1946 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

彩りテクノなPOLYSICS~私の青春~

祝!結成The Vocoders!おめでトイス!

2018年10月、POLYSICSのメンバー4人が世界唯一のカフェテクノグループ「The Vocoders」を、単独サーキットイベント内にて結成した。そして、The Vocodersがこれから本格始動するという。
2017年にナカムラリョウが加入した時も思ったが、このバンドは良い意味で全く落ち着きがない。常に攻めの姿勢で、新しい音楽を追求し続ける。
そんな彼らにとって、The Vocodersの結成は自然な流れであったかもしれないが、私にとっては大きな衝撃となり、POLYSICSへのカムバックのきっかけとなった。

そもそも、私がPOLYSICSを知ったのは2007年のROCK IN JAPAN FESTIVAL。
LAKE STAGEにて、水兵さんの格好をしながら当時のメンバー カヨがリコーダーを吹いている姿に最初の衝撃が走った。
「なんだ!この音楽は!」
身近なリコーダー(しかもソプラノ)がバンドの一部として組み込まれ、他の音と相まって作用している、そのジャンルがテクノだという。リコーダーといえば「モルダウ」的なイメージしか無かった私にとって、もう新しい情報が溢れすぎて頭が付いていかない。しかし、とにかく楽しかった。この高揚感は癖になった。

ここから、POLYSICSの動向を追いかける日々が始まった。

さいたまスーパーアリーナを横目に、「HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3」へはかなり通った記憶がある。ある日、初めての最前列をゲットした。この時も、とにかく楽しかった。酸欠に近い状態であったが、気にもならなかった。
しかし、この日はオチがあった。夜の秋風に吹かれながら駅の荷物ロッカーに戻ると、鍵代わりのICカードが見当たらない。どうやらロッカーの中に一緒に入れてしまったらしく、対応してもらえるのは翌日。汗まみれのくさーいTシャツで電車に乗り込みその日は帰った。最高と最悪を同時に経験した1日だった。

また、SHIBUYA-AXにもよく行った。AXは大きめのライブハウスだったので、熱気が一段と強かったのを覚えている。そんなAXも今はない。そう思うと、少し、センチメンタルな気分になる。

大学の時はひたすらPOLYSICSを追いかけていた。陳腐な表現だが、青春だったなぁと思う。
そんな私が最後にPOLYSICSの単独ライブに行ったのは、忘れもしない、2010年のカヨのラストライブin BUDOKAN。ちょうど大学の卒業式が終わった後の時期だった。
1階席が取れなかった私は、2階席の舞台から真正面のところで、いつものぎゅうぎゅう詰めの会場ではない、席がきちんとある形でPOLYSICSのライブを見た。カヨが最後&しばらく休止ということを、ゆったりとした指定席でライブ中噛み締めた。寂しかった。

しばらくして、3人で活動を再開した彼らは、精力的に曲を発表していく。しかし、私は就職したてで追いかける余裕がなかった。インターネットを通じて情報は手に入れているが、今までの熱量がなくなった。
さらに、引っ越しが輪をかけてPOLYSICSとの距離を遠くした。近くには、ライブハウスもなければ、大きな都市もない。相当気合を入れないと、生でライブを見に行けない環境となった。既に、情報すらも取らなくなってしまった。

そんなある日、ナカムラリョウ加入の知らせをひょんなことから知った。
「ふむ、そうなのか、久しぶりに楽曲を聞いてみようか」と思い、YouTube公式チャンネルを見てみると、どんな曲もえらくカッコいい。というか、最高だった。
私が離れている間に、またこんなにカッコいい曲を作ったのかと思うと、めちゃくちゃ悔しかった。くっそー、追っかけとけばよかった!と思った。

そして、冒頭のThe Vocoders結成。物理的な距離は遠いのだが、今はインターネットフル活用でなんでも楽しめる。The Vocodersもインターネットの配信で見た。
そして、衝撃をうける。
「なんていうバンドなんだ。カフェテクノグループ?ちょっとよく分からないけれど、かっこよすぎるだろう。こりゃ追っかけるしかない!」
実際、ライブハウスに見に行くことはなかなかないかもしれないが、久しぶりの高揚感を今味わっている。

POLYSICSを初めて見てから約12年。そのうちの半分くらいは、離れていたかもしれないけれど、間違いなく私の中の音楽魂を揺さぶり続けたPOLYSICSの楽曲。
これからもカッコいいPOLYSICS&The Vocodersを追いかけて、CHECK OR DIE!!していこうと思う。

とにもかくにも、The Vocoders結成おめでトイス!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい