2461 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

それいけステアーズ 声に出して前に進むこと

ハルカミライ 「それいけステアーズ」に支えられた、僕と姉の2年間

私には5つ上の姉がいた。
中学校で国語の教員をしており、いつでも活発で私の味方でいてくれて、周りからも好かれていて、とにかく誰にとっても明かりのような存在である人だった。

そんな姉が昨年末に亡くなった。大腸ガンだった。
ステージ4のガンを患いながら、苦しい2年間の闘病生活を全力で駆け抜けた末、静かに自宅で息を引き取った。
生前、抗がん剤治療を行っている間たくさんの音楽に勇気づけられると言っていた。
私も姉と同じような性格だと、自他ともに認めていたので理解できる部分があった。

大学時代に全力で教員という夢を追いかける姉を見て、私もいつしか同じ夢を志すようになっていた。
中高時代はよく喧嘩し、あまり口も聞かず親の心配をかけることばっかりだったが、歳を取るにつれていろんな話をするようになった。お互いの夢のこと、恋愛観のこと、結婚のこと。

色んな音楽を聴きながら、同じ音楽の趣味を持った姉とは、色んなバンドの話をしたり、ライブに行ったりしていた。だからこそ音楽の話にはいつでも夢中になってしまった。

大好きだった姉に最後話していたのはハルカミライというバンドの話。自分の想いを全力でぶつけている、とても力強いバンドのこと。
 

ろくでもないけど親友
お節介すぎる母親
背中を見てきた父親
負けたくはないな先輩
会いたくなるんだ恋人
たまには飲もうぜ兄弟
 

この歌詞に何度も力づけられた。いつだって何があったって僕は1人じゃない。助けてくれる人がいる。大人になって、話す機会があったら姉と飲みに行きたいと目標が膨らんだ。

まだまだ人生これからって時に亡くなった姉は、当然やり残したことも多く、残された僕ら家族もただひたすらに悲しみに身を投じていた。どうしようもない不安が常に胸に押し寄せてくる。

姉の部屋を整理していると、闘病生活に遺した日記が出てきた。その中の一文に「大好きな弟には誰よりも幸せになって欲しい。」とあった。間違いなく姉の字だった。抗がん剤治療で苦しかったはずなのに、わざわざ僕の幸せのことなんかを1番に考えてくれていた。姉は本当に強い。

その日以来、姉のためにも前を向いて生きていきたいと思った。きっと強い姉の事だから、目には見えなくてもどこかで僕のことを見守ってくれている。そう信じながら、姉が願ったよう幸せになれるように胸を張つているつもりだ。
 

辛いとか落ち込んでるとか わざわざ連絡しないよ
分かっているだろそれくらい
長い階段の途中で
追い付いた時に話そう
いいよな それいけステアーズ
 

25歳で亡くなった姉に追いついた時に話そう
不安なことも、悲しいこともなんだって
それまでは、胸張って1歩を踏み出すよ
声に出して数える、ワン、ツー

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい