1383 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

全てが謎のニューカマー『ずっと真夜中でいいのに。』を聴け

今年最後の台風の目はこいつらだ

とあるPVを観たあとに、ふと「これだから音楽聴くのはやめられないんだよなあ」と思った。スペースシャワーTVやYouTubeの関連動画で紹介された曲を片っ端から聴く毎日で、そのたびに「うーん微妙だな」という思いを抱き続けていたのだが。100回に1回でも彼女らのような音楽に出会えるのならば、こんな生活も悪くないなと。
 

彼女らの名前は『ずっと真夜中でいいのに。』。今後必ずメジャーになるであろうこの名前を、まずは押さえておいてほしい。
 

メンバーは作詞作曲を担う『ACAね』というひとりの女性以外、一切の情報が明かされていない。ソロユニットなのか、バンドなのか。それすらもはっきりしない。
 

そんな謎のベールに包まれた彼女らは、とある楽曲のPVと共に、音楽シーンに殴り込みをかけた。それが『秒針を噛む』である。
 

『秒針を噛む』はあれよあれよという間に再生数を伸ばし続け、現在は700万再生超えを記録している。これは新人アーティストとしては異例の記録であることは間違いないし、タイアップも何も付いておらず、ただ口コミのみで広がった結果というのが興味深い。
 

ピアノを主軸としたキャッチーなポップロック。そこに細かな音が重なり合い、耳にドスンと来る重厚なサウンドとなっている。
 

中でもサビ部分の大爆発は、あまりにも衝撃的だ。声を張り上げて歌うACOね氏と、音圧がさらに数倍はね上がったかのようなサウンドでもって、一瞬にして引き込まれてしまう。
 

ペースを一切落とさずに突っ走る『4分半の事件』が終わると、不思議と最初から聴いてみたくなる魅力が詰まっている。本来情報量が多く耳障りなはずのサウンドも、ピアノがあることでまろやかに。さらにはACOね氏の歌声も相まって、何周もリピートしてしまう。
 

他のアーティストとは一線を画する歌詞にも注目だ。この曲で歌われているのは、フラストレーションを抱えながらも、それでも懸命に生きようともがく孤独者の内情である。
 

〈このまま奪って 隠して 忘れたい〉

〈分かり合う◯ 1つもなくても〉
 

この『孤独者』の内情は、詳しくは明かされない。全ては靄がかかったように不鮮明で、抽象的な表現に終始している。しかし発散できずに溜め込んだ心の辛さは、画面越しに見る者にも痛いほど分かる。僕個人としてはこの歌詞を見るたびに、心が締め付けられそうになってしまう。
 

数日前には新曲『脳裏上のクラッカー』の動画も公開された。こちらも素晴らしいのでぜひチェックしてもらいたい。
 

彼女らは自身を表す言葉として『ずっと真夜中でいいのに。』を選択した。真っ昼間に昇る太陽のような、日々明るく人生を謳歌している人間には決して分からない、鬱屈した感情を歌う。
 

11月14日には上記で紹介した2曲を含む待望のファーストミニアルバムが発売予定。来年には初ライブも決定している。
 

今後も活躍に目が離せない。断言する。2018年最後の台風の目はこいつらだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい