1326 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

HaKUと私の人生

超絶技巧集団が残した音楽

2016年7月12日
テレビから偶然流れてきたとある曲に。
一瞬で耳を奪われた。

複雑に動くギターのメロディー。
ベースとドラムが刻む芯のあるリズム。
そして男性の声とは思えないほど高くて透き通った歌声。
その曲を聴いた瞬間私の体に電流が走った。

何だこの曲は、初めての感覚だ。
何だこのバンドは、かっこいいバンドだ。
私は一聴きでそのバンドに惚れた。

そんな彼らの名を「HaKU」と言う。

HaKUの音楽を聴くために。
当時中学3年生だった私は。
家族共同で使っていたタブレットを独占し。
毎晩YouTubeを見た。
どの曲を聴いてもかっこいい。
ギタリストの細かな指の動き。
ベーシストの踊るように弾き倒すベースライン。
ドラマーの今にも腕がもげてしまいそうな激しい動き。
一度聴いたら耳から離れない歌声。
そのどれもが好きになった。

まだ彼らのことは何も知らなかったが。
彼らの音楽だけは自分の味方のような気がした。
彼らの音楽なら信じられる、と悟った。
.
.
.
2016年8月18日
HaKU、解散。

解散のライブには行けなかった。
私が彼らを知った時にはもう解散が発表されていたから。
東京に行く旅費なんて無かったから。
そもそもまだ中学生だった私が。
ライブ目的で東京に行くことを。
許されるわけがなかったから。

HaKUは終わった。
消えてしまった。
もうHaKUは存在しない。
もう二度と彼らがHaKUとして。
私の前に現れることはない。
それからずっと、悲しみの波が。
微塵も消えなかった。
.
.
.
2017年1月14日
私はギターを始めた。

楽器に触れるのが。
楽しくて楽しくて仕方がなかった。

それからだ。
それから私の音楽人生は華やかになった。
ギターを始めてある程度知識が増えると。
音楽を聴いている時は。
いつもギターの音を聴くようになった。
そこで初めて気がついたのだ。
「HaKUのギター…難しすぎる…!」
こんなに難しすぎるフレーズを弾いていた。
あのギタリストは凄い、なんて凄い人なんだ…。
音楽が分かるようになってからHaKUを聴いて。
新しい発見を沢山することが出来るようになったのだ。
ギターだけではなくベース、ドラム、ボーカル、コーラス。

HaKUの音楽は全てが完璧だった。
まさに、超絶技巧集団。

そして新たに知ったこと。
彼らはライブで同期を使わなかった。
同期を使わないライブをするということが。
どれだけ労力の必要なことなのか。
私はそれを知っていたから。
改めて、HaKUは凄いことをしていたんだという実感が湧いた。

「音楽って何でも出来るんだ」
HaKUによって音楽の可能性を知った。
 
 

私はHaKUが解散する1か月前に彼らを知った。
だから彼らの作り上げてきた過去を。
私は全く知らなかった。

解散をしたら歴史はそこで途絶える。
しかし私は寧ろその歴史はを知らなかったから。
解散して2年経った今も。
HaKUに関する新しい発見をすることができるのだ。

それはとても幸せなことなのだと。

音楽が好きだとこんなにも幸せなのだと。

教えてくれたのはHaKUだった。

だから、これからも、ずっとずーっと。

HaKUに出会ったこの人生を大切にしたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい