2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

そのウイルスは安心感をもたらしてくれた

星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』に寄せて

星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』に参戦した。
強く印象に残った二つのことについてここで書かせてもらいたい。

まず源さんの著書「そして生活はつづく」で彼が言っていた「人はひとつにはなれない」ということが、その著書の頃からは音楽的にも大きな変化を遂げ、規模も大きくなったPOP VIRUSのライブでも表現されていたのが印象的だった。
いつ頃からかわからないのだが、団体で一つにまとまって動くことを強いられるのが、たとえその場ではさほど問題なくできても苦痛に感じることが毎回ではないものの増えた。自分という“個”を大げさに言えば0に近づけつつ団体というもので1に近い状態にするような感覚があるため、自ずと自分をあまり出せないような息苦しさを感じることもあった。
だから「そして生活はつづく」で「人はひとつにはなれない」と源さんが示してくれたことは、団体行動を苦手に思うことも別に間違ったことではないと示してくれて、前回ツアーContinuesは一体になるということを重視せずとも、演奏される音楽に各々の楽しみ方をして一緒にライブを楽しむという形を教えてくれた気がした。アルバム『POP VIRUS』に収録されており、今回のツアーでも演奏された『肌』にも
どんな 近づいても 一つにはなれないから 
という歌詞がある。
そして今回のライブで源さんが弾き語りをした「ばらばら」にも
世界は ひとつじゃない
ああ そのまま ばらばらのまま
世界は ひとつになれない
そのまま どこかにいこう
という歌詞がある。
「ばらばら」が生まれた頃から今回のツアーまでの間は目まぐるしく源さんの環境は変化したはずなのに、一途に「人はひとつにはなれない」ということを今回のライブでも表してくれたことは私に安心感をもたらした。源さんのライブにわくわくして気持ちが昂る中でも、普段の生活を思い出して今演奏されている源さんの音楽は私の心の拠り所だなと安心したのは不思議な感覚であった。

そして『Pair Dancer』のダンスに心の底がじんわりとあたたかくなった。ツアー終了後、「ダンスを見てもらいたかった」という話が源さんのラジオでされたように、ダンスにフォーカスがあたった演奏であった。
先ほど出てきた「ひとつになれない」という感覚は、集団の中でも“個”でいられる快適さをもたらしてくれる。だが、その一方で孤独を感じさせる原因になるときも私にはある。『Pair Dancer』は、CDで聴いたときから、音数の少ないシンプルな構成であるからこそ、寂しさを感じる心を優しく温かく包み込んでくれるような感じがした。
そしてライブのダンスの中では、二人のダンサーの一方がもう一方を優しく包み込む振り付けがあった。聴いて感じていた包み込まれる感覚というものを、視覚的にも表現されたことで、その感覚が増幅し涙腺がゆるんだ。本当に素敵な演奏だった。

楽しさも安心感も、これからを生きる力もくれた。
POP VIRUSというアルバムとツアーに感謝を込めて。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい