2139 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

彼らの歌は私のもとに届いた瞬間、私だけの歌になる

[ALEXANDROS] と私の話

「昔の曲のほうが好きなんだよね」
あるアーティストのファンを長くやっていると、そう思うこともあるのではないだろうか。

私にとっての[ALEXANDROS]もそうだった。

高校生の時、ちょうど[Champagne]から[Alexandros]に名前が変わるころ、彼らの音楽に出会った。

高速の英語歌詞と、かっこいいギターサウンドと、強気な言葉と。
すべてが魅力的だと思った。
それこそが[Alexandros]らしさであり、そんな彼らが好きだと思った。

以来、彼らは私にとって一番好きなバンド。

しかし、最近リリースする曲に関しては若干の違和感を覚えていた。
なんか丸くなったというか、らしさを失ったというか。
古参ぶってるとか、そういうことではなく。

「ドロスも好きだけどやっぱり私はシャンペ時代のほうが好きだったかな」なんてことも思うようになっていた。

そんな考えが覆されたのが、今回のSleepless in Japan Tour。
2019年3月13日の横浜アリーナ公演でのこと。
 

[Champagne]の頃の曲のほうが好き、と思った理由のひとつは彼らの「強気な言葉」にある。
もちろん改名後にリリースした歌も、強気なことに一切の揺らぎはないと思う。

それでも、特に改名前の彼らの歌に、私は背中を蹴り飛ばされるような強さを感じていた。

例えば、今回のライブの中で「久しぶりの曲やってもいいですかー!!」と言って始まった、Kill Me If You Can。その歌の中にこんな歌詞がある。

“You’re the only one to save yourself When you are drowning undersea
No one’s gonna be a hero diving into Disaster you hold on”

どんなにつらくても誰も助けてくれない、自分を助けられるのは自分だけだ。だから甘えるな、「殺れるもんなら殺ってみろ」という覚悟で進むんだ。と。

この歌はきっと彼ら自身の歌で、彼らはそんな覚悟を持って、目標に掲げる「世界一」に向けて歩み続けてきたのではないだろうか。

無責任に励ましたりはしない。 彼らは彼らの歌を歌う。
ポジティブを押し付けない言葉が心地よい。
背中を押すのではなく、蹴っ飛ばしてくれる彼らの音楽が好きだ。

時には“[What I want] is [What I’ll get]”(For Freedom より)と眩しいほどの自信に満ちた言葉で、
そして時には“Nobody’s gonna bring you up Nobody’s gonna back you up”(city より)と戒めるような言葉で、私の背中を蹴っ飛ばす。

一見厳しく聴こえても、その言葉の裏側には、彼らの感じてきた悔しさや葛藤のようなものも見え隠れする。
それでもなお、強い言葉を吐く。

きっと、これが私が感じていた[Champagne]らしさで、そんな姿にずっと憧れてきた。
その強い言葉に支えられてきた。
そして今回のライブでも変わらず、彼らが吐いた強い言葉たちは私の背中を存分に蹴っ飛ばした。
 

しかし今回私は、それだけではない彼らの新たな一面を見た気がした。
それは、寄り添う、ということ。

Your Songという歌がある。
ある人によって書かれた「とある歌」が、誰かのもとに届くことで「君の歌」となり、「君」のそばでずっと鳴り続ける、という歌詞。

「無責任な 励ましは嫌いだけど」と言いながらも、「世界中の誰もが敵でも 僕は味方さ」とストレートな言葉で励ます。

いつも背中を蹴飛ばす彼らが、この歌ではそばに寄り添ってくれた気がした。

彼ら自身を歌う歌ではなく、「君」に歌う歌。
ある意味、らしくないのかもしれない。

「川上洋平という人が書いた歌も、[ALEXANDROS]というバンドが歌う歌も、君のもとに届いたら君の歌」
というメッセージが込められたようなこの歌。

思えば、これまで彼らは歌うことで聴き手にメッセージを届けることはあまりしてこなかったように思う。
彼らは彼らの歌を歌い、私はそれを受け取り私なりに解釈してきた。

そうしてきたことを、この歌が肯定してくれたような気がした。
これまでの歌も、これからの歌も、私のもとに届いたら私の歌になる。

時には背中を蹴飛ばしながら、時には優しく寄り添いながら、私のそばで鳴ってくれる。

Your Songには、[ALEXANDROS]が歌うすべての歌に新たな輝きを与えてくれるような力があると思った。

そんなことを考えながら聴いていたら、思わず涙がこぼれた。
 

[Champagne]時代のようながむしゃらな強さだけではない、聴き手に寄り添うやさしささえも感じさせてくれる音楽。

彼らの歌が聴き手に届いて、「君」の歌になることで、強さとやさしさの輪を広げていく。
彼らのための歌から、彼らと彼らが愛するファンのための歌へ。
まぎれもなく、これが、今この瞬間の[ALEXANDROS]の魅力なのだろう。

変わらないものはないし、彼らもきっと変わっていく。
追いかけ続けていかないと、変化に置いて行かれる。

それでもなお、これからも、これまでと変わらず、彼らの歌を、私の歌として聴き続けたい。
彼らの持ち味も、柔軟な変化も全部まとめて愛していきたい。

「世界一」になるその日まで、私は彼らについていきたいと、改めて思わされた。
 

さて、ここまでは「私の歌」の話。
「君の歌」はどんな歌?

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい