1234 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私の趣味はback number

音楽を知らない私が音楽を語る

 
多くのアーティストを好む人たちからは、よく、
「やっぱり○○(アーティスト名)が原点」
という声を聞く。

back numberもその一つで、他のアーティストの曲も多く聴くなかで、
「back numberが原点」なのだと言う。

否定をするつもりは全くない。好きになれるものがたくさんあることが本当に羨ましいと思う。
ただ、私にとっては、「back numberが全て」ということを伝えたい。
 

彼らを好きになるまでの約20年間、私には好きなアーティストというものが居なかった。
歌うことは好きだが、音楽に執着心は無く、友達とカラオケに行くためだけに、カラオケに行くのに歌う曲がないのも恥ずかしいから…程度の気持ちで音楽を聴いていた。
そんな中でも私を救ってくれた音楽ももちろんたくさんあるが、アーティストを好きになり、ライブに行ったりすることはなかった。

かといって他に趣味がある訳でもなく、好きなものやことをふんわりと表現しながらただなんとなく毎日を生きてきた。
 

ある日テレビで流れてきた音楽は、私の人生を大きく変えた。
 

番組のBGMで使われていたような…
アルバムの宣伝だったような…
曖昧な記憶の中でその歌声だけははっきりと覚えている。

一目惚れがあるならば、一耳惚れだった。
back numberのボーカル、清水依与吏の声。

すぐにアーティストを検索し、聴くことのできる音楽を全て聴いた。
「back number」という3人組のバンドは、まだ今ほどに有名ではなかった。

ただ、耳に入るその全てが心地よくて、力強くて、切なくて、儚くて、
あの日、私はback numberに全てを奪われた。
 

それからの私の毎日は、back numberとともにあった。
大事なとき、「頑張れ」を。
少し疲れたときには、「頑張らなくていいよ」を。
つい突っ走ってしまう私の気持ちにいつも合わせて歌ってくれる。

何気ない日常も、人生のターニングポイントとなるような大きな出来事が起こるときにも、彼らは私に音楽を通して寄り添ってくれた。

大好きな人たちが奏でる音楽は、こんなにも何度も、何度も聴きたくなるのだと初めて知った。

メロディーを好きになり、歌詞を好きになる。それだけでは足りないと思った。
デビューしてすぐのシングル、声がまだ若いな。
今回の曲はすごく力強いな。
どんな気持ちで歌っているのかな。演奏しているのかな。どんな情景なんだろう。
歌声の違いや息づかいまでも聴き逃したくない。

back numberのファンクラブ会員限定のライブ、「one room party vol.4」が今年1月末から3月末にかけて行われた。
もっと近くで彼らの音楽が聴きたくて、私は初めてこのライブに参加した。

「back numberが好き」という共通項で集まった人たちと過ごす空間は、とても不思議でとても温かいものだった。音楽の力の偉大さを知った。

その中でおそらく参加してる人全員の心に深く残ったであろう言葉がある。
 

「ここにいるあなたたちに関わる音楽は、僕たちback numberに作らせてください。」
 

自然と涙が溢れてきた。

one room partyの日、彼らは私たちに向けて何度も何度も感謝の言葉を口にしていた。
ありがとうを伝えなければならないのは私の方だ。

彼らに出会えて良かった。
音楽を好きになって良かった。
人柄を好きになって良かった。

7月末からドームツアーを控える、まさにスーパースターの彼らはどこまでも謙虚で、大きく大きくなっても私たち一人一人に寄り添ってくれる。

テレビから彼らの音楽が流れてきたあの日、いつものように音楽に興味を示さずただ聴き流していたら、
私はきっと今も好きなことに出会えていないままだったと思う。

長く付き合った彼氏との別れも、
就職活動も、新たな出会いも、
仕事も、休日も、
back numberと出会えたから乗り越えられ、
back numberと出会えたから充実している。
 

私は音楽を知らない。
音楽の種類もわからない。
コードも知らなければ両手両足を使ってリズムをとることもできない。

音楽のことを何も知らない私が、今音楽を語っていることが本当に驚きであり、
もっと他のアーティストを知った上で彼らを好きになっていればより言葉の厚みもあるのかもしれないとも思う。
 

それでも、やっぱり、声を大にして言いたい。
 

私の趣味は音楽であり、back numberである。
 

私の人生は彼らにより色付いている。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい