2491 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ヒトリエが聴きたい

ヒトリエに出会った日

「あなたの好きっていう直感は絶対だから」
あの日、ライブハウスであなたが言った言葉がお守りになっている。

気がつくと、音楽を聴いていなかった。ラジオからふと流れる音楽やCMで流れる音楽が耳に残っても、曲名もアーティストも気に止めることがなくなって何年も過ぎていた。
それがふいに「なんか新しいのが聴きたい」と思ったのがはじまりだった。
思うままにTSUTAYAやネットを見て回って、そうしてYouTubeで出会ったのが『トーキーダンス/ヒトリエ』のMVだった。
耳と目を奪われて、次々と彼らのMVを追った。
CDを買い漁った。
ヒトリエの音楽を聴くと、言葉の意味より先に感覚が反応する。すごい質感が押し寄せてくる。
「切ない」という言葉の意味を脳が意識するより前に鳩尾の奥がぎゅっとする。それから脳に「切ない」が届く。そんな感じ。
あのときまっさきにとんできたのは痛み。心臓のはじのほうで、ベリベリとかさぶたを剥がされたような痛みだった。
生きていると、とりあえず気持ちに蓋をしてやりすごすことがたくさんある。好きと言えなかったものも嫌いと言えなかったものも、傷つきたくない一心で蓋をしてしまってしまう。
そうして蓋をしまくって過ごしているうちに、人間はすごいもので、その存在を忘れた状態で生きていける。脊髄反射みたいに蓋をして他人事にして。
その蓋を、音が声が引き剥がした、ような気がした。
どんなに蓋をしても、忘れられた何かはどこかに溜まり続ける。無意識に抱え込んでしまった、どうしようもない、吐き出しかたもわからなくなってしまったなにか。
それをたった1曲でわたしに突きつけたのが、彼らだった。
とんでもないもんに出会ってしまった。
今さら、こんな年になって。ぶっ刺さるとか。
彼らの音は、唄は、いつも容赦がない。
痛みも苦しさも哀しさも苦さも切なさも輝きも、ありとあらゆる質感がものすごくくっきりと、奥の奥にまで届いてしまう。
瞬間で感覚の解像度が数段上がってしまうほど繊細で、残酷なまでに真っ直ぐで涙が零れるくらいやさしい。
ライブとなれば、その熱も鋭さも圧もとんでもない質量でとんでくる。
踊り狂え、唄え、叫べと彼らは鳴らす。唄う。肌がビリビリする。
すきもきらいも、抱え込んだなにかも、痛みも息苦しさも愚かさも、全部、ここなら吐き出せる。
解放感がすごい。
痛いけど、苦しいけど、圧倒的に気持ちいい。
すっごく楽しい!!めちゃくちゃカッコいい!!
仕事やら家事やら雑事満載の細切れの日常も、社会とか世間とやらに振り回される、不甲斐なさもどうしようもないやりきれなさも、どうにかなってしまいそうな苛立たしさも変わらない。
世界も自分もそう簡単には変わらないし、変えられない。自分はいつもへこたれてるし、世界はいつもしんどいままで。

でも、あなたが唄うライブハウスは、真っ直ぐで透明な、凛として鋭くて繊細な、とんでもなく熱くてしあわせな場所だった。

あの場所で、もうあなたに会えない。かなしい。
ただただ、かなしいよ。
wowakaさん。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい