1518 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

もらった「希望」のこと

菅田将暉の「ロングホープ・フィリア」を聴いて

ある休日の夕方。
何を観ようと思っていたんだったか、なんとなくYouTubeにアクセスし、トップページのおすすめに表示されていたこの曲を見つけた。
「ロングホープ・フィリア」。タイトルに覚えがあった。映画の主題歌だ。楽曲提供しているamazarashiが好きだという友人が、この曲の話をしていて知ったのだと思う。そのときは歌の中身も知らなかったが、タイトルの響きがなんとなく心地よく、頭の隅にひっかかっていた。
こういう偶然もきっとなにかの縁だろう。私はすっかり本来の目的も忘れて、ミュージックビデオの再生ボタンを押した。

“遍く旅路に光あれ”

「リリックビデオ」とは少し扱いが異なるのだろうが、全編通して歌詞がレーザーのようなもので刻まれて行く。菅田将暉さんのしっかりと力強くハキハキした歌声や、一歩一歩踏みしめて歩くような、少し重めのギターとドラムの音を聴きながら、画面の文字を追う。そうして一番のサビに差し掛かるところで、ぽろぽろと涙が溢れて止まらなくなった。

“叫ぶ為に息を吸うように 高く飛ぶ為に助走があって
笑う為に僕らは泣いた それを敗北とは言わない
ロングホープ・フィリア”

今私は、助走の最中だ。
随分前に一度離れてしまったことに、もう一度挑戦してみている。
といっても、これを夢と呼んでいいのか、そんなおおごとにしていいのかどうかはちょっと自信がない。今はまだ趣味の範囲を出ないものだけれど、これがいつか新しい場所に繋がったりしないかなぁと思っている。
ただそのためには、当然自分の腕を磨かねばならない。友人達の力を貸してもらいながら、基本的なことからやり直している。
練習は苦しいことの方が多い。「こんなことがしたい!」と始めたときはあんなに楽しかったのに、途中から「好き」「楽しい」だけではいられなくなってしまう。それが自分一人で完結するならまだしも、せっかく力を貸してくれている友人達の言葉も、素直に聞けなくなってしまう時もある。
そんな時間を繰り返して、ここのところようやく少し、成果が目に見えるようになってきた。もちろん、周りと比べれば足りないところだらけだけれど、始めた頃からしたら、ずっとよくなったように思う。つまり、ちゃんと助走をつければ飛べたのだ。

“願わなきゃ傷つかなかった 望まなきゃ失望もしなかった”

“諦めて疑って塞いで 期待外れって言われたっけ”

考えてもみればこれまでずっと、諦めてばかりだった。
遠く高くを行く人を見ては、あれこれとやらない理由を見つけて、自分はあんなに高く飛べやしないよと、顔を上げるのもやめていた。
当たり前のことなのに、随分大人になってようやく気がついた。飛ぼうとしなければ期待されないし、傷つかない代わりに「やってやったぜ」と笑える日も来ないのだ。

“遍く命に光あれ 生きる為に理由はいらないぜ
うなだれても踏み留まった そこをスタートラインと呼ぶんだ”

光を見失わずにいるのは、諦めずにいることはちっとも容易じゃない。
叶わないことが積み重なった時、「折れずにあれ」というのは酷なことだと思うし、辛くて苦しくて悲しくて、そういう真っ只中にいるときは、それがいつか笑う日のためだなんて簡単に思えない。
この歌はきっと、「それでも」という歌だ。それでも光があるようにと、”末永い希望を”と、祈りをこめてくれた歌だ。
この先また何度も、「どうせ自分なんて」と手離したくなる日があるだろう。だけど、立ち止まっても投げ出さなければ、そこがまたスタートラインになる。それは確かに光で、希望で、この歌が気づかせてくれたことだ。
希望が希望であり続けるのは、ところが実は自分次第でもあると思う。
どんな形でも、できる限りに希望を見失わずにいたいと思うのだ。最後に笑う、その日を信じて。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい