2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

今も変わらずに好きなバンド

ORANGE RANGE “ELEVEN PIECE” ツアーファイナル(国内)に寄せて

昨年10月からスタートした LIVE TOUR 018-019 ELEVEN PIECE が国内ツアーファイナルとして2月8日NHKホールで開催された。
今回はCSにて生放送という事もあり、普段とはまた違った雰囲気で執り行われるかと少しの緊張感の中、19時を過ぎた頃にメンバーがステージに姿を現した 。
昨年、発売されたアルバム「ELEVEN PIECE」を中心に新旧を織り交ぜたセットリスト、先日 音楽番組にて14年ぶりに披露された”花”も含め、いつもと変わらぬ楽しい時間が流れていた 。
時折、テレビ中継を口にするメンバーだったが特に普段とは変わらず、軽く下ネタを発するところも特別格好を付ける訳でもなく、飾らない普段通りの姿であった 。

ORANGE RANGE のライブに足を運ぶようになって15年ぐらいの年数が経つが 、未だ飽きる事はない 。
何故なら常に新しいレンジサウンドに魅了され 、懐かしさを感じる “上海ハニー” “ロコローション” “以心電信” などあげるとキリがないほどのヒットソングも年々上書きされるかのように勢いを増している 。そして何よりオーディエンスを沸かし引き込むパワーは凄まじい 。ワンマンライブはもちろんのこと、フェスなどで見る彼らのライブはまた一層凄まじさを感じる。
幅広い年齢層に支持され、恐らく誰もが一度は聴いた事があるという曲が数多くあるだろう。
そして、ORANGE RANGEが今までバンドとして培ってきた経験値をライブの盛り上がりとして目に見える姿で証明してくれている。

ライブ中、メンバーは各MCの中で周りへの感謝の言葉を口にしていた。
今まで見てきて、変わらないところの一つでもある。彼らはいつもファンに向け感謝の思いを伝えてくれる。
数多くのファンの一人に過ぎないわたしから言わせてもらえれば、感謝を伝えたいのはこちらの方だ。
自分の人生の節目節目にはORANGE RANGEの楽曲に支えられてきた 。
音楽にのめり込むようになったきっかけも彼らである。
結成から18年、きっとバンドを続けるにあたり色んな葛藤や困難なことを乗り越えてきたはずだが、彼らは止まることなく毎年ライブ、ツアーを開催してくれる 。同じ都道府県でも行った事のない土地でライブをし、自らを会いに行くバンドとも称している 。
そして、近年各地で起きている災害の被災地へも足を運び、活動を行なっている。
2011年3月11日に起きた東日本大震災、あれから8年が経とうとしてる今でも毎年被災地、東北に足を運び続けている。
沖縄を故郷に持つ彼らが、わたしの故郷である東北の地を忘れずに想っていてくれる事にもただただ感謝しかない 。

今回、アンコールで披露された Famiry は大切な家族や故郷を歌った曲である。

“「ありがとう」 「ごめんね」 「また明日」 そんな言葉を伝えられる幸せ”

”当たり前だと思ってたけど
当たり前じゃないよね”

“大切な場所 守っていきたい
大好きな人の笑顔が見たい”

等身大で綴られた歌詞、日常に忘れがちになっていた事を改めて思い起こさせてくれた。
ORANGE RANGEの楽曲で好きな曲は数多くあるが、“Famiry”はまたひとつ、自分の中で大切な曲となった。

今年もすでに過去作を主軸にしたコンセプトツアーが発表されたりと、勢力的に活動を続ける彼らを活動が続く限りわたしは追い続けたいと改めて確信した夜だった。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい