2106 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私の生きる勇気。

ハジ→ / 人生ってなんだろう 生きるってなんだろう

 

私は3年前のある日
 

一人のシンガーソング・エンターテイナーと出会った。
 

本当に、真っ直ぐな歌詞とメロディを届けてくれる。
 

サブタイトルにもある
 

『 人生ってなんだろう 生きるってなんだろう 』
 

この一文も彼の歌にある歌詞の一部。

生きていく上で誰もが一度は感じた事があるであろう
気持ちや不安を、綺麗事で取り繕う事なく
彼の暖かさと愛と経験で、皆に勇気を与える
応援歌へと変えてくれる。
 
 

彼の名は
 
 

〝 ハジ→ 〟
 
 

仙台出身のシンガーソング・エンターテイナー。
 

そんな彼との出会いはYouTube。
 

どん底にいた私がたまたま目にした物は
とある楽曲のPV。
あなたへのおすすめ に出てきたのが始まりだった。
 

初めて聞いた時
 

何かに惹かれ
 

物凄く、歌詞に共感した。
 
 

『 この世界中 どこ探しても
君の代わりなんていないんだよ
君にしかなれない 君がいるんだよ 』
 
 

そんな事言われなくても分かっている。
 

皆、分かっているはずなのに
 

大事な事なのに なぜか忘れてしまう。
 

それを、彼は歌で気付かせてくれる。
 

当時の私は
歌なんて受け入れられなかった。
 

歌を聞きたくなかった。
 

所詮、勝ち組程度にしか思っていなかったから。
 

でもなぜか、彼だけは違った。
 

彼の言葉や歌詞はスっと心に入ってきた。
 

自分でも本当に不思議な感覚。
 

どうにかこの状況を打破したくて
必死だった当時の私は 彼のLIVEに行く事を決めた。
 

直接的な面識はないし
 

話を聞いてアドバイスをもらう事は出来ないけど
 

正直、心のどこかで彼の歌に救いを求めていた。
 

生で見たら何か変わるかもしれない。
 

変わりたいけどどうすることも出来ず
もがき苦しんでいた自分の人生観を
歌で変えて欲しい。
 

そんな勝手な想いすら感じていた。
 

情けない。
 

身勝手。
 

分かっていた。
 

でも、彼の飾らない言葉と真っ直ぐな歌詞に
少しだけ未来を信じる事が出来る自分がいた。
 
 

そして、迎えた初めてのLIVE 。
そもそもLIVE自体が無縁だった私には
初めて見る景色がほとんどだった。
 
 

彼の歌を聞きに来た会場いっぱいのファン。
 
 

それぞれ色が違うペンライトの光。
 
 

曲に合わせて変わっていく照明。
 
 

さらに私は、そこでたくさんの景色をみた。
 
 

アップテンポな曲に
ペンライトやタオルを振って踊っている人。
 
 

バラード曲にタオルで顔を隠し涙している人。
 
 

胸にペンライトを当て、ステージをじっと見て
小さくリズムを取りながら静かに聞いている人。
 
 

それとは対照的に
しゃがみこんで泣いている人。
 
 

そしてその日のLIVE終盤。
 
 

ステージ上の彼の口から
この後ハイタッチが出来ると発表された。
 

その瞬間、周囲にいた人が急に泣き出した。
 

私自身もその発表だけで涙が出た。
 

LIVE中、ずっと我慢していた涙が
その瞬間溢れ出した。
 

そして、私も皆の列に並んでハイタッチをして
 

その日は帰ってきた。
 
 
 

その日の初LIVEから 少し時間は経って
 

1ヶ月後。
 

私は
 

前を向いていた。
 

何かに気付いたかのように
 

今まで
 

生存確認すら出来ないような状態だった時間を
 

必死に埋めるかのように
 

今まで生きてきた < 証 。 > を辿って
 

社会の荒波に飲まれていった。
 
 
 

それから3年が経とうとしている今。
 

良くも悪くも 当時よりは確実に成長出来た。
 

そして、この約3年間 彼の音楽と共に生きてきた
といっても過言ではない。
 

常に私の隣には彼の音楽があった。
 

まだ彼を目の前に話した事はないけど
 

いつか彼の前に立って
感謝を伝えられますように。
 
 

< 人生は素晴らしい物語。 > は、彼自身がこの曲を
描いた時、何も答えなんて見つかってない時だった
と話していた。願望を描いた歌なんだ。
私はこの曲で、自分の少し先の未来を信じる事が
出来たのと同時に、自分の力で、自分の行動で
良い未来にしたいと初めて思った。
 
 

< 証。 > は、彼の曲の中で唯一、最後まで
光が見えないまま描かれた曲。
初めて聞いた時は衝撃だった。
こんなにも綺麗事を言わず、ストレートに歌った
勇気づけられる曲が、他にあるのだろうかと。
私はこの曲に、何度も何度も何度も救われた。
悩みや迷いや苦しみは、意味の無い所からは
生まれないんだね。
 
 

< 10年前のキミへ。 > は、彼が10年前のどん底だった
自分に向けて手紙を書いた歌。
どん底から這い上がった自分から、当時の自分に
『 君の人生は 超 素晴らしい物語になってるぜ 』
なんて言われたら、勇気が出る。信じられる。
 
 

< おまえに。 > は、彼がどん底だった時に出会った
一人の友人へ描いたお礼の歌。
この人に出会った事で自分は変わった。変われた。
思い返した時に、自分にもそう言える人が
何人もいた事に気付いた。
 
 

あの時のあの人がいなかったら
 
 

あの日のあなた達がいなかったら
 
 

そして何より
 
 

ハジ→さんがいなかったら
 
 

今の私はここにいなかったでしょう。
 
 

この世にいなかったでしょう。
 
 

本当に
 
 

ありがとう。
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい