1856 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ついにサカナクションのNEWアルバムが聴ける!

アルバム発売が決定した今、私が書きたかったこと。

ついにサカナクションのNEWアルバムの発売が決定した。
ファンが待ちに待った約6年ぶりのアルバムである。

度重なる、ボーカル山口一郎によるアルバム出します宣言で、ファンは今か今かとアルバム発売をこの6年間待ち続けてきた。そしてこの2019年4月、ようやく待望のアルバムが発売されるという事実に、実際ファンの1人としてまだ夢見心地な気分である。
 
 

前作のアルバムの発売は2013年。
サカナクションの「sakanaction」である。
サカナクション初となるドラマ主題歌になった「僕と花」、CMソングに起用され注目を集めた「夜の踊り子」、そして、ドラマ主題歌として起用され、私をサカナクションの世界へ引き込んだ曲である「ミュージック」。この3曲の強力なタイアップソングと、彼ららしさをしっかり表現した楽曲が収録された、「表裏一体」がテーマのアルバムであった。

アルバム収録曲が、山口一郎の自宅でレコーディングされた事などもあり、様々な方面から注目される1枚となった。

そしてその年の年末、紅白歌合戦に出場し、サカナクションという存在を確実に世間に知らしめた。
 
 
 

それから約6年、現在2019年。
アルバムをリリースせずに何をしていたの?と思う方もいるかもしれないが、彼らは決して止まっていたわけではない、ずっと泳ぎ続けていた。
 

2014年に発売されたシングル「グッドバイ/ユリイカ」。
メディアへの露出などで注目を浴びていた彼らがこのタイミングで発表した楽曲は、アップテンポなロックチューンなどではなく、ミニマル・テクノを基調とした「ユリイカ」、バラードである「グッドバイ」だった。
 

実はこの楽曲、世の中からの認知度も上がり、様々な期待やプレッシャーを乗り越え、かなり難産の上で生まれてきた楽曲である。

ラジオ番組「サカナLOCKS!」で「グッドバイ」を初フルオンエアする際、制作の際の苦悩を、涙をこらえながらリスナーに伝えてくれたあの夜。

彼の音楽に対する真剣さに触れ、当時小学生だった私は、ボロボロになりながらもこんなにも音楽と真面目に向き合って、私達に届けてくれる、彼らの音楽をずっと追いかけたい、と思った。
その時の感情は、今でも決して忘れていない。
 

それからも、度重なるタイアップやシングルのリリース、カップリング&リミックス集のリリース、クラブイベントの主催、そして10周年を迎え、ベストアルバムのリリースなど、彼らはこの6年間、決して止まることは無かった。
 
 

彼らの、常にリスナーに最高の音楽を届けようとする姿勢。
リスナーに様々な方法で音楽を体験させようと試行錯誤する姿勢。
音楽の様々な楽しみ方を知ってもらうために、音楽の深いところまでも伝え、リスナーに説明する姿勢。

本当に素敵なミュージシャンだな、と心から思う。
 
 
 

そんな彼らの新しいアルバムを、もうすぐ聴くことができる!
 
 

さぁ、ついに新しいアルバムを聴ける時が目の前だ。

彼らはこれからも私達に色んな景色を見せてくれ、遠く遠くへ連れて行ってくれるのだろう。
 
 

彼らがこれから私達に見せてくれる、新しい音楽の世界を想像するだけで、もう、胸が高鳴ってしょうがない。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい