1455 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

いつまでも僕の青春

Base Ball Bearが呼び起こす17才

Base Ball Bearほど、”青春”という言葉が似合うバンドはないだろう。

「風になびく 白いシャツが綺麗
 青い空が どことなくかなしい」

昼休みに教室の窓から見えた青空、帰り道に見上げた青空、様々な青空を鮮明に思い出す。
青と白の眩しいコントラスト。
眩しいはずなのに、なぜだか「かなしい」気持ちにさせられるあの日々が頭を巡る。

いつの時代も、若者は迷いや悩みにさいなまれ、そこから抜け出すことを願う。そういうものだろう。

「二度と無い季節が 通り過ぎていくよ
 何も無い感覚 昇っていく階段
 明日はどこだ」

虚無感、焦燥感、孤独感。
この曲の最初は、そんな若者の苦悩が歌われている。
「何も無い」というフレーズが、胸に刺さる。

「前髪で隠した心を さぁ、開いて
 君のことに気付いている人が きっといるから
 ひとりじゃない感動 覚えたことはないか?
 名前呼んで笑い合うことに 意味なんていらない
 明日会おうぜ」

だが、曲の終わりに向かうにつれて、若者は自分を思いやってくれる誰かに励まされ、気持ちは少しずつ明るい方へ向かっていく。
最後には、何か吹っ切れたのか、晴れ晴れとした雰囲気で締めくくられる。

この曲を作ったVo./Gt.の小出は、高校時代友達がいない時期があったそうだ。
彼もまた、誰よりも苦悩からの脱却を願う若者のひとりだった。
そんな”当事者”だった彼が歌うからこそ、彼の描き出す青春はやさしく響くのだろう。

Base Ball Bearの曲は、”青春”だ。
セピア色がかった小説のような世界観。だけど、印象的な部分を色彩鮮やかに描き出す。
“青春”というぐらいだから、キラキラはしているのだが、いたずらに眩しいわけではなく、きちんと切なさもはらんでいる。

「黒い髪の君が誘い 覚えてしまったABC」

こんなフレーズもありながら、彼らの曲は、ジュブナイルで青くて生々しくて甘酸っぱい衝動で溢れている。

そんな彼らの青春は、ライブに行くとより強く感じる。

Base Ball Bear Tour 「LIVE IN LIVE 〜 I HUB YOU 〜」
そのツアーの初日、10/13の大阪会場に参戦してきた。そこでの最後の曲が「17才」だった。
メンバーが1人脱退し、今の3人体制になってから、小出のギターは、かなり派手なフレーズをかき鳴らすようになっていた。
けれど、この曲は、原曲に忠実に、丁寧に演奏された。
彼らにとっても、アレンジせずに聴かせたくなる一曲なのではないだろうか。そんなことを思いながら聴きふけっていた。

高校3年間、僕はBase Ball Bearを聴き続けた。
「ELECTRIC SUMMER」も「short hair」も「BREEEEZE GIRL」も「changes」も「ドラマチック」も、ほとんどの曲は、高校生活の思い出と結びつく。
だが、17才という曲は、あの頃の感情を特に強く呼び起こす気がする。
“高校生活”そのものをひとくくりにすると、17才という曲に集約される気がするのだ。

落ち着いた緑の照明の中、もう戻れないあの頃への羨望と、ちょっぴりの切なさと、不思議な心地よさに包まれていた。

Base Ball Bearは、いつまでも僕の”青春”だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい