1383 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

黄金の覚悟

挫折した私をBUMP OF CHICKENが救ってくれた

私には夢があった。声優になること。
そして、声優になって自分が主役のアニメでBUMPに主題歌を歌ってもらう事。
この夢は中学生の時からあって、高校卒業とともに上京し、その夢に向かって進んでいった。
 

そんな私も25歳になり、タイムリミットがきた。
このタイムリミットは上京時に自分が決めた年齢制限で、だらだら続けても仕方ない!無理だとわかった時に別の道にいけると思う年齢だった。

ああ、諦める時がきたんだ。

そんな時に、専門学生だった頃、BUMPのファンだった講師から、当時、発売されたfireflyについての言葉を思い出した。

今回のBUMPの新曲は諦める事を歌った唄だね。

その当時の私はそう言われてfireflyを聞いても、夢を追い始めたばかりで、あまりピンとこなかった。
諦めの唄だと思ったけど、諦める事が頭になかったから。

そんな事を思い出した日、久しぶりにfireflyを聞いた。
そうしたら、涙がとまらなかった。
こうも今、悩んでいた事を、歌っていたから。

「色々と難しくて 続ける事以外で 生きている事 確かめられない」

タイムリミットが近づくにつれ、思っていたこと。
もし、夢を諦めたとして、私はこの先、生きていけるのだろうか?生きている意味があるのだろうか?
私は夢を追っているから生きる事を実感していたし、友達と遊ぶ事、バイトを朝から晩までする事、趣味を楽しむ事、を全力で出来ていた。
それが、夢が無くなったら、私は生きる事に意味があるのか、それに対して無いと思っていた。
別に死にたいわけじゃないけれど、生きていてもしょうがないと本気で思っていた。
でも、このままだらだら続けていても仕方ないと思っていた。

「諦めなければきっとって どこかで聞いた通りに 続けていたら やめなきゃいけない時がきた」

25歳でダメでも26歳だったら、うまくいくかもしれない
あと一年あと一年と続けることだってできる。
でも、続けることすらしんどくなった。
わかってた。本当はもっと前から。でも認めたくなかった。

「頑張ってどうにかしようとして 頑張りの関係ない事態で ふと呼吸鼓動の 意味を考えた」

私には才能が無いって。頑張っても頑張っても。
才能がないと気づいた時はしんどかった。
認めた時は本当に悔しかった。
うすうすは気づいていたけれど、どうしても認められなかったから、肯定できなかった。

もう、頑張る事もできないんだ。
努力も才能だと思う。続けていく事はすごい精神力と忍耐力がいる。好きな事であっても。

「解らない事ばかりの中 唯一解っていた 大切なものが」

どうしたらいいかわからなかった。夢を無くしたこの先どうしたらいいか。そして、解っていたアニメが嫌いになっていた。声優になりたいとゆう夢が、もう後にはひけなくてだらだら続けているだけって事が。でも、やっぱりお芝居が好きだ。声優になりたい。とゆう大切な事も忘れられなかった。

「報われないままでも 感じなくなっても 決して消えない 光を知ってる」

夢を諦めたあの日から、ポキッって心の折れる音がしたあの日から、私は何も感じなくなっていた。
それまで楽しかった事が楽しくなくなっていた。
私はライブに行く事が大好きだった。
諦めた次の日、フェスに行く予定があった。
その時は、はー楽しむぞー!心機一転!と思っていた。
その通り楽しんだつもりだったし、心機一転になっていた。
なんだ、私、思ったより大丈夫じゃん。やっと肩の荷が降りたんだ。と思っていた。
でも、何番目かのバンドの時、ふと、私の世界から音が消えた 色が消えた
それは一瞬だったのだけれど、その一瞬の間に
あ、私にはもう必要ないんだ、ライブにいって力をもらう事も、いつかこの世界の人たちと仕事したいと願う事も、あっち側の世界にいって何かを伝えたい、誰かの支えになりたいと思う事も、もう必要ないんだ。と思ったら泣いていた。
私の考えは、夢があるから、趣味も楽しめる
夢があるから、友達と遊ぶと楽しい
夢があるから、バイトも頑張れる
夢があるから、生きていける
すべての行動が夢ありきだった。
 

「一人だけの痛みに耐えて 壊れてもちゃんと立って 」

それでも、耐えて周りの知ってる明るい私でい続けた。
友達に悩み相談することはあっても、いつも元気に笑っていた。ヘラヘラ笑っている事の方が楽だった。
 

「諦めた事 黄金の覚悟」

この歌詞が私を救ってくれた。
我儘をいって上京してから8年、夢破れて諦めた事が格好悪いと思っていた。恥ずかしいと思っていた。情けないと思っていた。
そんなに思うなら叶えるまで続ければいいと思っていたけど、才能がないと認め、心の折れる音がしてから、私は夢を見続ける事さえも出来なくなっていた。
あんなにもあんなにもなりたかったのに。
自分で諦める事を選んだ。
その選択を、格好悪いと、叶えられない自分が、叶うまで続けれない自分が恥ずかしかった。
でも、藤くんは諦めた事を黄金の覚悟と歌っていた。
黄金 なんだ と。
私の思っていた事と正反対の事を歌っていた。
私の覚悟を黄金の覚悟と歌ってくれる人がいる。本当に救われた。その時に止まっていた時間が動き出した。

「物語はまだ終わらない 残酷でもただ進んでいく おいてけぼりの空っぽを主役にしたまま 次のページへ」

時間が動き出して気づいた。
私はまだ生きている。
大切なものを失って辛くて悲しいけれど、時間は進んで行く。私の時間が止まっている間に春が秋になっていた。あっとゆう間に。

「まだ胸は苦しくて 体だけで精一杯
それほど綺麗な 光に会えた」

まだ忘れられないけれど、生きている事で精一杯だけど、夢を無くした世界で少しずつ進んで行こうと思った。また、蛍が私の中から飛び出すことがあるかもしれない。その時はまた追いかけよう。
私は上京して、挫折したけれど、もし、高校生の時に戻れるとしても、また、夢を見て上京するだろう。
それ程、大事なものに、夢を追っている時に出会えた事を思い出したから。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい