1383 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

大好きなあのUNISON SQUARE GARDENと

生きてみようと思ったのは、君のせいだ

2018年7月24日、平成最後の夏、酷暑。
今日はビールも夏野菜もお米も美味しい。今日は、何気ない記念日。

私には色々なコンプレックスがある。結構テキトーに生きていて嫌なこともすぐ忘れられるけど、でもだからこそ自分の嫌なところを思い出したり見つけたりした時はとても虚しくなって、前にも後ろにもナナメにも進もうと思えなくなる。

だいたい3年くらい前に、UNISON SQUARE GARDENというバンドの音楽が耳に入った。3年よりももっと前から、アニメを通してとか聴いていたバンドで、3年前もテレビの中から再会した。それはシュガーソングとビターステップという曲で、いまでも大好きな、私の大好きな大好きな歌である。
当時の私は、当時好きだったものを好きでいられなくなった不甲斐なさや情けなさと新しい環境での人間関係の構築に悩んでいた。そんな時にこの曲に出会ってしまった。「最高だってシュガーソング 幸せってビターステップ」、この歌詞に震え、確かラインのプロフィールの一言に設定した。見るたびに聴くたびに思い出す度に勇気をもらった。触れ続けるうちに、いつの間にかこの人達のことをもっと知りたい、好きになりたい、そう思ったことを今でも覚えている。

そこからCDを買い、ツアー先行に申し込み、大好きな曲が増え続け、このバンドを通した友達もできた。UNISON SQUARE GARDENのライブに行った。
この人たちの音楽を聴いているだけで何をするのも楽しくて、ライブに行ける予定があることが嬉しくて、頑張れた。
でもふと、「いつまでこのままでいられるんだろう」 そう思った。好きでいられる自信が無い、とかではなく、私の感情の流れがいつまでこの人たちの音楽のもとにい続けられるのだろう、そう不安に思った。怖かった。

結論から言うと、この「好きでい続けられるのだろうか」問題は、何か一つのアクシデントを通して解決したわけではないし、正直今でもいつ熱中できなくなってもしょうがないのかもなとも思っている。

でもやっぱり、4年後もどうせ君が好きだと心から思う。

それは、例えば、ライブで魅せてくれた3人のアクトがあまりにも好きで”楽しい”を知ることができたと思っているから。例えば、ひとつひとつの曲の歌詞に歌に音に、何度も何度も救われてきたという事実があるから。例えば、そのひとつひとつの思い出がわたしにとってのアイデンティティとなり礎となり生きていく理由や自信に繋がったと思えているから。

これからも私も社会もあの完全無欠のロックンロールバンドも、みんなみんな少しずつ変わっていくんだと思う。私が今ほどライブに足を運ぶことがなくなる未来もあるのかもしれない。
ちょっと怖いなって思う、だけど大丈夫だと思える。根拠はない。ただ無我夢中にこの音楽と旅を続けていれば、いつかそう思える理由を見つけられるのかもしれない。
この音楽との旅路の行き着いた先に何が待っているんだろう。何もないかもしれない、だけど楽しい。ロックバンドは、楽しい。

今日は、私の大好きなロックバンドが結成した記念日。
何気ないお祝いとして、3年前に買ったセレクションアルバムを久々にCDプレイヤーで聴いた。やっぱり超かっこいい。途中から思わず手を振りあげながら聴いた。次のライブ、楽しみだな。今はそれだけで、この大好きだという気持ちだけで、十分だと心から思う。こんな幸せな気持ちをありがとう。
きっと明日も明後日ももっともっと愛してるよ。

この毎日が続いていくことで、来年もこの日をお祝いできたら嬉しい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい