2219 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「ORANGE RANGEが関西に来るって」

あの日の私を褒めてあげたい

ORANGE RANGEと聞いて、大体の人はきっとこう思うと思う。

「えっまだ活動してるの?」「消えたと思ってた」

これは実際に私が「ORANGE RANGEが好き」と言うと周りの人に言われてきた言葉であり、また自身も思っていた言葉である。

テレビで見ない日は無いと言っても過言ではなかった彼ら。
私は姉がORANGE RANGEのCDを買ってMDに取り込んで、
車で出かける時には当たり前のように流れていて、
正しい歌詞は分からないまま、でも楽しくてノれるので自分が聞こえたままの歌詞で歌っていた。
papaなんて小学校低学年の私には特に意味が分からなかった
(後に歌詞を見ても難しい)(だがそれが魅力)(だと思う)
学校の給食時間の放送で流れていた人達もいるのではないだろうか。
「僕らはいつも死んでいるし〜〜!」なんて空耳も流行っていた。
 

そんな彼らが気づかない間にメディアから姿を消していた。
ファンはきっとずっと追っていたのだろう。
少なくとも私は見ないようになっていた。
大きくなるにつれて周りでORANGE RANGEの名前を
聞くことは無くなっていた。

18歳の頃、私は韓流アイドルにのめり込んでいた。
チケットを取る為、様々なチケットサイトを見ていたその時に、
懐かしい「ORANGE RANGE」の文字を見つけた。
その後には神戸公演と書いてある。
自分の住んでいるところから電車で簡単に行ける距離で、
あのORANGE RANGEがライブをする。
信じられなかった。
すぐにその場にいた姉に「ORANGE RANGEが関西に来るって」と言った。
「まだ活動してたん?」「消えたと思ってた」
初めに述べたこのセリフがもちろん会話に出た。
「でも、なんか1回は見ときたくない?」「確かに。」
小さい頃から彼らの歌を耳にしてテレビで見ていた彼らを
生で観れるなんて、そんなこと起こると思っていなかった。
姉も賛同してくれたので、すぐにチケットを取った。
 

ところがよく見るとそのライブは新アルバム「TEN」のツアーだった。
慌ててCDショップに走ってそのアルバムを買った。
すぐに携帯に取り込み、イヤホンを耳にして流れ出したのは
「リアル・バーチャル・混沌」だった。
音楽のことなんて何1つ分からない、でもただただこの曲は
リズムがかっこ良くて耳に残る。すぐに心を掴まれた。
中毒性がある彼らの曲を思い出し、懐かしくなった。
前奏が終わり中音→高音→低音の順でボーカルの声が流れ出した。
そうそう、ボーカル3人の珍しい形だったなとまた懐かしくなる。

1曲目が終わり、2曲目の「We got the Power」を聞いたところで
「何これ今のORANGE RANGEめちゃめちゃかっこいいやん…!」となった。
そのタイミングで次に流れてきたのは
「SUSHI食べたい feat.ソイソース」だった。
この曲はTwitterでバズっていたので知っていたが、
フルで聴くのは初めて。いざ聴いてみる。
 

狂っているという言葉がまず第一に来てしまった。
もちろん褒め言葉である。
寿司食べたいという歌詞をこんなにかっこよく歌える人を私は見たことがない。
中毒性どころじゃない、寿司が嫌いな私でさえ口ずさみ、
両親から「あんたお寿司好きやったっけ?」と言われる始末である。

その後もどんどん曲を聴いていく。
移動時間ももちろん聴いていた。
初めてアイドル以外のライブに行くので服装や持ち物も
必死に調べた。
ライブでちゃんと一緒に楽しめるように必死だった。
 

そして2015年9月24日 神戸国際会館こくさいホール
ついにライブの日がやって来た。
年齢層が様々なことからORANGE RANGEの歴史を感じられる。
なんとか肉眼で観れる距離の席だった。
うちわを持たない、ペンライトも持たない。
初めて手に何も持たないライブで私はそわそわしていた。
会場が暗くなり、音楽が流れ、ついに小さい頃にテレビで観ていた彼らが私の前に登場するー。
 
 

4年前のことなので正直詳しくは覚えていない。
だがその次の日にすぐに彼らのファンクラブに入ったのは覚えている。
ファンクラブ限定ツアーがあると知ったからだ。
今入れば間に合う、すぐに入会した。
自分でも面白いほどにまんまとハマっていた。
韓流アイドルにしか興味が無かった私が、まさか今
ORANGE RANGEにハマるなんて自分が1番びっくりした。
あの日私がチケットサイトでORANGE RANGEの名前を
見つけていなければ、
確実に彼らのライブに足を運んでいないと思う。
今現在私はORANGE RANGEのライブに行きたいが為に
1人で遠征するようになった。
どこへ行くにも誰かがいないと怖がっていた私が
今や1人でバスの予約を取り、ホテルを取り、彼らに会いに行く。
あの日がなければ今の私はいないのだ。
 

これを書こうと思ったのは、誰かにこの文章を読んで
ORANGE RANGEのライブに行って欲しいと思ったからではない。
そんな魅力のある文章を私には書けない。
でも、どうしてもORANGE RANGEのライブで人生が変わったことをどこかに残しておきたかった。
 
 

「止まらぬ初期衝動 夢中にさせるよ」
 

ORANGE RANGE 10枚目のアルバム TEN から
「Sky High」より
 
 

あの日ライブに行くと決めた私よ、4年経った今
もっと私はORANGE RANGEに夢中になっているよ。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい