1940 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

いつもそばにいたのは空想委員会の音楽だった

ラストワンマンツアー「結び」および番外編「〆」を観て

2018年12月6日、空想委員会から予告されていたお知らせは、ラストワンマンツアー「結び」をもって現体制での活動を終了するというものだった。

混乱して言葉にならなかった。HPに掲載されたメンバーのコメントを何回読んでもそう簡単には理解できなかった。

*以下の文章には多少セットリストに触れる記述があります。

発表後から何本かライブはあったが、理由を深く語ることはなく、拍子抜けするくらいいつも通りだった。本当に終了してしまうのか…いろんな思いを抱えたまま迎えた初日の千葉LOOK公演。フロアに集まった人達からは緊張や悲しさが隠し切れないままにラストワンマンツアーは開幕した。空想委員会のライブでは初めにinstrumentalの曲がSEとして流れる。このツアーのSEは今まで発表してきたすべてのinstrumentalをミックスしたものだった。これまでの思い出が一気にフラッシュバックして心臓がぎゅっとしているなか、メンバーが登場した。一瞬の静寂の後、一曲目に演奏したのは「春恋、覚醒」だった。しんみりとはさせねえよ!と言わんばかりにフロア全員と盛り上がれる曲を立て続けに演奏し、最初のMCへ。不思議なくらいいつも通りだ。楽しい。懐かしい曲や初披露の曲もあり、今までの歴史を網羅するようにたくさん演奏してくれた。最後のMCになってやっとVo/Gt三浦隆一(以下、三浦)が終了する理由を話し出した。来てくれたひとりひとりにちゃんと伝えようと一言ずつ、丁寧に。内容については触れないが、やっとここで終了する理由に納得できた。「これからありがとうを伝えに全国をまわります。空想委員会を愛してくれてありがとう」本編ラストは三浦が唯一自分じゃない誰かのために作った曲「エール」だった。曲最後のフロア全員でのシンガロングはとても美しい響きだった。居残り(空想委員会のライブでのアンコールの呼び名)コール後に、戻ってきたメンバーは話すことはせず、「シリウス」から「マフラー少女」を演奏した。三浦が大学時代に作った、空想委員会のはじまりの曲だ。終わってしまう。曲の終わりにいくにつれて寂しくなってきてしまった。演奏を終えると、ステージギリギリに立った三浦がマイクを通さずに「またどこかで会おうな!」と言って去っていった。あくまでも現体制での活動終了なのだ。大丈夫、また会える。遠い未来を楽しみにしていてもいいのだと思えた。

「結び」ツアーの最終日、3月31日ヒューリックホール公演が当初の予定での最後の公演だったのだが、会場の都合でジャンプが禁止になってしまったので、完全燃焼で終わらせるために4月1日に番外編の「〆」を開催することになった。楽しかった!で終わりたいのだろう。空想委員会らしい。

ヒューリックホール公演はLINE LIVEでの配信があったので観た人も多いと思う。配信できるように尽力してくれた社長(兼サポートDr)には感謝しかない。ジャンプが禁止の中、最初の曲は「エンペラータイム」だった。Gt佐々木直也(以下、佐々木)が「ジャンプするなよー!」と言ったのには笑ってしまったが、客席全員が跳ぶのを我慢して、拳を突き上げてライブを全力で楽しむ姿は圧巻だった。セットリストには「空想ディスコ」もあったが、もちろん跳ばずに楽しめたのはとても新鮮だった。居残りではメンバーそれぞれの思いを伝えてくれた。Ba岡田典之(以下、岡田)が言葉に詰まって涙してしまう場面にはつられて泣いてしまった。ホールに響く「エール」のみんなの歌声がとても美しく、素敵な光景だった。居残りダブル(ダブルアンコール)もあり、「マイヒーロー」で静かに、優しく私達の背中を押して「結び」の幕を閉じた。終わった後は、涙が止まらなかった。本当に終わってしまうのだと痛いほどに実感してしまった。しかしながら、翌日の番外編もある。最後まで見届けなければ本当の意味では終われない。

4月1日、全部エイプリルフールの嘘だったらいいのに…なんて思いながら下北沢GARDENに向かった。ここは空想委員会がメジャーデビューを発表した思い出のライブハウスだ。跳びはねるために急遽追加した公演だから、きっと楽しく締められると期待しながら始まるのを待った。暗転して流れてきたSEは「Regulus2018」だった。空想委員会の初期の頃のSE「Regulus」をリアレンジした一番新しいSEだ。過去と未来をつなぐ曲。一曲目は「劇的夏革命」メンバー全員が最初から跳びはねて「かかってこい!」と煽られたらもう全力で跳ぶしかなかった。5曲目まで夢中で跳んだり手拍子したり全員で歌う曲が続いて、最高に楽しくて目が離せなかった。「今日は俺らのためにやるから」と佐々木。最後だからこそ自分たちがやりたいようにやる。観ていて3人とも本当に楽しそうだった。ずっと全力疾走のように曲は進んでいって、本編ラストは「空想ディスコ」最後まで楽しませて、寂しいとか悲しいって思わせる隙も与えてくれない。居残りの「マフラー少女」の間奏中に三浦がフロアを見渡して優しく「歌って」と言ってみんなで歌った。みんな歌える大好きな大切な曲。みんなが歌う姿を見ていた三浦の顔はとても満足そうだった。居残りダブルは「エンペラータイム」だった。前日のヒューリックホールでの一曲目と同じだ。歌詞には「いつも僕は君のそばにいる」とある。活動が終了しても、音楽は消えない。ずっとそばにいてくれるのだ。そう思ったら自然と笑顔になれた。寂しさはもちろんあるが、いっそ清々しい気分だった。

終演後、会場には「完全犯罪彼女」がBGMとして流れた。誰からというわけでもなく、その場にいた全員が歌いだした。歌詞も手拍子も手を挙げるのもコーラスも完璧だった。愛にあふれたその空間が幸せで、泣きながら、でも笑顔で歌った。歌い切った後に、また3人が出てきてくれた。前日のヒューリックホールのときには涙を見せなかった三浦が泣いていた。ファンの人たちの愛と感謝が伝わったのがわかって嬉しかった。忘れられない、最高の「〆」になった。

今回の最後のツアーは、彼らが関わってくれたすべての人達に「ありがとう」を伝えにいくツアーだったのだが、ありがとうと言いたいのは私の方だ。大袈裟ではなく、空想委員会に出会えて人生がかわった。一緒にいろんな景色を見ることができた、かけがえのない存在。これからも空想委員会の音楽を聴いて、三浦・岡田・佐々木のそれぞれの活動を応援していこうと思う。いつかの、その日まで。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい