264 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年5月22日

じぇい (29歳)

GRAPEVINEのこれまでとこれから

対バンツアーと新曲『Arma』から考える20周年

1993年に大阪で結成され、1997年にミニアルバム『覚醒』でメジャーデビューをしたGRAPEVINE。

まさにデビュー20周年というアニバーサリーイヤーである今年、5月に全国8か所で開催された対バンツアー「GRUESOME TWOSOME」。

対バン相手はユニコーンや、長田進、根岸孝旨、あらきゆうこの三名によるDr.StrangeLoveといった“彼らが憧れるベテラン”から 、UNISON SQUARE GARDENといった逆に“彼らに憧れる若手”まで多彩なアーティストが揃った。
 

そんな中、私は5月14日(日)にZepp Nagoya(愛知県)で行われた公演に参加。
愛知公演の対バン相手はGRAPEVINEと同様に90年代に活動を開始し、メンバーとの親交もあるストレイテナーである。

普段はほとんど遠征をしない関西在住の筆者は、駅に着くなり颯爽と名古屋飯を掻き込み、いざ会場へ。

先程述べた通り、活動時期が比較的近く、親交もある二組の対バンというだけあって、会場内では刻一刻と近づく開演を待つ観客の熱気と期待が凄まじいものであった。
 

前半のストレイテナー。

名古屋では初披露の新曲『月に読む手紙』や、終盤の『Melodic Storm』からの『シーグラス』といった初夏を匂わす爽やかかつ凛とした楽曲で観客を魅了した。

MCではボーカル・ホリエアツシによる「昨日あったイベントの打ち上げで、日本酒をたらふく飲んだ後に、更にワインを欲した。バイン(葡萄)だけに。」といった緩い冗談を挟みつつも、「GRAPEVINEは、未だに新曲をリリースする度に圧倒されるバンド」と、彼らへの最大限のリスペクトを述べた。
 

そして、後半のGRAPEVINE。

私が彼らのライブを見るのは、昨年の秋に彼らがイギリスのロックバンドManic Street Preachersの来日公演のサポートアクトを務めたライブ以来である。

セットリストは20周年を意識してか、新旧織り混ぜた楽曲で構成されていた。

久々のGRAPEVINEのライブはやはり最高であった。
ボーカル・田中和将の歳を重ねて退化するどころか年々進化し続けるハリがあって表情豊かな声、ブルージーでありつつも変化自在な西川弘剛のギターらによる重厚感のあるバンドサウンドを聴き、心が満たされていく気がした。
こんなに力強いのに、どこか繊細で優しい音楽を奏でるバンドは唯一無二だと思う。

そして、デビュー20周年を意識した新曲『Arma』(イタリア語で「武器」を意味するという)も勿論披露された。
曲自体は穏やかなメロディーだが、その中にも「これから先も強く進んでいこう」という決心を感じさせる歌詞である。

【このままここで終われないさ、先はまだ長そうだ、疲れなんか微塵もないとは言わないこともないけど】

このサビの歌詞は、これまでのGRAPEVINEとこれからのGRAPEVINE、その歴史や色々な思いの全てを集約したかのような深い歌詞である。

その言葉たちは自分自身にも置き換えられるような気がして、私の心に突き刺さり、会場で聴きながら年甲斐もなくガチ泣きをしてしまった。
優しくて、そっと寄り添ってくれるような素敵な曲をありがとう。
 

アンコールでは再びホリエアツシをステージに迎え、GRAPEVINE を語る上で欠かせない1999年にリリースされた彼らの代表曲『光について』をセッション。

その時、ホリエがアンコールで酒も入り上機嫌な田中に向かって「田中さん、しゃべる時の声がガラガラですね。歌っている時はあの声なのに話す時はガラガラ。どういう喉ちんこをしているんですか」と。(笑)
その流れもあり、2番が始まる直前に田中がぼそっと「ここからはガラガラ声で・・・。」と呟くなど、親しい間柄ならではのやりとりに思わずニヤニヤ。

贅沢過ぎてもうお腹一杯である。
 

何よりも嬉しかったのは田中がMCで「20周年ありがとう!30周年もやるぞー!死ぬなよー!ヨボヨボでも会おうぜー!」と緩く叫んでくれたことである。

ベーシスト、そしてグループのリーダーであった西原誠のジストニア発症による無念の脱退、事務所・レコード会社の移籍といった紆余曲折を乗り越えてバンドを20年も続けてくれたGRAPEVINE。
そして、「これからも続けたい」という意思表示をしてくれたGRAPEVINE。

田中はライブ中に観客に向かって何度も「ありがとう」と言ってくれたが、「ありがとう」とお礼を伝えたいのはファンも同じである。

とりあえず、あと10年やるとしたら長年サポートを務めているベーシスト・金戸覚は還暦越えとなる。
メンバーにはお酒・煙草はほどほどにして長生きしてほしい限りだ。(笑)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
音楽について書きたい、読みたい