1256 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

SANABAGUN.「まさに今、この瞬間。」が 自分にとって今

もし今に満足していたら 君に気付けなかった (まさに今、この瞬間。)

昨年からいろんな音楽が聴きたくて
サブスクとYouTubeを使い
ずっと検索しては聴いて、いいと思ったら
プレイリストに入れてを繰り返してました。
 
 

いろんな音楽と言っても
やっぱり自分の好みの曲を
(楽器も出来ないし音楽理論とか全くわからないから
手放しにかっこいいとか、なんとなく好き、
ずっと聴いてたいで選んでます)
とことん探してたら

プレイリストはだいたい”邦ロック”と呼ばれる音楽で埋まり、
自分の好きな音楽見つけたい欲は満たされ
かなり満足してました。
 

気づいたら毎日邦ロック、それ以外は聴いてない
というか、聴かない みたいな感じになっていて
それと同時にどんどん物足りなさを感じました。
 
 
 

今年の4月、
好きなアーティストの対バン相手を予習してる時に
行ってもない過去の対バン相手もしてみたら面白いかなと思い
見つけたのが
SANABAGUN. でした。

はじめに検索で一番上に出てきた
SANABAGUN.の曲を聴いて
好きとか、かっこいいとか思わず
それしか聴かずそのままスルーしたけれど
丁寧な検索エンジンは
次の日 SANABAGUN.の「シャタファカみなさん」を
オススメしてきてこれにまんまとハマった。
(そのあと50 Centも聴いた。)
 

邦ロックばっかり聴いてたのに
“ジャズヒップホップ”というジャンルに
衝撃を受け、その日からSANABAGUN.の事を
調べまくったら どんどん好みの曲が出てくるし、
8人も覚えられないわと思ってた名前も顔も覚え、

数ヶ月前地元ライブで来てたのか とか
Suchmos聴いてたのに何故SANABAGUN.にたどり着けなかったのか とか
長期東京出張の時ストリートでやってたから見にいけばよかった とか
少し悔やんだりして、
今年ライブかフェスで観れればいいなあと思い
毎日SANABAGUN.を聴いてました。
 
 

ある日、キーボードの泰平くんが脱退する
ニュースが飛び込んで来て
初めて私は好きなバンドのメンバー脱退に直面しました。
 

初めてヒップホップというジャンルを好きになったきっかけが
遼さん、俊樹さん、一平くん、元佐くん、大河くん、絋一くん、亮三くん、泰平くんっていう8人のメンバーの
SANABAGUN.だったので

あ、今 観に行くしかない と思い
チケットを取り、無理矢理この日だけ仕事を休みました。
 
 

地方に住んでるので
4時間かけて東京公演に足を運びました。

SANABAGUN.友達が居ないので1人参戦。
何回か1人でライブ参戦してるのに緊張で喉が渇き
カフェラテ3杯飲んで軽くお腹痛くなりました。
 

始まったら緊張も解け
気付いたら踊ってたし見惚れて
ステージから目が離せませんでした。
ライブってこんな感じだっけってくらい
かっこいいパフォーマンスと
最高の演奏と面白いMC。
(上手く文章で説明できないので是非ライブに。)
 

そして最後
アルバムのリード曲とアンコールを残し
地方住まいの私には帰りの時間が来てしまいました。
ライブの日しか休めなかった自分を
最後の最後で思いっきり責めました。
多分ずっと後悔すると思います。
 

それでも 今のSANABAGUN.を観にいけて
よかったです。
1人で行って、1人で笑って、1人で踊ってたけど
1人ってことを感じさせないくらい周りのお客さんも
笑ってたし、踊って、楽しんでてすごく幸せな空間に居れました。

素敵な空間にしてくれた
今のSANABAGUN.のみなさんと
そのファンのお客さんに感謝です。
好きになってよかったです。

SANABAGUN.のおかげで
一生聴き続けられると思える曲に出会えたことも
好きな音楽の系統を知れたことも
自分の人生の中で大きな出来事になりました。
 

また必ず観に行きます。
その時はちゃんと次の日も休みを取って
最後までSANABAGUN.味わいます。笑
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい