1518 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

[ALEXANDROS] VIP PARTY 2018 によせて

自らの道を突き進む彼等の雄姿を見た

去年のCDJで突如発表されたVIP PARTY。約半年を経た8月16日、ついにその日はやってきた。会場は自身最大規模となるZOZOマリンスタジアム。直前まで天気が心配されていたが、当日は照りつける太陽も控えめで心地よい風が吹くくらいの絶好のライブ日和だった。

西日が眩しくなるころ、VIP PARTYの幕は上がった。壮大なストリングスから始まる音に乗せてメンバーが登場する。1曲目は毎回どの曲なのか、と楽しみの一つでもあるのだが、今回はワタリドリ。今や彼らの代表曲となった曲だ。VIP PARTYらしく、オーケストラ風にアレンジされている。初っ端からオーディエンスのテンションを上げてくる。私のテンションは早くも最高潮になった。

このまま怒涛の曲ラッシュに入るのかと思いきや、曲終わりにスモークがたかれ、映像での演出に。彼らの今までの軌跡を辿るような内容になっており、新たな歴史を今ここで作ろうとしている気概を感じ、思わず拳を握りしめた。

For Freedom、cityなどと激しい初期ナンバーが繰り出される中、続いて演奏されたのはspy、そしてForever Young。
「果たして本当に此処は 私が望んだ舞台か?」¹
きっと彼等にとって自身最大規模なんていう言葉は関係がない。ただひたすらにかっこいい音楽を鳴らし続けていくのだというバンドのスタンスが見え隠れした気がした。そして、私はそんな彼等の姿を見続けていきたいと思った。
「世界一の海の向こう 永遠を目指して行って」²
奇しくもこのVIP PARTYの直前にUSツアーが発表されたが、これから世界へ挑戦していく過程を見られるのが本当に楽しみだし幸せだと思う。

中盤、あいにく降り出した雨さえも味方につけるような瞬間が何度もあった。事前に募ったリクエストで1位になり、メンバーでさえも意外と言っていたLeaving Grapefruits。降りしきる雨の中、サブステージでの演奏はまるでその場の全てのものが彼等のためにあるようだった。美しいキーボードの旋律と切ない歌声、照明に照らされる雨、あの美しい時間は今後彼等のライブを語る上で忘れられない瞬間となる気がする(少なくとも私は忘れない)。

新しい[ALEXANDROS]を見せます!のMCから始まった曲の数々、シャンパングラスが割れる映像の演出。彼等は常々バンド名にこだわりはないと言っているが、まさに名前という枠を取っ払って、「今一番かっこいい音楽」を鳴らす姿がそこにはあった。11月に発売予定だという新アルバムの中からLAST MINUTE。まるで月の光が見えるようだった。バンドの新しい可能性を示すような明日、また。ボンゴから始まった(!)痛快なI Don’t Believe In You。地を這うような重低音が気持ちいいMosquito Bite。その時に一番良いと思ったものを放出していく彼等にジャンルなどという言葉は関係がないし、これからもそうであってほしいと強く思った。そして、そんなスタンスのバンドを私は追いかけ続けたい。

アンコールでは、ライブでは初めてフル尺で演るというハナウタ。音源での繊細さはそのままに、ライブならではの迫力と臨場感をもったアレンジに心をわしづかみにされた。時折吹く心地よい風と共に、のびやかで優しい歌声が響き渡る。本当にこのバンドは大きい会場が似合うと思った(ライブハウスでももちろん最高だが)。会場中がまさに「ひかりのなかに恋をし」³た瞬間だった。

ラスト近くに演奏されたAdventure。3万人のオーディエンスのシンガロングが夜空に響き渡る。「大胆な作戦で/言葉にならないマスタープランで/いつだって僕達は/君を連れて行く」⁴そう力強く歌い上げる彼等を好きになったことを本当に嬉しく思った。

彼等はきっと今後現れる様々な障壁も、Kick&Spinするような力強さで壊して、時には乗り越えて突き進んでいくのだろう。まるで新たな壁を歓迎するかのように。自身の見据える目標に向かって、迷いなく力強く突き進む[ALEXANDROS]というバンドは、きっとこの先も私の心をつかんで離さないに違いない。

1:spy 2:Foever Young 3:ハナウタ 4:Adventure

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい