季節に。

BUMP OF CHICKENの曲がまた1つ道標となった事。

 

夏に向かう、この時期。
今年も終えてしまった春の話をしようと思う。
 
 
 
 

- 未来の私が笑ってなくても
  あなたとの今を覚えてて欲しい

pinkie、春の唄だ。
 
 
 
 

この春、私は、実家を出た。
 

進学や就職で、夜遅くまで光るネオンの輝きや、大きな音が無数に交錯する様な、人で溢れる世界に乗り込む人もいれば、その逆に、ビルが沢山並んだ街から、静かで緑の多い場所へ旅立つ人もいるだろう。

そんな、人それぞれの世界の移り変わりが、どの季節よりも酷く交錯し合い、時に悲鳴をあげる、春という時期。

私も、その中に居たひとりだ。
 
 
 
 

- 空と地面がある街だよ
  育った街と どう違うだろう(東京賛歌)
 

実家を出るという経験をした人の多くは、きっと経験があるはずだ。旅立った世界と、到着した世界を、比べるという事を。

もちろん、私もしてしまった。
だってそうだろう?

生まれてからずっと住み続けた場所に、新たな場所が、勝てっこないのだ。大好きな場所を離れて、私はこの知らない町にやってきたのだ。

違和感しかない。

星が見えない、水がまずい、山がない、川がない、鳥の鳴き声が聞こえない、聞きなれた方言が聞こえない、治安が悪い、空気が汚い ………

どれだけ、悲観的な事を思っただろう、感じただろう。ひどく窮屈だったのだ、新たな場所が。仕事は楽しいのに、やりたい事なのに、なんでこんな場所にいるんだと、心底思った。
 
 
 
 

- 大事なモンは 幾つも無いさ(ダイヤモンド)
 

人は比べる事で存在価値を見出す人と、人は人、自分は自分と割り切って生きれる人がいると思う。

私は間違いなく前者だ。だから何事も比べてしまうのだ、他人と自分を。

時にそれが自分を苦しめる。だがその傷が、結局は自分の成長に繋がるのだ。傷つき、そして強くなる。それを知っているから、比べる事を悪いとは思わない。これは私なりの、生き方なのだ。それでも、生きている自分ではなく、自分以外の場所同士を比べて優劣をつけるのは、申し訳ないとも思う。
 
 
 
 

- 違いが言えるのはどうしてだろう
  ここへ来てから教わったんだよ(東京賛歌)
 

自分以外のものに何を言っても、実際すぐにそれが変わるわけでもない。モヤモヤするものの正体は、実は根本的には自分に原因があったりする。そしてその原因は私の、比べる という価値観にあるのだ。

私は、望んでこの地にやってきた。この地は、私がいた町とは違うものだ、同じわけがない。

だけれど、

私は地元が好きで好きで堪らない、どうしても比べてしまう、卑屈になってしまう。この場所よりも、地元の方が …..
 
 
 
 

- この街だけが持ってるよ
  帰れない君への いる場所を(東京賛歌)
 

それでも、
この町は、「私の居場所」だ。

それは揺るがない事実なのだ。

自分の故郷と比べて優劣をつけて、視野の狭くなっていた私に、そう気づかせてくれたのはBUMP OF CHICKENの曲だった。

私は社会人であり、人の人生を預かる仕事をしている、自分で決めて飛び込んだ以上、生半可に帰れるわけがない。私は、帰れない。そして、帰らない。
 
 

そんな私の居場所は、今、ココだ。
 
 
 

- 知っている景色と 知らない景色が
  僕を騙すように
  いつの間にか 入れ替わる(銀河鉄道)
 

まだまだ消化しきれないモヤモヤは確かに存在する。それでも私は、ココで生きる。それを自分が選んだのだ。

失ったからこそ知った感覚や感情があり、知っていたようでも、失わなければ知り得なかった感覚だってある。失って初めて気付く事も、多いのだ。

実家で生きるという選択を捨て、新たな地で生きるという選択を選び抜いた。そして失ったその選択肢と、失った日常は心の中にしまっておこう。

新たな日常と共に、生きるのだ。
 
 

そんな感覚を、実家を出て初めて、心にストンと落ちてきた曲である「東京賛歌」が、改めて教えてくれた。

きっとまた明日も、明後日も、その先も、
今いるこの場所が私の居場所であることは、変わらない。
 

卑屈だった私を連れ出してくれて、ありがとう。
 
 
 

- あなたのためとは 言えないけど
  あなた一人が聴いてくれたら
  もうそれでいい(pinkie)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい