2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

檻の外で

SKY-HI Round A Ground

2018/12/11
Round A Ground 2018 in豊洲PIT
ツアーファイナル1日目

ここで、伝説が生まれると聞いて
今年もやってきた。

これで3年目。
私はこの3年この日は
SKY-HIのライブ会場にいる。

会場に入ると、Radio Marbleで
ジョーンズとホワイトが迎えてくれた。
この豊洲PITに合わせて前日の深夜に収録をしたそうだ。

Radioから流れてくるのは、この日が店着日となるJAPRISONの楽曲達。

Radioが終わる頃には、会場の熱気は十分。
自然と大歓声、拍手喝采で
SKY-HI、SUPER FLYERSを迎えた。

地方の RAGツアー同様、
Free Tokyoからスタート。

ステージ中央の椅子に座り過去を語るように
歌い始める。
「皆今こそ肝心」
でサッと立ち上がり力強くあげた手に
手を合わせるように私も手を挙げた。

勢いそのままに『So What??』『Name Tag』
『Purple Haze 』『何様』『Walking on Water』
『The Story Of “J”』『F-3』『Critical Point』
そして最初のゲストsleepyheadを招いて
『1 2 3 for hype sex heaven』を披露。

sleepyheadが登場した瞬間
会場の熱気がさらに1℃あがった。

20分で10曲。
そして、SUPER FLYERSの生演奏にゲストの登場
ただそれだけで十分な特別感に包まれた。

MCで「20分で10曲やったんだよ。
ギネスに申請したら通っちゃった!」と語る
SKY-HIにファン(以下FLYERS)から
「えー!」と驚きの声があがると
「うーそーだーよ!」と茶目っ気に答えた。

先程までバチバチにラップをかましていたかと思えば、突然少年のように戻ったり
本当に幅が広い。
人としてもラッパーとしても魅力深い人だなあと思う。

そんなSKY-HIが
「ちょっと飛ばしすぎたからさ、ゆっくりしたものを」と、言うと
ギタリストのTakさんと共に
『Stray Cat』、そして
SKY-HIもギターを手に『Bitter Dream』を歌う。

SKY-HIが「途中自由にしすぎちゃった」
と笑っていたが
Takさんのギターの音色は、
SKY-HIの自由すらも包み込むように
奏でられていてとても素敵だった。

その流れのまま
静かに始まったのは、『Limo』

普段と違った始まりに気が付くまでに多少時間を要した。
が、Limoであると気がつくとフロアから歓声が湧き上がった。
アコースティックで1フレーズ歌うと
そのまま通常のイントロが流れ始め
手拍子が会場中に響く。
興奮冷めやぬ中、Limoのアウトロが
徐々に変化していく。

徐々に変化していくと同時にステージ上に
ドラムセットが設置されていった。

SKY-HIは、そのドラムに向き合い、
軽く体をほぐすように足首を回していた。

“今から迎え撃つ相手に負けないように”

静かにその瞬間を迎えていた。

その”相手”である”金子ノブアキ”が登場すると
ステージ上に大きな幕が降りて
『illusions』
その文字が大きく書かれていた。

激しいドラムとラップのバトル。
激しさの中に互いのリスペクトを感じるような
そんなバトルが目の前で繰り広げられ、
正直こちらがノックアウトされそうだった。

もうフラフラだと言う時に
もう1人の”相手”がステージ上に現れる。

サムライギタリスト”MIYAVI”だ。
そのまま始まる『Gemstone』で
飛び跳ね、クラップを重ねて応戦を始めるフロア

誰が倒れてもおかしくない激しさだ。
金子ノブアキと、MIYAVI、そしてSKY-HI。

そのままフリースタイルに突入し
これで終わるかと思えば
Double Downのイントロが流れてくるから
もうたまったもんじゃなかった。

三つ巴の戦いどころか、
三天皇でFLYERSを喰いにかかってくる勢いだ。

FLYERSからのC&Rも加わって
大迫力Double Down。
やっぱりこの曲はライブモンスターソングだと思う。
本当に楽しかった。
 

死闘の後に待ち構えていたのは、
オアシスのような空間。

“mabanua”と”Kan Sano”が登場。

『リインカーネーション』のイントロに
合わせるように自然と起きるクラップ。
一気にアツいから温かい空間に様変わりし

mabanuaとKan Sanoの
『Penny Lane』
そしてSKY-HIが戻り『クロノグラフ』と続く。

この2人が奏でる落ち着く音に
目を閉じて体をそのまま音に委ねてしまいたくなる。

そんな落ち着いた中で
SUPER FLYERSが再び登場し、
0570-064-556を生演奏で披露。

元々の歌詞では

「顔も見えない俺に5分だけ時間をくれやしないか」であるこのリリックを
このRAGツアーでは
「顔も知ってる俺に」と歌い替えていたのは、
さすがSKY-HIだなと思う。

この部分を替えてくれることで
自分に歌ってもらえていると感じれる。

そして
「何度だって言うよ、この世界は君が思っているより優しい」そう言って始まる
《I Think, I Sing, I Say》

途中、Reddyのバースにアイリスライトを
当てはめて歌うこのバージョンを
初めてSUMMER SONICのステージで聴いた時に
鳥肌が立ったのを思い出しながら聴いていた。

《混ぜるアイはまだ足りないのかな》
(アイリスライトの歌詞より)

『I Think, I Sing, I Say』で
優しい世界に包み込まれ

その後の『Marble』で、しっかりと
“アイ”が満たされたような、そんな気がした。

SKY-HIが歌い終えると、拍手が鳴り響いた。
徐々に大きくなる拍手を送るFLYERSを
しっかりと見渡した後、
SKY-HIは大きく手を挙げた。

『Seaside Bound』

後ろでSUPER FLYERSも
しっかりと握り拳を突き上げている。

フロア全体両手をしっかりと挙げたあと
一斉にクラップし、一つになるその曲は
まるで”仲間”を意識するような、
そんな楽曲にも感じさせる。
 

そしていよいよJAPRISONから
『What a Wonderful World!!』

ステージの後ろの大きなスクリーンに
映し出されたのは、この楽曲のMVだ。

《こちら檻の中》
歌詞通り、檻の中を意識したMVの目の前で
SKY-HIが、What a Wonderful World!!を
歌っている。

まさに12月11日、店着日として
JAPRISONを手にすることが出来ることになったこの日私たちは、それぞれの檻から出て
ここ豊洲PITで会えたんだろう。

『Snatchaway』

この曲は、このRAGツアーでもっとも変化したと言っても過言ではないと思う。

《止めれるモンならっ》とSKY-HIが
FLYERSにマイクを向けた瞬間に
全員で《止めてみな!》と歌う瞬間からの
勢いがとにかくすごい。

そんな勢いのまま
「ラスト!」と叫ばれた最後の曲は

『カミツレベルベット』

SKY-HIは、ステージ上にあった
お立ち台を、ステージの端に移動させ、
FLYERSの姿を見ながら歌う。

最後に
真ん中に移動させて、
「お前らの声を聞かせてくれ!!」と叫ぶと
FLYERSの声が会場に響いた。

その後のパートに入っても大合唱はやまなかった。
SKY-HIの表情が少しずつ変化していき、
最後の方にはしゃがみこんで目頭を抑えた。

そのSKY-HIの姿を見た
FLYERSは、さらに大きな声でカミツレを合唱。

私の心の中は「ありがとう」の気持ちでいっぱいだった。
この気持ちをどうにかこのカミツレにのせて
SKY-HIに届いて欲しいと思った。

きっと多くの人が
「ありがとう」という気持ちを
この曲にのせていたような、そんな気がする。

New Verseが流れる中の最後の挨拶
「ごめんな、
カミツレまた、歌うからさあ…また聴きに来てください。

この曲(New Verse)作ってから涙腺緩んじゃったみたい。」
そう言って少し照れながら笑い、

「本当にありがとう!」
そう言ってステージを後にした。

「今出来る最良の俺のライブをする」
そう言っていた意味を
リスナー側として、心底理解出来た、と思う。
最高に最幸を重ねたツアーだった。
 

次は2月のJAPRISON。
また檻の中に閉じ込められることもあるかもしれない。
それでも私の手の中にはJAPRISONがある。
また檻の外で…。

《カギは手の中》
(What a Wonderful World!!歌詞)
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい