2624 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

きっかけはなんとなくだった

ポタリ解散発表に寄せて

2019年2月14日、時間は18時30分頃だっただろうか。何気なくスマホのロックを解除し、何気なくSNSを開いて知人や好きな芸能人、アーティストの投稿を見てはいいねする。Instagramを見終わり、次は無意識にTwitterを開く。少しスワイプしてタップしたツイートに思わず「えっ?」と声がこぼれてしまった。

「ポタリは2019年3月30日名古屋クラブクアトロでのワンマンライブをもちまして解散することとなりました。」(ポタリ公式ホームページより一部抜粋)

ポタリは愛知県豊橋市で結成された4人組のガールズバンドである。僕が彼女たちを知ったきっかけはテレビから流れてきた”2nd”を聴き「カッコいいガールズバンドだな」と素直に感じ、情報をチェックするようになった。僕がよく聴くラジオに出演することもあり、その興味は日に日に増した。2015年、ポタリ主催のライブに行くことになった。もちろん彼女たちのライブも見たかったが、僕の好きなバンドが対バンで出るからという理由の方が強かった。そして彼女たちが主催するライブに参戦するのはこれがきっと最後になる。帰り道は好きなバンドの余韻に浸りながらも、ポタリのライブの熱も冷めずにいた。
それからはサーキットイベント、フェスなどで彼女たちの名前を見つければライブを見に行くようになった。音楽で勝負するという力を感じるライブが好きだった。

語弊が出てしまうかもしれないが、僕はシングルやアルバムのリード曲になっているものくらいしか彼女たちの曲を覚えていない。出会いは覚えていてもワンマンライブには参戦したこともない。なんとなく好きないわゆるにわかファンくらいの存在なのかもしれない。ただ周りにはポタリの音楽を愛して止まない友人もおり、それが彼女たちの音楽をなんとなくでも聴いて、時に口ずさむくらいの繋がりを保たせてくれている。「周りが好きだから自分も好き」と聞くと聞こえは良くないかもしれないが、実はまだしっかり自分を持てていない学生時代には同じことがよくあった。あの友達が好きだからと同じクラブに入り、いま人気だからと挙って流行りの音楽を聴いていた。でも、それは長続きしなかった。

継続することは難しい。でも何かを断ち切る、完結させるのもそれと同様に相当難しいと思う。継続は力なりという言葉があるけど、続けることに力を使い果たしてしまうこともあったから、僕はその言葉は一概に正しいとも言えないと思っている。生活していれば卒業や定年という1つの区切りがあるけど、卒業ならまだしも仕事における定年なんて先を見たら果てしない。そう考えると何十周年と活動を続けているバンドは本当にすごいと思う。
そんな中で自らの活動に達成感を感じ、できることはやりきったと後悔なく完結できるなんて少なくとも僕ではありえない。そうできる人はきっと自分、周りと真摯に向き合ってきた人なんだろう。かっこいい。

解散を発表したが、まだポタリの活動は続く。きっとこれがきっかけで彼女たちの雄姿を見に行こうとライブへ足を運ぶ人も増えるかもしれないが、僕は行かないと思う。ポタリ、その本当のファンの熱量には敵わない気がするから。彼女たちが最高傑作と評した「ポタリの3」を聴きながら、その熱量から力を分けてもらうだけで十分だ。
そして解散しても僕がランニング中に聴くプレイリストには” Are you ready?”や”2nd”がずっと入っていて、そのピッチを上げてくれるだろう。なんとなくがきっかけだったけど、生活の中でポタリというバンドは生き続けるのは間違いない。
最後にポタリを全うしようとしている彼女たちへ、あえて彼女たちの言葉を使って伝えたい。

〈GOOD LUCK! 離れてたって 心はそばに ゆずれない夢 なりたい自分 追いかけていく 君にYELLを〉(GOOD LUCK)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい