2111 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あなたがここにいたということ

〜BUMP OF CHICKEN『You were here』に縋りつく僕の弱虫な心〜

『You were here』それは日本語に直訳すれば、「あなた(たち)はここにいた。」という言葉になる。
彼らはこの曲に一体どれほどの想いを込めたのだろう。
この曲を含むアルバム「Butterflies」をリリースしたのは僕が高校3年生の2016年のことだった。BUMPのことを知りたいと思い始めて、昔のアルバムから最新の曲まで聞き漁っていたころのことだ。僕の心臓に突き刺さるような曲を耳にした。『You were here』だ。

思い詰めることの多かった高校時代、どこか心に引っかかるものを誰かに解いてほしい、そんな気持ちを日々抱えていた。どこか夢を持つことにも、先に進むにも諦めが先に出てきては挑戦できない毎日、嫌気がさしていたところにこの曲は飛び込んできてくれた。こんな腐った僕の心に光をもたらしてくれた。

決して劇的な変化や進歩があったわけではないけれど、それでも少しずつ少しずつ今までの自分を置き去りにできたように感じた。悩んでいるのは自分だけじゃない、何か報われない気持ちを抱えてそれでも皆頑張っている。自分のことばかりだった僕にも余裕が芽生えてきた。きっと頑張れば何でも結果につながるわけではないけれど、何もしてこなかった僕に恵まれたことなんか起こるはずなんかない。そう分かってからは余計BUMPに縋る生活が始まったのだ。

しかし大学に入ってからは、周囲の友達の影響もあり、いろんな音楽に心を揺さぶられた。いつしかBUMPの追っかけからは身を引き、いろんな形のバンドに心を投げかけた。

僕が二十歳になって間もない頃、5つ離れた姉がこの世から息を引き取った。原因は大腸がんであった。2年の闘病生活を駆け抜け、まるで眠るかのような最期を迎えた。僕は姉のことが大好きだった。志す職業も姉に影響を受け、いつだってあんな人になりたいと思っていた強い人だった。生前の姉とのたくさんの思い出は、永遠に感じるほどにかけがえのない時間になった。姉にがんが見つかった日、早かれ遅かれこんな日が来ると分かってはいた。しかし病床に伏していても笑顔を絶やさなかった姉をいつだって僕は見守ることしかできず、これといって何もしてあげることはできなかった。

姉が亡くなって数ヶ月して、久々にBUMPを聴こうと思った。何気なく選んだ曲は『You were here』僕の支えになっていた曲だ。

【 信じられないくらいにすぐ過ぎた
魔法の時間はすぐ過ぎた
頭の中は片付かないままで
枕まで帰る

君の声が聴こえた事
まぶたの裏に光の記憶 】

言葉にしてしまえばあっという間だった25年という姉の生涯はどれほど輝いていたのだろう、周りから見たら一瞬の光かもしれない、でもいつだって僕のことを照らしてくれた姉はどんな星より輝いている大きな光だ。

【出会えば必ずさよなら
そこから伸びた時間の上

また会いたい 会いたいよ
もう会いたい 会いたいよ
君がいるのにいないよ
君の昨日と明日に
僕もいたい 】

できるものならば一日一時間でもまた姉に会うことはできないのだろうか。もう少しでも同じ時間を過ごすことはできないのだろうか。そんな叶いもしない願いばかりが頭を駆け回る。母は僕にそっと伝えた、必ずどこかから見られてるからね、昔から喧嘩ばっかりだったあんたたちならどこにいてもお互いのこと気になっちゃうでしょ、だからあんたは前を向いていなさい、下を向いてたらまた姉ちゃんに怒られるよ、と。なぜかはわからない、でも涙が溢れた。悲しみも寂しさも虚しさも抱えて生きることはできないと思っていた。でも姉にはできた。先が短いと分かっているのに、僕には笑顔をくれた。姉は僕のことを、僕は姉のことを分かっていたつもりでいた。でも全然分かっていなかった、結局いつも僕のほうが弱かったんだ。

姉がいないこれからは、僕が自分の力でどうにかしないといけないことがたくさんだ。不安も心配なこともたくさんだ。でもきっと下は向かないと思う、どこかから見てるんだろ、姉ちゃん。

【 もう消えない 消えないよ
そこから伸びた時間の上を歩くよ
全てを越えて会いにいくよ 】
 

あなたがここにいたこと、いてくれたこと。そんななんてことのなかった日常だってあなたがいた証明になる。僕が立派になるまで見守っててよ、どこからだって。いつか折れそうになるときは、また『You were here』に縋ってもいいかな。あなたがここにいたということを思い出して、一歩足を前に出す。またね、姉ちゃん。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい