1856 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

時代が変わる音を聴いた

King Gnu『白日』生演奏・テレビ初披露という革命

「今、歴史が動いた」とリアルタイムで感じることなんて、そうそうあるもんじゃない。2019年4月26日、King Gnuが2回目の『Mステ』出演を果たし、『白日』を生演奏、テレビで初披露したこの日は、「時代が変わった日」として後世に語り継がれるだろう。勢喜遊の宣言どおりだ。
 

King Gnuのメンバー4人に、鍵盤の江﨑文武(WONK)という5人編成だった。

曲紹介に続いて、漆黒の闇に浮かび上がった井口理。いきなり透明感あふれる美声が響き渡る。その背後で江﨑文武が叙情的な鍵盤を重ねてきた。“天使の歌姫”がオーセンティックなジャズバーに光臨したかのような出だしだ。このイントロなしの美しいフレーズだけで、のっぴきならない切なさが提示される。ゴールデンタイムのお茶の間に、だ。

一般的なニューミュージックならこのまま哀愁ただよう歌と鍵盤の調べが続くはずだが、そこへ割り込んでくるのが勢喜遊の跳ねたり跳ねなかったり複雑なドラム。心地よい違和感と独特のグルーヴが生まれ、王道の歌ものなのに即興ジャズのごとく波乱に満ちたサウンドも同時に味わうことになる。

さらに常田大希のオルタナティヴなボーカルとギター、新井和輝の野太いベースも加わるBメロ。ここはロックバラード調といえるだろう。井口の高音コーラスも冴え渡る。このAメロからBメロへの展開だけでも、異なる2曲が錬金術師の手によって直結されたかのような驚きがある。
 

今回の『Mステ』では1番のAメロ・Bメロに、2番のサビが続いた。もはや3曲目といいたくなるサビでは、極端な音程の上げ下げが待ち構えている。極度に緊張していたはずだが、井口の音程には寸分の狂いもなかった。それどころか、超高音のロングトーンを美声のまま宇宙の果てまでとどろかせた(といっても過言ではない)。このスピリッツがロックである。

ここまで漆黒の画面には、最初の「井口&江﨑」を除いて、1人ずつ映し出されていた。暗闇に包まれると白っぽく見える服の井口と勢喜、黒っぽく見える服の常田・新井・江﨑という対比になっていることはわかったが、全体像はまだつかめない。

ところがサビの最後のロングトーンで白い太陽、まさに“白日”のような白い光がスタジオ上部に宿り、カメラがぐるりと転回。井口と常田が中央で背中合わせに歌っていたことが明らかになったのである。しかも井口は白、常田は黒に見える服。実際には井口が薄い水色のチェックシャツなど、完全に白・黒ではなく、“服も演出の一部”とは事前に予測させないほどの芸の細かさだった。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌として書き下ろされた『白日』。白なのに黒、黒なのに白、いずれにしてもグレーな後味が残る、それでも生きる……そんな混沌とした世界観が、歌詞やサウンドはもちろん、今回の『Mステ』の演出としても具現化されたことになる。なんとも優れた総合芸術だ。
 

間奏に入り、常田はギターをかき鳴らし、うなった。これはもう「ミュージシャン冥利に尽きる」という歓喜の雄叫びではないか?と密かに思った。そう、演奏も演出も良すぎるのだ。

背中合わせの井口と常田、Divided by 13のアンプを中央にして、勢喜と新井が向き合う配置だったこともわかってくる。この間奏はさながら4曲目。5弦ベースを前後に揺らし重低音を響かせる新井、東京事変の刃田綴色リスペクトというオープンハンド奏法の勢喜の見せ場でもある。

これまでに積み重ねてきた“寂寞”を根底から覆す陽気なフレーズを挟み、怒涛の展開パート。ここはさらに一部と二部に分かれる。一部では勢喜がシンバルを叩きまくるなど音数が非常に多く、騒々しい。一転して二部では引き算の美学が貫かれる。『白日』のMVのようなグレースケールの映像に切り替わり、“白日”めいた照明が再び頭上に灯った。

ラストのサビでは黒を背景としながらも明るさが増したカラー映像になり、全貌が露わに。最後の超高音ボイスが響き渡ったあとの静寂たるや……。1曲で何曲分のエッセンスが凝縮されていたのか?というほど展開がすさまじい、ほとんど組曲がお茶の間に響き渡った。
 

この圧倒的な才能を目の当たりにして、細胞が活性化された人も多いだろう。2月22日の『Mステ』初登場時には『Slumberland』で眠れる日本に「目覚めよ!」とぶちかまし、今回は目覚めるための起爆剤となる『白日』が投下されたわけだ。

優れた音楽がゴールデンタイムの音楽番組で演奏される。至って普通の話だが、実際には革命的な領域。その革命が実現された。このとき私は時代が変わる音を聴いた。King Gnuはこれからも歴史を塗り替え続けるだろう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい