2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私とSUNNY CAR WASH

渋谷CLUB QUATTROでのライブを見て

自分にもやもやしていた、今更泣き方も忘れて誰かにすがることもできない自分にもやもやしていた。
そんな時私は居場所を見つけるように音楽を聴く。

イヤホンをさす。
YouTubeを開く。
オススメに出てきた『キルミー』を開く。
 

私はその後の記憶がない。
でも確実に何回も聴いていたという証拠があった。
気づくと、歌詞を口ずさんでいたのだった。

ハマり始めのバンドのCDを買うお金と勇気はなかったけれど、ミュージックビデオを聴き漁った。
SUNNY CAR WASHの音が私の耳に届いて消えていく、そしてまた次の音が私の耳に届いて消えていった。
あんな切実に伝えること、もやもやしている自分にはできないことだった。

ライブに行きたいと思った。
生で浴びたい。

勢いで調べてみると、なんと今度初めてのワンマンがあるという。これは運命ではないのか。
親をどうにか説得して、当日券で行った。
 

凄く凄かった。打ち間違いではない、凄く凄かった。

『ムーンスキップ』からライブは始まった。
一音一音破裂したような音が後ろから差しているライトと一緒に私の元へ一直線に突き刺した。
ビー玉のような重い涙がこぼれた。
気付いた時には泣くことが出来なくて辛かった私が泣いていたのだった。

サニカー、特にアダムくんは「身を削るように」という表現がすごく合っていたと思う。
歌ってる時にちょっとでもつついたら崩れてしまいそうだった。それくらい、なんだか儚くて一瞬のそのひとつひとつに意味があるように感じて、心を打たれた。
今を生きよう。

アダムくんのMCもすごく個性的だった。
まるきり覚えてるわけじゃないけど、「ほんとに放課後みたいだった、楽しかった」「人の前だと緊張するよね」とかゆるいと言うかなんて言うか、心の底から言葉が出てきて、思ったことをそのまま素直に言っているのかなと思った。
ずっとこのような安心するような空気を感じていたからか、私の今まで毛布にくるまってぐちゃぐちゃになっていた気持ちが全部、サニカーの音に すっ と乗っていった。

アンコールは『ファンシー』だった。「天使の歌」「世界中みんな友達なんだ」と言っていた。
なんだかその言葉がすごく嬉しかった。しかもこの曲はサニカーの中でも特に大好きな曲だったので、このライブ中2回目の演奏だったけれどそれが予想外でそこも余計に嬉しかった!
もう泣かなかった、とにかくこの音に身を預けて、楽しかった!

ダブルアンコールの『キルミー』もすごく盛り上がった!
この曲も2回目だったけれど、1回目とは私は全く違うものに思えた。
世界が愛で溢れればいいのにな!!
ありがとう!!
 

楽しい時はあっという間だったけれど、思い返すと沢山の出来事があって長い時を過ごしたかのようにも思える不思議な気持ちになった。
そして外に出るときにはすごくスッキリ、軽くなっていた。
私はスキップをしながら駅へ向かった。

そして最近、1stアルバムが出るという情報が舞い込んだ。嬉しくて今からとても心待ちにしている。
なんの曲が入っているのかとかを妄想しながら、今ではもやもやなんてせず、私は最早にやにやしているのだった。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい