460 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年4月27日

ひまなつり (36歳)

歌声に寄り添われて生きる

私の人生の色を増やしてくれた星野源

星野源にはまったのはあまりにありふれたきっかけだった。
2016年冬クールのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にご多聞に漏れず大ハマりしたのだ。
しかし最初から星野源目当てだったわけでは全く無かった。むしろ彼が出演している事を知らなかったし何ならどういう活動をしている人なのかすら分かっていなかった。
みくり役を演じる新垣結衣の可愛さやドラマの設定・進行の面白さが魅力的で毎週心待ちにドラマを見ていたが、途中から星野源の魅力にうっすら気づき始めた。中盤頃には、ドラマが終わってしまった後にぽっかり空く心の穴を予見して、実在する星野源ならその穴を埋められるだろうと曲を聞き始めた。エンディングだった恋から入り、段々過去の曲へと掘り下げ、SAKEROCKまで行きつく。そして今度はコントや過去のドラマ出演作を掘り始め、書籍にも手を伸ばし始めた。彼には不思議な引力があるようで、私の様な新参のファンをどんどん増やす上に、次から次へと素晴らしい賞や新たな仕事が彼の周りに吸い寄せられていく。正直こんなに幅広く活動している人とは思っておらず、過去の活動どころか現在進行形の露出を追うだけでもこちらは一苦労だ。彼は一体何人影武者が居るのかと思う程だ。
各方面で活動している彼だが、その中でも私が最も嵌ったのは歌手活動だった。
彼の書く歌詞が好きだ。変に横文字を使わずちゃんと日本語で表現している事に好感が持てるし、素直に受け取れる。だから歌詞を咀嚼して情景を思い浮かべたり、自分の経験を重ねたりしながら聴き込むことができる。
オリエンタルな雰囲気をまとった生音の演奏も気に入っている。彼のこれまでの楽曲でストリングスを重視したり、二胡を使ったり、彼の得意のマリンバを入れ込んだり、勿論ギターの弾き語りだったりと、純粋に楽器の音を味わうことができる。
そして彼の曲を好きな一番の理由は、彼の声にある。
彼の歌声は彼の目指している佇まいと等しい様に思う。声が彼を体現しているというべきか。前に前に出ようせず、そこに自然と佇み、求めれば寄り添ってくれる声なのだ。
特に活動休止以前の歌声で顕著だが、無理に張らない、力まない。それは元々彼が自分の歌声を好きではなく、それでも音楽活動を続ける中で自己表現の一つとして始めた手段だったからというのが大きいのだろうが、こちらに強く訴えかけてくるというよりはそこにただ在るという方がしっくりくる。それがいい。
音楽は噛みしめて聴きたい時ばかりではないだろう。何かをしながらのBGMとして曲を流しておきたい時もある。そんな時にも彼の優しい声はとても良い。何か作業をしているこちらの邪魔をしない穏やかな声質は、聞き流すことも出来るのだ。
軽い気持ちで見始めた逃げ恥にはまり、ドラマ終了のロスを回避するために聞き始めた星野源の歌に惹きつけられ、もはや私にとって彼の歌は日常に無くてはならない存在になってしまったのだ。たった数ヶ月で彼は私の人生を変えてしまった。数カ月前の私の生活にも色は付いていたけれど、すこしくすんで数も少なくなっていた。それを鮮やかにして色数を増やしてくれた様に思う。
正直彼は体が丈夫な方ではないようだし、完治したとはいっても大病した身だ。
そして色々な方面で目まぐるしく活動している為、体調が100点の時の方が少ないだろうと心配は尽きない。
でも星野源にはどうしても健康で長生きして貰わなければ困る。健やかな日々を過ごし、思うままに曲を作り、穏やかな歌声を聞かせてくれなければ困るのだ。これからの私の人生に寄り添い、共に歩んで欲しいのは星野源、あなただ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
音楽について書きたい、読みたい