1256 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ABEDONが「I love フジファブリック!」と叫んだ日

フジファブリックとユニコーン、奇跡の2マンライブ

毎年開催されているフジファブリックの2マンツアー「フジフレンドパーク」は、今年で5回目の開催となり、その最終日7月14日のゲストはユニコーンだった。

私の青春はバンドブームとともにあって、その中で、バンドの楽しさを教えてくれたのが、ユニコーンだった。
それから、長い長い年月が流れ、再び、バンドの楽しさを教えてくれたのが、フジファブリックだった。
だから、私にとって、この日の2マンライブは夢のようだった。

フジファブリックにとっても、ユニコーンは特別なバンドだ。
フジファブリックをつくった志村くんは、(ユニコーンが解散していた時期にも関わらず)コピーバンドをする程のユニコーンのファンだったからだ。この日のライブが特別なものになることは、初めから約束されたようなものだった。

でも、本当いうと、少しの不安もあった。なぜなら、ユニコーンは、ほとんど、2マンライブをしてこなかったバンドだからだ。その上、どちらかというと、同世代のアーティストと絡むことが多い。もちろん、各メンバーは若手ミュージシャンのプロデュース等たくさん行っているけど、バンドとしては、後輩バンドに対して、どんな姿勢で臨むんだろう…
そんな不安は最初の音で吹き飛んだ。
「Feel So Moon」のシンセサイザーのイントロの中、彼らは登場し、位置につくと、川西さんのドラムがはじけて、重厚なサウンドが鳴り響く、あぁ、ユニコーンだ…!続けて「スターな男」をたたみかけ、各ソロパートでそのスキルを魅せる。
ところが、MCになると、とたんにゆるくなる。「フジファブリックの”前座”を務めさせていただく、ユニコーンです」「今年は、フジロックに出るんですが、どちらもフジ〜だから、話してると、どっちの話かわからなくなってね笑」
ミドルテンポの「裸の太陽」のあと、「おかしな2人」では、民生はハンドマイクで上手側下手側に動き回って、煽る。ここで、ボーカルチェンジし、初期曲の「ペケペケ」ではEBIと民生のツインボーカルを披露し、「デジタルスープ」と続く。その後、ABEDONが前に出てきて…コケる。転んでもただでは起きない彼は、ひとしきり、コケたことをいじった後、ABEDONボーカルが2曲続く。
2曲目の途中、突然、ABEDONは、少し上を向いて「I love フジファブリック!」と叫んだ。
びっくりした。ABEDONがユニコーンのステージで繰り広げるのは、(さっきみたいな)寸劇や掛け合い漫才のようなMCばかりなのに。今までに、ABEDONとフジファブリックとの間に何があったかは、わからない。でも、この一言に込められた彼のフジファブリックへの想いを、勝手に推し量って、胸が熱くなった。
続いてファーストシングルにして大ヒット曲「大迷惑」、最後に最新シングル「OH! MY RADIO」でユニゾンボーカルを初披露した。
初期曲から最新曲まであらゆる時代の曲を網羅し、ユニコーンならではのボーカルスタイルもみせたセトリと重厚な演奏で、ワンマンのような圧倒的なステージだった。

この圧倒的なステージの後、フジファブリックのステージは、どうなるんだろう…そんな一抹の不安は、また最初の音で吹き飛んだ。「SUPER‼︎」のイントロで、きらびやかなサウンドが鳴り響く、あぁ、フジファブリックだ…!キーボードのダイちゃんは、この曲ではギターも弾き、この日はお立ち台にも立った。フジファブリックの曲は音数が多いが、続く「電光石火」のイントロでは、怒涛の両手早弾きの鍵盤が鳴り響く。
フジファブリックは多彩な曲をもっている。それを武器に、いつも、2マンライブでは、相手に合わせたセトリを組んでくる。この日も、(ツアーにもかかわらず)ユニコーンに合わせたセトリが組まれていた。ユニコーンのアルバムのプロデューサーである河合マイケルさんを共同プロデューサーとして迎えた3枚目のアルバム「TEENAGER」から3曲も演奏されたのだ。「TEENAGER」は、志村くん以外のメンバーの曲が複数入った初めてのアルバムでもある。
総くんは、自分がフジファブリックに誘われた時の話も明かした。「ユニコーンみたいな、メンバーの個性が出たバンドにしたい、と志村くんに言われて、すとんと腑に落ちて納得した」
私は初めて聞いた話だったけど、それこそ、腑に落ちて納得できた。言うならば、それをアルバムで初めて体現したのが「TEENAGER」だった。
そして、曲の合間、総くんは、少し上を向いて「志村正彦!」と叫んだ。この日のツーマンライブを誰よりも望んだはずの志村くんのことを、忘れるはずはなかった。先のABEDONのシャウトに呼応しているようにもみえた。
途中では「与える男」もカバーし、最後は最新曲「手紙」でエモーショナルな演奏を披露した。

アンコールでは、先に登場したフジファブリックが、ユニコーンを呼び込む。
すると、先ほどコケたABEDONが川西さんとEBIに肩を支えられ、足を引きずりながら登場する。私は、また始まったな〜、とほくそ笑む。こういったおふざけが、ユニコーンは大好きだ。
「俺たちの背中をみてるっていうなら、こういう背中もみなきゃ、ダメだよ」民生がたたみかける。ABEDONはダイちゃんに目をつけて、コケてみるように言う。わかってるなぁ、と納得する。ダイちゃんも、ABEDONと同じく目立ちたがり屋、こういう役回りは嫌いじゃないはず。言われた通りにコケてみるダイちゃんに、ABEDONや民生があれやこれやとコケ方を指南し、ダイちゃんもそれに一生懸命、応える。その楽しげな雰囲気のまま、フジファブリックとユニコーン全員での豪華セッションで「WAO!」が始まった。ABEDONボーカルの初めてのシングルであるこの曲を、この日は、ボーカルの総くんだけでなく、ダイちゃんも歌った。続くセッションでのフジファブリックの「虹」では、ABEDONがシンセサイザーの音でアレンジしてきた。

ユニコーンは、表立って、熱いメッセージを伝えたり、ポーズを決めたりするバンドではない。
だけど、この日のセトリや演奏は気合十分だったし、ABEDONの「I love フジファブリック!」というシャウト、アンコールでのダイちゃんへのコケ方の指南や「WAO!」や「虹」のコラボでのユニコーンの姿…そこからは、ユニコーンの背中をみながら、止まることなく走り続けてきたフジファブリックに対して、ユニコーンなりのエールを送っているのが垣間見えて、胸がいっぱいになった。

私は、未だに、初期の民生のボーカルを聴くと、胸の奥底を、きゅっと掴まれたような、少し苦しいような気持ちになる。多分、当時、民生の声に恋をしていたんだと思う。でも、今、ライブに行っても、その声に出会うことはできない。それでも、民生が歌うと、ユニコーンの曲になる。逆に、民生が、ソロバンドでユニコーンの曲をやることもあったけど、それはユニコーンではなかった。ユニコーンのメンバーでないと、ユニコーンの曲にはならなかった。
同じように、今、志村くんの声に出会うことはできないけど、総くんが歌うと、フジファブリックの曲になる。デビュー当時から体制は変わっているけど、どの曲も、フジファブリックが演奏するとフジファブリックの曲になる。
バンドは不思議なものだと思う。
バンドは変化していく、その変化が、抗うことの出来ない自然の摂理や運命であっても、新しい音楽を生みだすための試行錯誤であっても、それがバンドだ。
でも、バンドには変わらないものもあって、そのバンドでしか出せない音が必ずある。
ユニコーンもフジファブリックも、変化のあるバンドだけど、その中心にはずっと変わらないものがある。

2つのバンドに、共通点がある。
「解散しない」と明言していることと、「今が最高」と言い切っていることだ。
かたや、16年もの間、解散していたバンドと、
かたや、一時は存続自体も危ぶまれたバンドが、
今が最高と言って、活動を続けることを宣言する程の、自分たちのバンドに対する熱い想いと絶対的な自信。
彼らのライブには、いつも、その想いや自信が、ふんだんに溢れている。
この日のライブも、まさに、そうだった。

ユニコーンのように、メンバーの個性が出ると、バンドとしては面白くなるけど、一方でバンドとしてまとまるのは難しいんだろうな、と思っていた。
だから、ユニコーンが解散した時、もう2度と彼らは戻って来ないと思った。
もっと言うなら、ユニコーンみたいなバンドは2度と現れないと思っていた。
でも、今、ユニコーンは戻って来て、さらにバンドとして発展し続けている。
そして、ユニコーンみたいな、メンバーの個性が出たバンドを目指して、志村くんがつくったフジファブリックは、3人体制になった今も、彼の想いの通り、メンバーの個性をさらに磨きながら、発展し続けている。
ライブの最後に、この2つバンドが手を繋いで並んだ時、なんて幸せなんだろうと思うと同時に、今までの色んな想いが急にこみあげてきて、不意に涙がこぼれた。
この日の感動を、私は、一生、忘れることはないだろう。

私の青春は、バンドブームとともにあった。
そして、今もバンドブームの中にいて、きっと、これからもその中にいる、
進化し、輝き続ける2つのバンドとともに。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい