1326 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

〝完全感覚Dreamer〟という名の「証明」

ONE OK ROCK×Takaの覚悟と決意、その歌声に宿るチェスターを感じながら

《This is my own judegment!! Got nothing to say!!》

“ONE OK ROCK”破竹の勢いとはこのことか。日本のロックシーンを飛び越えて物怖じしないその姿勢が、世界のロックシーンまでをも巻き込み、今まさにワンオク色へと染めようとしている。イギリス・ロンドンの「HMV」には彼らのCDが並び、それを求めて地元のファンが買いに訪れる。また海外で行う公演はこぞってソールドアウト。学生時代に読んだ音楽漫画の世界が、そこで現実となり、この目の前に広がっている。だが、彼らも順風満帆だったかと言えば必ずしもそうではない。海外での地道なライブ活動を経て、少しずつではあるが世界各地のファンの心を掴み、この成功に繋がっていることは忘れてはならない。海外ツアーでの長距離移動、知らない土地土地でのライブ公演、自然と疲労も溜まり、心を打ちのめされることもあったはず。それでも、現在に至る過程は「光の裏にある影に過ぎない」と言われれば当然か。

《You know I’ve got to be NUMBER ONE!!》

結果が物を言う世界だ。彼らの努力の証明が形となった今があることに意味がある。僕らでは到底理解できないシビアな世界だが、そこで戦い抜くと決めたTakaのその決意に、一ファンとしてだけではなく、同じ日本人として心から敬意を表したいものだ

以前、横浜スタジアムにて開催されたワンマンライブ“Mighty Long Fall at Yokohama Stadium”で、特に印象に残ったTakaの言葉がある。

「単純に俺らの夢が、俺らの求めてる音が海外にあるからなんです」

「俺らからしたらちょっと自販機にジュース買いに行くようなもんだよ」

その言葉からも分かるように、彼が思う世界とは、もっとフランクで身近な場所だということだ。またホーム=日本、アウェイ=海外といった分け目も感じられない。つまり、ワンオクを求めるファンがいるその場所こそ、彼にとっての居場所であり、“求められれば何処へでも駆け付ける”といった熱い思いが、Takaの心を突き動かす原動力になっているのは間違いないだろう。

そして、語気を強くしたTakaは“夢や希望、彼自身の人生の在り方”を、僕らに問いかけるようにこう語りかける。

「そら、ときに諦めたっていいよ。投げ出してもいい。でもその先に必ず自分の信じた未来があることを、心に置きながら何かを投げ捨ててください」

「俺らに変えれることは必ず、たくさんあります。年齢も性別もそんなもの一切関係ありません」

彼の人間性や価値観、全てがここに凝縮されたようなその言葉に、とても胸が熱くなったのを覚えている。彼の言葉を借りれば「人生は時に残酷だ」それでも、何かを投げ捨てたその先にも必ず、夢の続きがあるんだと、そして、闇を光に変える力を誰しもがその胸に持っているんだと、Takaは自ら示し教えてくれたように思う。

「どんな小さな光も灯せば必ず、照らすことができます。それだけは忘れないでください」

そう言い残してTakaが歌い上げる〝Be the light〟観客一人一人が照らす“スマホライトの光”大きくも小さくもそれぞれの胸を灯す輝きが、スタジアム全体を優しくより美しく、彩り包み込んでいたように思う。曲のラストで叫ぶTakaの圧巻のシャウト。夜空を突き抜けるようなその歌声から伝わる彼の“生き様”そして、年齢も性別も人種さえも、全てを超越するほどの“音楽の力”を、まざまざと見せつけられた。また、その瞬間“ONE OK ROCK”というロックバンドが“Taka”という一人の人間が、この胸の奥深くに強く刻まれたのは言うまでもない。本当に素晴らしいライブだった。

《絶対的根拠はウソだらけ/いつだってあるのは僕の/自信や不安をかき混ぜた/弱いようで強い僕!!》

2017年1月、JAPANロックの今と未来を大きく左右するだろう、革新的かつ挑戦的な1枚のアルバム『Ambitions』が発売された。本作は今一度原点に立ち返り、彼らが本当に鳴らしたかった音をその集大成として、余すことなく詰め込んだワンオク史上最高傑作の作品だ。“野望”と名付けられたそのタイトルが物語っているように、世界への扉を今叩き潰そうとする“彼らの覚悟”とその“断固たる決意”がここに刻まれている。

そんな中、その年の7月に満を持して発売されたのが“LINKIN PARK(マイク&チェスター)×ONE OK ROCK(Taka)”が表紙巻頭を飾る『rockin’on』だった。5月にはリンキン待望の新作アルバム『ワン・モア・ライト』が発売されており、求める色は違えども、常に変化を求め変わり続けようとする、その両バンドの姿勢、音楽への熱い思いが、その時互いを強く結び付けたと言っても過言ではないだろう。“2017年日米ロック頂上対談!”と題されたこの夢の対談でTakaは「僕は最初に洋楽を聴くきっかけになったのがリンキン・パークだったので」とその胸中を明かしている。また当時、英語が話せなかった彼は「リンキンの曲を何度も何度も聴いて覚えたんです」と語っていることからも、Takaのルーツにはリンキンの曲が流れていることが理解できる。この時点で、リンキン・パークの北米ツアー&来日公演の際に、ワンオクとの共演も既に発表されていた。リンキンとの共演はTakaにとっての夢であり、僕達リスナーにとってもその年最高のロック・イベントとなるはずだった。チェスター自身もワンオクを「すごくユニークだと思うのは、アメリカでも全く問題なく通用するところだね」と評価し「『ONE OK ROCKはこれだけすごいんだ!』っていうところを、アメリカのオーディエンスと分かち合えたらいいよね」と、その共演を本当に楽しみにしていた。そんな矢先の出来事だった。皆が突然の悲報に胸を痛めたのは──。

その後、開催されたチェスター追悼コンサートに、日本のアーティストとして唯一ステージに立ったのがTakaだった。渾身の力を振り絞り〝Somewhere I Belong〟を堂々と歌い上げた彼が伝えたかったこと、チェスターの心に届いただろうか。

また、リンキン×ワンオク対談の際に掲載された写真の中で、特に記憶に残った一枚がある。Takaの肩に目をつぶり寄りかかるチェスターの写真だ。今だから思うが「あとは任せたよ」と彼の肩を枕がわりにして眠っているかのようなチェスターの姿に、この対談の必然的な深い意味合いを感じてならない。

少年時代からリンキンのことを深く理解していたTakaだけに、チェスターも彼には“ありのままの自分”を見せることができたのかもしれない。〝Somewhere I Belong〟を歌ったTakaにしか伝えられなかったこと、チェスターにとっての数少ない居場所がそこにあったと信じたいものだ。そして、チェスターに愛されたTakaだからこそ、伝えられることがきっとあるはず。Takaの歌声に宿るチェスターを感じながら、これからもずっと彼の活躍を大いに期待したい。

《So now my time is up/Your game starts, my heart moving?》

30代になって思う。20代の10年間がどれだけ大切な時間だったかと。だからこそ、問う。これからの10年間をどう生きるかと。君も僕も彼にとっても、人生は一人一つ。今をどう生きて、どう楽しむかは自分次第、言わば自由だ。それなのに、見えない足枷に僕らは苦しむ。踏み出すその一歩を遠ざける不安や苦悩、時には見失う自分。またある日、小さな石ころに躓き、崖から落ちることだってある。転げ落ちた真っ暗な谷底で、必死に目を凝らしても明日は見えない。途方に暮れてふと見上げた空から、ただ真っ直ぐに僕らを照らす一筋の光。その暗闇の中を「ここだ、こっちだ」と、震える心を強くたぐり寄せるようなその歌声、その音楽、その言葉に気付いた時、Takaは微笑みそっと手を差し伸べてくれる。そして、彼はこう言い放つ。

《Will we make it better or just stand here longer》

一見、突き放したようにも聞こえるその言葉に隠された、彼の優しさや温もり、逞しさこそが“ONE OK ROCK”の根底にある勇気や希望そのものなのだろう。

《どうやったっていつも変わらない/カベをヤミをこれからぶっ壊していくさ!!》

そして、どん底から見上げたその壁を、傷つきながらもまた臆せず登り始めたその一歩こそ、彼が心底伝えたい“本当の強さ”なのかもしれない。

《「完全感覚Dreamer」がボクの名さ》

ONE OK ROCKの絶対的フロントマンである“Taka”「人は皆、臆病で弱い生き物だ」だからこそ、それを受け止めた上で彼は歌う。その心を見透かすように、敢えて強い口調で── 。

《Say it “we can’t end here till we can get it enough!!”》

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい