517 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年5月1日

豊田 真伸 (43歳)
11
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

『オアシス:スーパーソニック』レビュー 2016.12.24

また終わってない

オアシスの映画を観た。公開初日に観た。2時間たっぷり。観終わった素直な感想は「疲れた~」。「馬鹿か、そんなんじゃやってけねえよ」ってノエルに言われそうだけど、それぐらいすごいパワーに圧倒されっぱなしの2時間だった。

見どころは沢山あってその辺の詳しい話はいろんな媒体に載っているからよしとして、僕が思ったのはオアシスが巨大になっていくに従って、トラブルも倍々に増えていったけど、悪いやつは一人もいないってこと。そりゃノエルもリアムも無茶苦茶やるけど、後に金目当ての裁判を起こしたトニーだって悪くない。すべてなるようになった。それだけのことなのだ。結局ホント悪いやつは父親だけ。でもその父親がいたから二人がいたってことだから全否定はできないけど、映画を観ててこいつ悪いやっちゃなあって思ったのは父親だけだった。

この映画には製作総指揮としてノエルとリアムが関わっている。通常この手のドキュメンタリーは死んだあとに作られたりするんだけど、二人はまだピンピンしてる。なのに一番輝いていた時期だけを抜き取って映画にすると言う。そんな昔の栄光、なんで今更って話で、ディナー・ショー・ミュージシャンじゃあるまいし、我々がよく知っている二人のキャラからは考えられないことだ。なのに映画にすると言う。それは何故か?要するにこれはオアシスの8枚目のアルバムだからだ。

オアシスが解散してからずっと、二人は絶縁状態のままだ。今もツイッターやインタビューで互いを罵り合っている。なのに力を合わせて映画を作る。確かに面と向き合って作り上げていくわけではないが、これはもう明らかに二人の共同作業。同じ場所にいなくても二人が同じステージに立っていた時のように通じ合っている。こっち向いていくぜって。ケンカしながらもスタジオに入った時に、あるいはステージに立った時に爆発的な力を発揮したあの時と同じ。二人は分かっているのだ。今もそれが可能なことを。そして自分たちが今やるべきことを。それは何か。ただの昔の栄光を辿る下らない映画ではなく、今を、2016年を、ジャスティン・ビーバーやテイラー・スウィフトやカニエ・ウェストがいる2016年を20年前と同じように唾を吐いて、ファッキン喚き散らし、壁に穴をあけて、叩き壊す。二人の目線は間違いなく今ここにある。だからこうやって映画を作ったのだ。

トランプが大統領になるとか、イギリスがEUを離脱するとかはどうだっていい。ロックもEDMもヒップ・ホップもソウルも何もかもポップでいいねっていう世の中に。デビット・ボウイもビヨンセもケンドリック・ラマーもすべて同じ地平で語られる世界に。そんなんじゃねえぞ。なにぬるいこと言ってんだって。

二人は2016年に叩きつけてきたのだ。昔の伝記映画ではなく、新しいロックンロール・アルバムとして。二人はあの時と何も変わっちゃいない。同じ態度で同じ目線で、無敵なままやってきた。お前ら、くだらねえこと言ってねえでオレたちを見ろって。ネットや周りの意見なんてどうでもいい。言いことはいいと言えばいいし、やなことは嫌と言えばいい。みんな隣の顔色伺って、あれもいいよねとか、それもありだよねとか、一見物わかりの良くなった2016年に、クリック一つで何もかも分かったような気になる2016年に、顔をさらさず好きなことが言える2016年に、二人は20年前と同じ体温で怒鳴り込んできた。これはそういう映画だ。

オアシスの音楽は心を揺さぶらずにはいられない。ポップだの踊れるだのそんなことは蚊帳の外。リボン括ってデコレーションなんて一切しない。遠慮なしに心の中に土足で踏み込んでくる。ま、しょーがねーけど、お前それでいいのかって。そりゃ誰だって理想の自分とは違ってくるさ。でも理想の姿なんてあくまでも理想でしょ。細かいこと言えばきりがないし、別に知らんぷりしてるわけじゃないけど、とりあえずはなんとなく幸せに過ごせてるわけだし、別にかまうことないやって。今の自分もそんなに悪くないって。多分そんな風にして僕は僕自身を守ってきた。そんなずっとまなじり上げてやってらんないさって。ところがある日、こっちの都合なんてお構いなしにオアシスは土足でやって来る。そして気付けば僕も一緒になって歌ってる。ていうか歌いたくなって仕方がなくなってくる。そうしていつの間にか、なんだか自分もリアムみたいにカッコよく歌える気がしてくるし、なんだか自分もリアムみたいに無敵になった気分になる。そりゃあ歌い終わったらいつもの自分に戻るんだけど、でもやっぱちょっと違うんだ。肩の辺りが少し軽くなるんだ。

僕は今43歳。未だにそんなこと言っている落ち着きのない大人だ。そんな2016年にオアシスはまたやって来た。この映画は2016年、今この時にドロップされたオアシス8枚目のアルバムだ。僕にはそう思えてならない。

後記. 勿論僕はこの夏、舞洲へリアムに会いに行く!!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい