2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

平成ジャパニーズロックンロールバンド LABORATORY’S

非国民フェスティバル2018にて

非国民フェスティバル2018
おそらく日本で初めて行われる音楽フェス。
会場は千葉県のライブハウス、千葉ANGA。

僕は主催のLABORATORY’Sと言うバンドを見に来た
僕の中では紛れもないロックスター。
彼らは僕の世界をガラッと変えてくれた
このバンドのライブに足を運ぶのはもう何回目だろうか。今日はどんなLIVEをするか楽しみに待っていた
LABORATORY’Sの初の1st EP 「平成デモクラシー」をひっ下げてのお祭りだ

全5バンド、LABORATORY’Sはトリ
メンバーが集めた心地の良いバンド達の演奏が終了

さて、とうとうLABORATORY’Sの登場だ

SEの サン・トワ・マミー/越路吹雪 と共にドラムス、ぽんくん、ギターコーラスの将汰さん、ベースのふうたくんがステージに上がり、最後にボーカルの江川 樹さんが登場だ
江川さんの手が上がりSEが止まった

ギターがAコードをかき鳴らす!
ドラムの開いたハイハットのスリーカウント!

1曲目は”Love Great Baby Tender”

始まった!1曲目からキラーチューンを飛ばしてくる
レスポールの厚い弾丸のような印象的なギターリフから幕を開けた
《LOVE is free 僕の心よ君まで 死んだっていいよ 君がそばにいるなら
普通が大好きなパパやママはいらない そう、これは ”Love Great Baby Tender”》
愛は自由でしょ!そんな熱いメッセージが伝わる彼らの代表曲だ

続いて2曲目は”ダニエル・ジャックの冒険Ⅱ”

当日発売した「平成デモクラシー」に収録されてる曲だ
イントロでノンノンノノノンと叫ぶLABORATORY’S
まるでNew york dollsを感じさせるかのよう新しいポップナンバーだ
メロディはキャッチー楽器隊はがしっかりしていて綺麗な音楽だ
《仮に頭を打って死んだって、流れ出した脳を引きずって、あの頃のあの子に会いにゆくんだ》
《偏屈なTake2を愛して欲しいんだ》
歌詞は作詞の江川さんの過去に対する落とし前を付けるような曲であろうか、そんな感じがした

3曲目”リベラル”

これはLABORATORY’Sが日本政治に戦いを挑むような曲だと勝手に解釈している
ベースの歪んだ音のスラップから始まるイカす曲だ
《何にも知らない奴の 声が頭に響いて自然を壊す
民放なにかを流して フィクションじゃなけりゃなんでもいいよ
メイン通りを目指して 脇道にそれて見捨てたゴミは
外ブラボウフラ同じあなたの顔にとても似ている》

LABORATORY’Sの名物といえばこれこれ
間奏でボーカルの江川さんが新聞をビリッビリに破く
そのパフォーマンスは誰もが目を釘付けにされただろう

MCを挟んで次の4曲目”レイリー”

作詞作曲はドラムスのぽんくん
ラヴソングなのかこれは
優しいメロディ、半音下げの弦楽器隊の色がセンチメント感を引き出し会場をふわっと包み込む
《レイリーこんな夜はベイビー 大袈裟な夢を見よう
こんなもんだ こんなもんだ なんてそんなもの僕には要らないよ
ああ、幸せなんて何処にもないじゃないか 君がいればいいんだレイリー 世界の真ん中に居て》
アウトロのベースソロ、ふうたくんが鳴らすハイポジションの単音。この曲のベースソロは素敵で一番好きかもしれない

チューニングタイム、MCを挟み「ラブソング歌っていいかい?」と江川さんが言うと、コールアンドレスポンス
Gコードを煌びやかに鳴らし閉じたハイハットのスリーカウント
《ああ、君とか 世界とか東京だとか いくらでもよこせセンチメント これが最後のラヴソング》
大合唱のメロディ、会場全体が拳をあげる

5曲目”平成最後のラヴソング”

勢いのあるパンクナンバー、サビは大合唱
間奏の《all you need is love!all you need is love !all you need is love! all you need is love!all you need is love! 僕はそうは思いません、僕はそう思いません!》
all you need is loveという言葉を皮肉る歌詞
叫ぶ一同何故だか涙が止まらないこれが正義じゃなくてなんなんだと心から言える曲だ
最後のサビ
《ありがとう、これが最後の反撃さ 死ぬ前に少しだけ 息しなきゃいけないから
そう、今でも君が身体に流れてる つぎのをよこせそうしねえと この唄は終わらない 最後のラヴソング》
会場の大合唱、ライブハウス全体を巻き込んだ LABORATORY’Sのグルーヴ
アウトロのツービートを刻み大爆発し終了

メンバーが退場する

これで終わりかと思いきや会場に響き渡る軍歌
しばらくすると声が入る
「この音楽業界に開戦宣言をする」彼の声だ
よく覚えていないがこの世に対する皮肉を口走ってたと思われる
そして再びLABORATORY’Sの登場だ

アンコールを求めていた聴衆に「LABORATORY’Sにアンコールはない、俺らはやりたいことをやるから、お前らも各々好きな事をやってくれ」江川さんがそう喋ると始まった。これは僕の一番好きな曲だ

最後の曲”LABORATORY’Sのテーマ”

ベースのふうたくんがマイクとともにステージを降りて客席の方へ、江川さんは客席にあったイスに起立
毛皮のマリーズのジャーニーという曲と同じイントロで始まった、今回はそういう仕様だったらしい
《今から3つだけ僕と約束しよう これはほんとに小さなことだけど
1つ目は服と髪は憧れのやつをパクれ でも言葉だけは何者も真似るな
2つ目は先生の言うことはちゃんと聞け 大人の矛盾をひとつでも逃すな
それで最後だぞこれが 先人を食ってかかれ今だ!
読んでるジャンプなんか捨てろ!君が主人公だってことを忘れるなよ!》

LABORATORY’Sと約束をさせてくれた曲 約束の内容がこれからの人生お前はこれだけ守ってれば大丈夫だぜ、そんな声をかけてくれるようなナンバーだ

《HOW would i know 僕らは戦うぜずっと
妄想本当になる その時を待ってる

ああ I know 僕らがヒーロー
悟空より強いぜだって君もいることだし》

最後のサビにこのメッセージを残しメンバーが退場し今度こそ本編が終了した。
どこよりも美しく汚い40分間
圧巻であった、彼らがやりたいことの全てが伝わった気がした。
パンク、ロックンロール、平成を終わらせたくない
そう掲げるバンド、LABORATORY’S。

彼らはこれからもっと面白い企画を実現して行くだろう。
宣伝ではないが2019年4月30日に千葉のスタジオペンタ千葉Ⅱにて LABORATORY’S ワンマンライブ ’’平成決起集会’’が行われる。彼らだけではないであろうか平成という時代にこれだけかけているバンドは。
ここの読者も今しか出来ないこと、今しか見れないLABORATORY’Sを見て欲しい
誰しも勇気が貰える、元気が貰える、日々の鬱憤を晴らすのには丁度よすぎるのではないか。

2018年12月21日に千葉にて最高のライブをした彼らがこの音楽業界に知れ渡る日はそう遠くないだろう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい