2106 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

新しい時代だからこそ今紹介すべきはUVERworld

彼らを前に諦めるなんて選択肢は存在しない

貴方はもう出会っていますか
沢山ある音楽の中で自分を支えてくれるような音楽に
 

小さい頃から音楽は生活の中に溢れていて
知らないうちに知らない人が作った曲をぼく達は吸収し続けている
知らないのに踊りたくなるようなわくわくする曲もあればなんだかわからないけれど好きになれない曲もある、そんな中でぼくらは好きなものを選んでは求めてを繰り返しそれを耳の奥深くまで届くようにスピーカーやイヤホンを使いより感じとろうとする

音楽には様々な力があって、背中を押してくれることもあれば優しく包み込んでくれたり時には新しい出会いをくれることや暗闇の中から救ってくれる程の大きなきっかけも与えてくれる。
音楽のない世界ではきっと生きられないだろう、とぼくは思う、それほど大きな存在ということだ。
 
 
 

そんな広く深い音楽という世界の中でぼくが飽きることなく唯一聞き続けているアーティストが存在する、それは

UVERworld

テレビなどで見ることはほとんど無いがフェスに出ればたくさんの人を魅了し濃く深い爪痕を残す力強いロックバンドだ

UVERworld のメンバー6人が表現する音楽は当時高校生だったぼくの奥底に眠っていた感情を目覚めさせる程の勢いがあり、ぼくにとってそれは初めての感覚だった
それまで聞いていたアーティストでは感じることの出来ない熱を彼らの音楽から感じたのだ
 
 

UVERworld が作り出す楽曲には普段口にしにくい言葉を強くはっきりと表現してくれるものがあり、言葉に変換するのが難しいような複雑な思いを明確にしてくれることも多い
 

そしてぼくが思うに UVERworld の音楽が響く人たちに共通しているのは
努力なしには叶わない夢や目標がある
ということではないか、と思う

現にぼくは UVERworld に出逢ってはじめて 夢や目標が出来た、というよりは元々持っていた夢に蓋をし続け自分には夢がないと思い込んでいたのかもしれない

そんなぼくは UVERworld に出逢うまで大きな夢を持つことがなかった、出来なかった
周りからバカにされたりするのが怖かったから、やってもないのになんだかできない気がして諦めていた。

しかし彼らは違った

彼らはただひたすら自分たちの目指す場所に向かって進み続けていた、誰に何を言われようと。
それが格好よかった、と同時に今まで見えなかった道を切り拓いてくれた気がした
誰かの意見で諦められるようなものは夢じゃない、そんなふうに感じた瞬間だった。
 

UVERworld に惹かれる理由がもうひとつある
それは ボーカル TAKUYA∞ の放つ言葉(メッセージ)だ

ライブの中でTAKUYA∞がMCで放つ言葉は力強くもあり、上手くいかない現実(今)に寄り添ってくれる優しさも含まれている、そしてなによりこれからの未来に希望を与えてくれる
今は納得いかない状況であっても未来には可能性があると全力で伝えてくれる、そんな熱い言葉や思いが目標や夢をもつ人たちの心に強く響き深く刺さる

そんなTAKUYA∞のMCが普段CDやスマホで聞く楽曲の魅力を最大限に引き出し、観客へ届ける、つまり、UVERworld の音楽はライブ空間でこそ完成する(生きる)
 

UVERworld がぼくらに向けて放つ言葉は 夢は必ず叶う ということではない、やりたいこと夢や目標があるならそれに向かって向き合えば向き合っただけそこに近づけるということだ、それがたとえやりたくないことであったとしても。そして、ただがむしゃらに突き進むのではなく、助走のために一歩下がってみるというような、冷静な判断も忘れてはいけないということ。
どれだけ挫けそうになってもまた前に進めればそれでいい、そんな言葉や表現が多い。
 

なにかに真っ直ぐ取り組むこと、向き合うことで素敵な人との出会いや素敵な人生を手にすることが出来るということ、夢を叶えるだけが幸せではない、ということをさまざまな角度から教えてくれる。
 
 

本当の幸せ とは何か

そんな答えの無い問ばかりが溢れる世の中で UVERworld は自分たちの目指す場所へ 自分たちの答えを見つけながら進んでいく
学校では教えてくれない、親だって知らない世界を彼らはきっとこれからもぼくたちに伝え続けてくれるでしょう
 

その中での通過点となる男祭り は UVERworld と そのcrew (ファン) との夢が叶う場所です。
男祭りは UVERworld と crewたちにとって特別な場所で、それぞれがいろいろな思いをもって集う場所です。
 

デビュー当時は99%のファンが女性だった
女性ファンに支えられているバンドだった

そんな UVERworld の初めての男祭りは 滋賀のライブハウスで行われ、その時の動員は230人。
そこから徐々に規模は大きくなり2017年2月。
さいたまスーパーアリーナで日本記録となる23000人を動員した。
UVERworld はたくさんの男性が惚れるバンドになった。
しかし UVERworld の挑戦はそこで終わらない。

平成から令和になったこの時代
UVERworld の次なる挑戦は

日本記録となった23000人の倍
45000人を動員すること。

2019年12月20日 東京ドーム
 

新たなる時代に足跡つける俺たちが UVERworld

TAKUYA∞がライブ終わりに必ず残す言葉だ
彼らは平成で蒔いた種を
令和という新しい時代に咲かせようとしている
 

きっと彼らはこれからも挑戦し続け、これから先も進むことをとめることはないだろう。
そんな姿をみてじっとしていられるだろうか
UVERworld に出会ったその時 貴方も何かをはじめたくなる、そんなロックバンドだと思います

UVERworld は何かをはじめるきっかけ、決意 、情熱 さまざまなものを心に運んでくれる熱く素敵なロックバンドです。

UVERworld はぼくの人生になくてはならない存在となり、そんな彼らの熱いメッセージが貴方にも届くと嬉しいです。

貴方と UVERworld を繋ぐきっかけになれますように
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい