1506 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

十代のあなたへ、十代だったあなたへ

Shout it Outと僕のティーンエイジ

大人が嫌いだった。
大人になる前に死んでしまいたいと思うほど、僕は大人になりたくなかった。
大人になんてなりたくない。
大人なんてクソくらえ。
大人なんて。
将来の夢の作文を書かせたくせに、大人になれば「現実を見ろ」と嗤う。
算数の公式の理由を考えさせたくせに、大人になれば「そういうものだ」とすべてを済ませる。
国語の教科書の主人公の心情を考えさせたくせに、大人は子どもの心なんて考えちゃいない。
大人は子どものことをどうして何も分かっていないの。どうして分かってくれないの。
どんな大人だって、子どもの時があったのに。十代があったのに。
僕らが今、笑い転げもがき苦しみ泣き叫び立ち止まり座り込み走り回りながら生きている道は、誰もが通り過ぎたはずの道なのに。
 

Shout it Outというバンドはそんな僕の複雑で不安定で面倒臭い心に、誰よりも寄り添ってくれるバンドであったように思う。
僕がうまく言葉にできないことや言葉にしたくないことを、丁寧に折り重ねるように、ぐちゃぐちゃに丸めて投げ捨てるように、頭をそっと撫でるように、握りしめた拳でぶん殴るように、いつだって歌っているバンドだった。
 

《僕のことなんて誰も分かっちゃくれないんだ》(ギターと月と缶コーヒー)

十代を言葉にするのは、僕にとっては難しい。し、簡単に言葉で表されたくもない。

《生きてる意味が分からなくなって もういっそ死んでしまいたいって泣いた》(若者たち)

僕が一番苦しんでいたかった。死んでしまいたいと思った時、君より苦しい人なんていくらでもいるよ、だなんて言わせないように。その気持ち分かるよ、だなんて言わせないように。僕も苦しいよ、だなんて言わせないように。

《生きてる意味を探している 答えなんて無いと気付いたのはいつだっけ》(トワイライト)

生きている意味や生まれてきた意味がないと嘆いていた。でもそんなものの答えなんて無いと、もしあったとしても誰も教えてくれないと、分かっていた。多分、ずっと前から。

《鏡に映った自分は大人みたいだった》(列車)

自分自身が少しずつ大人に近付いていってしまうことも、怖くてたまらなかった。

《今と向き合うことから逃げてんだろ》(Teenage)

彼らはいつだって、僕が向き合いたくない今と向き合い続けていた。

《大丈夫 そこに立っているのは 今までを生き抜いたあなただ》(一から)

何度だって、大丈夫だと僕に教えてくれた。
 

苦しかった、辛かった、悲しかった、寂しかった、僕の青春。
苦しむことが正しいとさえ思えた、僕の十代。
それでも僕は、ひとりじゃなかった。
 

彼らの歌が似合う僕の日々に僕が何度も涙を流したのは、感動とか共感とかそういうものだけでは無かった。彼らが僕の気持ちを言葉にしてしまうことが、悔しくて泣いた。僕が僕のことを言葉にしようとすると目の前が真っ暗になって頭の中が真っ白になっていくのに、それを鮮明で清々しいほど明確な言葉にしては音に乗せ僕の心に寄り添ってくる彼らにムカついた。誰にも分かられたく無い僕だけの心。僕だけの心を、彼らはいつだって見透かしているかのようだった。それでも僕はいつしか、彼らになら見透かして欲しいとさえ思うようになっていた。それは紛れもなく、彼らが6年という時間を費やしShout it Outというサウンドを通して作り上げて来た信頼の塊だ。

僕ら彼らにありがとうを伝えたくなってしまうのは、彼らがいなきゃ乗り越えられなかった今日があるからだ。
 

『十代のあなたへ
 十代だったあなたへ

 踏み出したその一歩は弱くなんてない。
 大丈夫だ、負けないよ。

 十代の僕達が紡いだ、
 あなたに寄り添う歌です。』
(「Prologue」歌詞カードより)
 

Shout it Outが解散した今、僕は彼らが歌った青春のことがいつまでも残り続けることを願う。
Shout it Outと僕を含め、これから先の未来で十代を迎える人、十代を終える人、十代を思い出す人に寄り添う音楽として、いつまでも残り続けることを願う。

そして今18歳の僕が紡ぐこの独り言が誰かに届いて、彼らを知る、思い出すきっかけになることを願う。
 
 

十代のあなたへ、十代だったあなたへ。
 

《いつか褪せるのなら 君よ美しくあれ》(17歳)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい