2461 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

人生に「今さら」などない

THE YELLOW MONKEY に教えられた生き方

いつからイエロー・モンキーのファンですか?
と聞かれると、私は少しだけ困る。

ヒット曲以外の曲をまともに聴き始めたのは解散の少し前、彼らが活動を休止していた頃。すっかりハマって曲を聴きこんでいたけれど、その時もう彼らは活動していなかった。だったら 2016年の再集結はさぞかし待ちに待ったものだろうと思われそうだが、そうでもない。
何のことはない。再集結発表当時、私はその事実を知らなかった。
それからしばらくして、再集結したらしい、それも一時的なものではないらしい、新曲まで出るらしい、と少しずつ情報を得ることになったのだが、それでもそこから彼らを追いかけることはしなかった。

乗り遅れたのだ、完全に。
そう思ったら、追いかける気がしなくなった。

元々、イエロー・モンキーというバンドのスタイルやメンバーに、それほど興味があったわけではなかった。彼らの音楽が好き。その音楽が聴ければいいし、それが全て。
それは嘘ではなかった。
曲が作られた背景や曲に込められた思い、その当時のバンドの状況、それを全く知らなくたって、勝手に想像するだけで楽しかった。感動もあった。バンドという母体がなくたって、その音楽は生きてる。そんな今までと何が違うというのだ。メディアで何かを語る彼らを、ライブで楽曲を演奏する彼らを、見ていないから何なのだろう。それがなくても、私は十分に彼らの音楽が好きだった。

でも、そううそぶく自分を、心のどこかで自覚していたのだろう。とあるニュースが私を動かした。

2017年、東京ドーム公演決定。

バンド自体への興味がそう大きくなかったとはいえ、解散にまつわるエピソードや、解散前の最後のライブが東京ドームだったこと、それは私も知っていた。
バンドとしての活動を続けることに疲れてしまっていた、中心メンバーの吉井和哉。先が見えない不穏な空気が滲み出ていた東京ドーム公演。その東京ドームに、再び彼らは立つという。心がざわついた。でも、次の瞬間決めていた。

よし、東京ドーム、行こう。

取れたチケットは2階席後方という、ステージを遥か遠方から眺める席。それなのに私は心の底からはしゃいだ。感動、なんて上品な言葉じゃ言えない。ステージはあんなに遠かったはずなのに、ビシビシと伝わる気迫と、興奮と、踊るようなメロディーとサウンド。
彼らの音楽が、CD 以外の形で私に伝わった瞬間だった。生きている楽曲達に、また新たに命が吹き込まれる瞬間を、私は見た。

バンドという母体がなくても、その音楽は生きている。その言葉が嘘だったわけじゃない。でも、生きているものにだって、何度でも命は吹き込まれるのだ。ライブだけじゃない。彼らが音楽に込めた思いを語り、それを聴き手が受け取れば、音楽に魂が宿るのだ。
それを知った今、その生き様をこのまま見逃していていいのか。

そう思ったら私は、イエロー・モンキーの音楽そのもの以外の、他の要素を知りたくてたまらなくなった。今までどう演奏されてきたのか。どうやってその音楽が作られ、どう語られ、どう育ったのか。それを成してきたイエロー・モンキーというバンドは、どんなバンドなのか。

本当は今までだって知りたかったのだ。知りたかったし触れたかった。

「別に見なくてもいいや。」「そこまでしなくていいや。」そう思ってきた映像作品を、片っ端から見た。書籍も読んだ。ファンから話も聞いた。
楽しかった。楽しくて、幸せで、ますますイエロー・モンキーが好きになった。音楽だけではなくイエロー・モンキーという存在そのものを好きになり、そこから生み出された音楽が、前よりも更に魅力的なものに感じられた。

なぜもっと早くそうしなかったのだろう。
それは自分で分かっていた。「今さら」だと思ったからだ。乗り遅れたことでタイミングを逸したからだ。再集結後のイエロー・モンキーの活動はすべて、長年彼らを待ったファンと、再集結のその日を祝った人々、その人達のものだと、勝手に決めつけて不貞腐れていたからだ。

何というくだらなさ。そんな決めつけに、何の意味があったというのだろう。知りたい。触れたい。なりふり構わずその純粋な衝動に突き動かされている今は、こんなに楽しく幸せなのに。そんな思いに蓋をして生きていたって、何の意味もないのだ。
 

それに気づいた私は、次々に心残りを解消した。イエロー・モンキーだけじゃない。その他の「今さら」と思って見過ごしてきたものには全部、思いつく限り手を出した。「もっと早くこうすればよかった」とは思ったが、そこに悔しさはなかった。今からでも、知れてよかった。触れられてよかった。挑戦できてよかった。これを知らずに私は一生を終えていたかもしれない。そう思ったら、ありがたさと嬉しさが溢れるようだった。

それを教えてくれたのが、イエロー・モンキーだ。
あの日、東京ドームの彼方から見た、イエロー・モンキー。
だから私は「イエロー・モンキーの音楽のファン」から、「イエロー・モンキーというバンドのファン」になった。
 

あの東京ドーム公演に行こうと決めた日、イエロー・モンキーの曲は十分聴き込んできたと思っていた私が、その直前、急場で覚えた曲が1曲だけある。
「WELCOME TO MY DOGHOUSE」
インディーズ盤に収録されている、彼らの定番曲だ。
解散前の東京ドーム公演のセットリストとファン投票のベスト盤の曲目を見て、しまった、インディーズ盤まではチェックできていなかった、でもこれはきっと押さえておいた方がいい、そう思って慌てて覚えた曲だった。
思えばこれが、「今さら関係ないわ」と我関せずを気取っていた私が、なりふり構わず取った最初の行動だったと思う。ファンという立場ではないけど曲は好き。それが精一杯の虚勢だったのに、定番曲の中に知らない曲がある。でももう、拗ねもしなければ不貞腐れもしなかった。聴かなきゃ。そう思う私の気持ちは純粋だった。
結局その曲が東京ドーム公演の1曲目に演奏され、私は全身でそれを楽しんだ。だからこの曲は、素直ではなかった私がまっすぐ前を向く事ができた、そのストーリーのテーマ曲。

人生に「今さら」なんていうものはない。
今からでも、いつからでも、遅くはないのだ。

2004年の解散から実に12年。「今さら」なんて言わずに帰ってきてくれた彼らが、何よりそれを物語ってくれているように思う。
大人はすぐ涼しい顔をしたがる。格好をつけたがる。「これでいいんだ」と自己正当化して、強引に納得をさせたがる。
でもそれでいいんだろうか。
ちょっとした些細な嘘じゃないか、と思うかもしれない。でも、その嘘に意味はあるのだろうか。

そう思う気持ちを忘れてはいけないと、時折私の中で鳴らされるあの「WELCOME TO MY DOGHOUSE」という曲が、自分自身にそう言っている。
興味があったけど関わってはこなかったこと、チャレンジしてみたいと密かに思っていたこと、自分には似合わないと思っていたこと、何でもやってみればいい。やってから考えればいいのだ。

それに気づかせてくれたイエロー・モンキーを、私はこの先ずっと離さないだろう。

2019年の今年、遂に彼らのアルバムが出る。19年振りの新作だ。インディーズ曲の「WELCOME TO MY DOGHOUSE」から、新しいイエロー・モンキーの、まだ知らない曲へ。思いは繋がる。まっすぐ、繋がる。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい