1384 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

チャットモンチーからのヒント

変わり続けるチャットモンチーが私に教えてくれたこと

 チャットモンチーは、いつだって私のお手本だった。

 私がチャットモンチーを知った頃、チャットはすでに男陣、乙女団と共に活動をしていた。2人がどんな人なのかとか、どんな苦労をしてきたとか、元々はスリーピースだったことなんかは全然知らなかった。

 高校で入部した軽音部で2つ上の先輩が「風吹けば恋」をコピーしていて、それに影響されて初めて原曲を聞いたときはものすごい衝撃を受けた。「はっきり言って努力は嫌いさ」なんて、どんな歌詞やねん!と思った。それまでの私は、ミュージシャンは正しいことしか歌っちゃいけないものだと思っていた。でもその思い込みを、チャットモンチーは一瞬で覆した。「努力は嫌い」なんて、全然正しくない。先生や親にそんなこと言ったら怒られそう。だけど、えっちゃんの声に乗せられた言葉たちは、ものすごくかっこよく聞こえた。ちょっとトゲがあったり、時にはかわいい女の子だったり、時には優しく寄り添ってくれたり。そうか、これがロックなのか、と思った。
 それから私は、バンドというものに夢中になった。それと同時に、「ロック」というジャンルの中にチャットモンチーがいることは当たり前で、この先もずっと続いていくものだと思っていた。

 軽音部では以前から憧れだったギターボーカルを担当して、いろんな曲のコピーをした。ステージで浴びるスポットライトは、平凡な私を非現実的なところに連れて行ってくれた。ライブをしている間は、ちょっとだけ自分がスターになったような気分だった。
 でも、結成して1年足らずでバンドは解散してしまった。新しいバンドを組んだものの、余った部員の寄せ集め。ギタボ、ギタボ、ギターというまさかの編成だった。リズム隊がいない。何もコピーできない。でもライブに出ないわけにはいかない。

 焦りと不安でいっぱいだった私に、ヒントをくれたのがチャットモンチーだった。チャットが3人から2人になったとき、あっこちゃんはベースからドラムに転向したことを知った。えっちゃんもドラムを叩いていた。
その手があったか!ということで、とりあえずカホンを始めることにした。ドラムは何度か叩いたことがあったけど、手と足が別の動きをするというそもそもの動作が全くできなくて諦めた。だからまあ普通に考えて、カホンもすぐできるようになるわけがない。でも、とにかくなんとかしなきゃ、と精一杯だった私は見よう見まねで練習をして、たまに手のひらを真っ赤にしながら、やりたい曲のドラムパートに合わせてアレンジを考えた。アコースティック編成のバンドなんて軽音部にはいなかったので、みんなすごくびっくりしていた。鳴らす音は地味なのに、めちゃくちゃ目立った。

 しばらくして、チャットモンチーは「チャットモンチーメカ」になった。それもまた、私にとって大きなヒントになった。アコースティックのアレンジは形になってきたものの、次は手の数が足りない。ここでは鍵盤ハーモニカを吹きたい、でもタンバリンとシェイカーで両手がふさがっている。泣く泣く諦めたアレンジもたくさんあった。だから、チャットに倣って今度は打ち込みに挑戦してみた。ネットで見つけた、打楽器の音がたくさん入っているアプリを使って試行錯誤。最初は使いこなせなかったけれど、アレンジの幅がどんどん広がった。いつしか軽音部では異様な形のバンドになっていたけれど、他とは違う音楽をやっている自分たちが少し誇らしかった。それは、つまずく度にヒントを与えてくれたチャットモンチーのおかげだった。

 チャットモンチーが完結するのを知ったとき、2人のコメントを読んで妙に納得してしまった。「チャットモンチーという名前を脱いだ方が新しいところへ行けるのではないか」「直感を信じ進んでいきたい」
もちろんすごくすごく寂しかったけれど、次々と誰も予想できないような変身を遂げていくチャットモンチーが自分たちの音楽を信じて突っ走る姿はいつもかっこよかった。だからこそ次に進むべき道は2人が一番分かっているのだと思った。

 ラストアルバム「誕生」は、チャットモンチーという生き物の「今」を示すとんでもない作品だった。たぶん私がチャットの音楽に信頼と期待ができたのは、変身してもチャットモンチーという根っこはずっと変わらなかったからだと思う。チャットモンチーはどんな形でもチャットモンチーだった。

 13年もの間チャットモンチーを守り続けてきてくれたえっちゃんとあっこちゃん、そしてチャットと私の出会いであった「風吹けば恋」をはじめ、2人とたくさんの曲を作ってきてくれたくみこん。チャットモンチーは、今までもこれからも私の中の大きな柱だ。音楽を奏でることの楽しさ、変わり続けることの美しさを教えてくれて、本当にありがとう。チャットモンチーが紡いできた歴史に負けないように、変わることを恐れずに、私も音楽をがんばりたい。

チャットモンチーは、本物のロックスターだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい