1521 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

心の琴線を掻き鳴らされて

崎山蒼志の音楽と出会って

音楽は好きだ。
昔から好きだった。
ビートルズに唸り、バンドを始めて、いくつかのアーティストのライブにも行った。
でも、どこか中途半端で、熱くなりきれない自分が居た。
そんなある日、崎山蒼志というアーティストの楽曲をYouTubeで知り、貪るように彼の楽曲を聴いた。

一曲一曲聴く度に、確信を深めていく。

僕はこんな歌詞を書く、こんなコード進行をする、こんな歌い方をするアーティストを待っていたのだと。

彼の楽曲はメジャーでもマイナーでもないコードがよく使われている。

歌詞もいろんな解釈ができる言葉や表現が使われている。

彼の楽曲は聴く側の気分や解釈に寄り添ってくれるのだ。

僕は埃をかぶっていたギターを拭き、弦を張り替えた。

彼の情報を集めるため登録したまま放置していたSNSを始めた。

ぼやけて冷めていた僕の人生が動き始めた気がした。

もちろん崎山蒼志のライブにも足を運んだ。
久しぶりのライブだ。

そこで歌う彼は、パソコンの中の彼とは全く違うものだった。殺気立つような迫力。

目を背けてはならない、正面から受け止めなくてはと必死に聴いた。

その後物販に立つ彼と話をすると、純朴な高校一年生。
さっきまで鬼気迫るライブをやっていた人物と同一人物とは思えない。

そのギャップにも驚き、また心惹かれた。

CMでの起用にアルバム発売。
これから世の中にもっと知られることになるだろう。

みんなが僕のように彼に夢中になるとは思わないが、少なからずはじめてCDを買ったり、ギターを始めたり、ライブに行ったり、SNSを始めたり、彼に影響されて「何か」を始める人はいるはずだ。

それは人生に対して能動的になる事だ。
そして能動的な人生を楽しんでいる人が多い方が幸せそうな国になるだろう。

崎山蒼志に出会うまではテレビだけ観て、だらりと一日を過ごしていた僕の左手の指先は、皮がめくれて固くなっていた。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい