1780 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

プレゼント

BUMP OF CHICKEN 『Aurora』

3月14日のこと。
バレンタインのチョコをあげた訳でもないのに、なぜかホワイトデーにプレゼントのようなものがきた。
そう、BUMP OF CHICKENの最新情報の数々。
中でも、ずっと待っていた新曲 Aurora のMV。
悲しさの中に強さを感じさせるその曲と映像は多くのファンに衝撃を与えたことだろう。
そんな時、一つニュースが耳に飛び込んできた。

中学の頃の部活動の顧問の先生が今年を持って異動になるということ。

いつかきてしまう。そう思っていたものの、いざその時を迎えると寂しくて仕方なかった。

『もうきっと多分大丈夫 どこが痛いか分かったからね
自分で涙拾えたら いつか魔法に変えられる』

きっとこれからも大丈夫だろうと何度も唱えた。
痛いのは間違いなく心。
だけど、涙ですらいつか力になる。

『溜め息にもなれなかった 名前さえ持たない思いが
心の一番奥の方 爪を立てて 堪えていたんだ』

異動を聞いたときの先生に寄り添えなかったこと。
複雑な思いをずっと悔やんでいたこと。

『考え過ぎじゃないよ そういう闇の中にいて
勇気の眼差しで 次の足場を探しているだけ』

無力な自分を悩む毎日、だけどそういうモヤモヤした思いから本当の正解を探しているだけ。

『諦めなかった事を 誰よりも知っているのは
羽ばたいた言葉のひとつひとつ 必ず届きますように』

その正解が見つかった。諦めなかったことを誰よりも知っていたのは紛れもなく自分であったこと。
会いに行こう。その言葉ひとつひとつが必ず届くことを信じて。

『もう一度 もう一度 クレヨンで この世界に
今こそ さあどうぞ 魔法に変えられる』

再び、あの頃の思い出を。
今こそ流した涙を力に変えるとき。

そして、会いに行った。
 

当日、そもそも今日いるかいないか。
アポなしで一か八かの賭けではあったが、
その予想ははズバリ的中。

そこにかつてと全く変わらない先生の姿が。

長くは話せなかったが、当時の思い出などを振り返りながらそのひとときを楽しんだ。

『またどこかで』その言葉に勇気をもらった。

帰り際、同時にAuroraが頭に流れただろうか。

『ああ、なぜ、どうして、と繰り返して
それでも続けてきただろう
心の一番奥の方 涙は炎 向き合う時が来た』

葛藤の中、只管歩く。歩く。
これからへの思いは情熱と化した。

平成最後の思い出
背景にAurora

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい