1384 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ジャンルという壁は壊れた

LUNATIC FEST.の舞台に立ったBRAHMAN

 どうしてもこの耳で聞いて、この目で見たかった。LUNATIC FEST.にBRAHMANが出演する。
 BRAHMANのファンとして最初に思い浮かんだのは
「大丈夫かな?」
ケガ人が出ないかどうかを心配した。

 ライブ前、ステージ前方にはBRAHMANのTシャツを着た人がぽつりぽつりといた。彼らと言葉をかわしたわけではない。でも伝わった。きっと思っていることは一緒だった。
「いつものBRAHMANを観たいし観てほしい。」
アウェイと思われるこの会場で、バンドへの愛と無言の団結力を感じたのだ。

 ライブの幕開けはいきなり私の想像を超えた。SUGIZOと演奏する「初期衝動」。意表を突く展開にまだ心がついていかず、おいていかれないよう必死に拳をあげた。
 その後も新旧織り交ぜた楽曲を息つく間もなく披露していく。そして耳にしたことがある人も多いであろう「ANSWER FOR…」の後半で、気づけばTOSHI-LOWは客席にいた。TOSHI-LOWが力強く立っている場所からはかなり遠いにも関わらず、私の後ろで声がした。
「絶対に落とすんじゃねえぞ!」
ライブ前に感じた「無言の団結力」が間違いではなかったような気がした。私たちが愛するBRAHMANの演奏を、ありのままのライブを見て欲しい、自慢したいバンドなんだと。

 MCでは出演の経緯が語られた。初めはただおもしろいと笑って聞いてる人もいただろう。でもMCは最初から最後までいつもちゃんと意味がある。一語一句覚えることはできないから、ここに内容を書くのはやめたいと思う。きっと丁寧に言葉を選んで語られた思いが、間違って伝わって欲しくない。
 ただひとつ、私は「約束を果たす人の背中は大きく、言葉は力強い」と今回のMCで改めて実感した。

 そしてSUGIZOが再び登場し、今度はバイオリンを奏でた。美しく、優しく、強く、弱く、儚く。ありとあらゆる単語が混ざり合ったような「満月の夕」に私は涙をこらえることができなかった。
 ただ笑って毎日生きることがこんなにも難しいなんて。事件や事故、自然災害、些細な人間関係など多かれ少なかれ誰もが悩んでいる。でも音楽が、BRAHMANの生きざまがいつも背中を押してくれる。
一度きりの意味を お前が問う番だ
「真善美」で圧巻のステージは幕を閉じた。

 ライブ後の私は燃え尽き症候群とでもいおうか。
パフォーマンスが、熱が、メッセージが心に響きすぎて、覚えているようで覚えていない。今もまだ、ライブの余韻だけは私の心から離れずにずっとずっと棲みついたままである。

 あの日会場には今までBRAHMANを観たことがある人は多いとはいえなかったかもしれない。どんなライブパフォーマンスか知らなかった人も多いだろう。危険を感じた人もいたかもしれない。それを承知の上で出演してほしい、そして多くの人にBRAHMANというバンドを、彼らのパフォーマンスを、スタイルを、放つ熱を、放つメッセージを感じてほしいというLUNA SEAの熱意を思うと、私の胸はより一層熱くなった。
 ジャンルなんて関係ない。何かきっかけがあれば魅力的な音楽は融合して、更に深みを増す。
 いつかまた、両バンドが同じステージに立つ日を心待ちにしているのは私だけではないはずだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい