1518 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

曇り、一時雨、のち快晴

[ALEXANDROS]VIP PARTY 2018を観た者として書くべきこと

潮風が心地よい、いや、強風が吹き荒れた8月16日、夜。
千葉ZOZOマリンスタジアムには熱気が立ちこめていた。
熱気の正体は彼らの音楽。—[ALEXANDROS]VIP PARTY 2018
蒸し暑い夜に、最高のオーケストラ、キーボード、ドラム、ベース、ギター、歌、そしてそれを見届けるオーディエンス。
これは凄まじいものを見てしまった。そう、スタジアムにいた全員が思ったことだろう。
風が強かろうが、雨が降ろうが、それすらも「自分達らしい」という川上洋平。
そうだった。思い出した。風が強かろうが、雨が降ろうが、それでもその道を進み続けるのが彼らだった—

ライヴのスタートは、一度聞くと頭から離れない強烈かつ爽やかなギターリフから始まるあの曲。そう、ワタリドリ。その後For Freedom、cityと続き、彼らの歴史をたどるように、進んでいく。そういえば、ライヴの前に「#最強のセトリです」と自ら発信していた彼らだったが、その所以は開始後すぐに判明した。
これ、アルバム順だな。

開始から5曲は激しく、攻撃的で、熱い音が全身を包んだ。かと思えば、急にアコギの懐かしいような、寂しいような、セピア色のイントロ。spyである。

 『私は 知りたい 昔迷って 迷って 此所に居るけど
  果たして本当に此所は 私が望んだ舞台か?』(spy)

何度聞いても、この歌詞のところで必ず考えることがある。自分の人生の選択は間違っていないか、ということだ。これまで、それなりに努力して大学に入り、それなりに勉強して、それなりに遊んで、なんとなく将来に役立ちそうだからと資格をとってみたりしてきた。もちろん充実してなかったわけではないが、自分がどこに向かっているのか時々分からなくなることがあった。大学3年になった今、改めて自分は何者になりたいのかを考えることになったが、全く分からなかった。

そんなことを考えている間に曲はどんどん進み、今回初の試みである、リクエスト曲の上位10曲をサブステージでやるようだった。が、雨が降ってきた。大粒の雨。しかし、オーディエンスの期待に応えるように、ダイジェストで10曲すべて届けてくれた。ランキング順に進み、盛り上がりも最高潮に達していた。最後はリクエスト1位の曲。川上洋平は言った。

「みんなは失恋ソングが好きなんだね!」

5万を超えるリクエストのトップはLeaving Grapefruitsだった。大粒の雨の中、スタジアムに響き渡る美しくも切ない、でも決して悲しくはない歌声、メロディーに酔いしれた。雨とLeaving Grapefruitsは相性抜群であることに気づかされるのと同時に、天気すらもみかたにつける[ALEXANDROS]というバンドは、最高にロックだと、今になって改めて思った。リクエスト曲の披露が終わると、ギアをチェンジ。11月に発売されるアルバムに入るであろう4曲を惜しみなくかき鳴らす。今度のアルバムもすごいことになりそうという予感がしてならない。そんな余韻を残しつつ本編が終了した。

アンコール直前。スタジアムは星空のような美しさをまとっていた—
というのも、暗くなったステージをスタンド席のオーディエンスがスマホのライトで照らし始めたのだ。そして、満点の星空のようなスタジアムに再び彼らが登場。

「これは、すごいね」

ステージ上から見える景色はどんなに美しかったのか。川上の呼びかけで、照明を落とし、彼らをスマホのライトが照らす中、アンコールがスタートした。ハナウタ。1曲目はまさにこの光景にふさわしい曲だった。なんともロマンチックな雰囲気だったが、何よりも感動したのは、メンバーがあまりに楽しそうだったことだ。右、左と音楽に合わせて揺れる光を独占する彼らの表情は、幸せをかみしめているようにも見えるし、この光景を目に焼き付けようというようにも見えるし、まだまだこんなもんじゃ終われないというようにも見える、なんともいえない表情だった。スタジアムの一体感、高揚感が全身で感じられ、自分の体の細胞の一つ一つにまで彼らの音楽が染みこんでいく感覚を味わった。

そして、VIP PARTY最後を飾る曲は、Kick&Spinだ。
[ALEXANDROS]の楽曲で盛り上がる曲を一つ挙げろといわれたら、その名を挙げる者も多いだろうというこの曲をあえて最後に選んだ。ここで終わりじゃない、何かとんでもないものがこの後あるのではないかという感じさえ抱かせる選曲。

 『笑われたなら 笑い返せば良い
  この先何年かかっても果たせば良い』(Kick&Spin)

出来るはずがないと笑われても、絶対に諦めない。絶対見返してやる、待ってろよ。そんな彼らの思いが、この曲を聴くたびにひしひしと伝わる。私にも、これだけは譲れないというものがあるのか?どんなにバカにされても、笑われても、絶対にやり通したい。そう思えるものがある人は強い。だから、もっと自分と向き合わないとだめだなと思った。何になりたいかを考える前に、何が好きかを考える。もっとシンプルに考えていいのかもしれないと、今まで思い詰めていた気持ちが楽になった気がした。

全曲が終了した。シャンパンで乾杯をする[ALEXANDROS]のメンバー。
言うまでもないが、あえて言わせてほしい。めちゃくちゃかっこよかった。
どうしようもなくかっこいいよ。[ALEXANDROS]というバンドは。
そして、彼らのライヴは最後まで気が抜けない。
最後の最後に、アリーナツアーの決定というとんでもないものを投下した。
ステージ上には誰もいないのにスタジアムに響き渡る歓声。
やっぱりすごい。このままだと置いて行かれるな、自分。
どんな道でも、自分で決めたらその道をまっすぐ進むしかないな。
雨が降っても、風が吹いても関係ない。覚悟を決めよう。
そしていつか、自信を持って言いたい。

 『I’m gonna walk This is my road』(spy)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい