2002 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

うつ病の僕とCIVILIAN

僕に差した一筋の光、CIVILIANが僕を変えてくれた

2015年秋、僕は動画サイトでひとつの曲と出会った。
それはテレビで見るような、ポップで前向きで、いわゆる「一般ウケ」するような音楽ではなかった。
「メシア」という曲は、とにかく歌詞もメロディーも暗い。
「できるだけ長く 首を絞めて 息を止めて 息を止める
死ねやしないけど 死ねやしないから
これじゃ許されないよなぁ」
これがサビの歌詞である。
暗すぎる。
メンヘラ?と感じる人もいるだろう。
普通の人には理解されにくい音楽。
そんな音楽が、僕の心に差した一筋の光だった。
当時僕は高校1年生。
毎日10時間勉強してやっと受かった高校は、僕の心をいとも簡単にぶっ壊していった。
毎朝5時起き、課題の山、ハードな授業、厳しい部活に帰宅は夜遅く、
僕は容量が悪いので先輩や教師によく怒られていた。
散々追い詰められた結果、僕はうつ病と診断された。
僕が選んだ道なので誰に文句を言うわけではないが、
それからの日々の景色は灰色だった。
診断されたからといって、学校に行かなくていい理由にはならないので、僕は薬を服用しながら高校へ通った。
僕が服用していた薬は副作用が強く、意識が朦朧としている中授業を受けた。
毎日死にたいと思っていた。
でもこの気持ちを共感してくれる人は誰もいない。
誰も、いないのか…。
そんな中、僕は動画サイトでひとつの音楽と出会った。
そう、それが「メシア」である。
聴き終わった時、呆然としてそのまま動けなかったのを覚えている。
なんか、ひとりじゃない気がしたのだ。
僕だけじゃない。
それでもこんなにも歌っている人がいる。
僕は、この人の音楽が好きだ。
素直に思ったのだ。
それからの生活には、Lyu:Lyuの音楽が必須となった。
精神的に限界で休学になった時も、
不登校になって引きこもった時期も、
僕はずっとLyu:Lyuを聴いていた。
彼らだけが、僕のことをわかってくれている。
彼らだけが、僕の理解者だ。
勝手にそんな風に思っていた。
しかし、彼らは名前を変えCIVILIANと名乗るようになった。
そしてメジャーデビュー。
ここまではすごいな〜くらいしか考えていなかった。
が、彼らのシングル「生者ノ行進」が僕を変えたのだ。
いきなり「オーオーオーオー」とシンガロングから始まるのだ。
そしてとても力強く前向きな歌詞。
「さあ 腕を振って
傷だらけの体で それでも 歌えよ
何もなくても 構わないから
僕等は 行くのさ 明日を夢見て」
この歌詞に僕は最初嫌悪感を示した。
「あ、メジャー行ったらこうなんのか」と。
僕みたいな野郎の気持ちを歌ってくれるようなバンドではなくなったのか。
結構ショックだった。
だけど、「僕はこのままでいいのか?」という焦りが生まれ始めたのも事実だ。
ともに苦しい道を歩いてきた音楽。それを作っていた人たちが急に遠くへ行ってしまった気がして。
しかし気づいた。
彼らはこのままではダメだと思ったから挑戦したんだ。
もっと多くの人に刺すために。
だったら、
だったら僕は…。
 
 
 

それからの僕は、色んなことに挑戦した。
と言っても引きこもりにできることなんて限られているんだけど、散歩して外の風を浴びてみたり。
人と話すのがとても怖かったけれど、
色んな人と接さなければいけない場に飛び込んで話をしたりした。
気づいたら人と話すのが楽しくなっていた。
彼らの出す新しい音楽に心打たれながら、僕も努力をし通信制高校に入学した。
そして単位を取り終え卒業を控えている僕は、
福祉系の大学に進学しようと思っている。
誰かの力になりたい。
そう思って必死に受験勉強をしている。
 

CIVILIANというバンドが、僕を変えてくれたんだ。
僕はそう思っている。
彼らは最初小さな規模で、刺さる人間にだけ刺さればいい。
きっとそう思って音楽を作っていたはずだ。
しかしもっと多くの人に届けたい。
そうして挑戦をしていったんだ。
その姿を見て僕はかっこいいと思ったし、僕も頑張ってここまで来れた。
そして彼らも、僕も、
こんなところで立ち止まるような人間ではない。
彼らはきっと、もっともっと多くの人間に刺すような音楽を作るだろう。
しかし、売れるだけの音楽ではない。
自分みたいに闇を抱えた、そんな人間の心にも刺さるような凄まじい音楽を。
僕はいずれ多くの人の力になれるような人間になる。
でもそのためには、彼らの音楽が必要だ。
絶望の闇からの出口を教えてくれたのは、
あんたたちだったんだ。
ありがとう。
僕は、これからもCIVILIANの音楽を聴き続けていこうと思う。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい