2250 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

夢の途中

自分にとってのHump Back

Hump Backのメジャー初のフルアルバムが発売される。
 

この情報が届いた時、とても嬉しい気持ちになった。
自分にとってHump Backの存在は大きくて、かっこよくて、真っ直ぐで、そして大好きで、だからこそこの瞬間が自分のことのように嬉しくて、思わず泣きそうになってしまった。
 

Hump Backに出会ったのは、高1の秋頃。ちょうど「月まで」が
YouTubeで公開されたくらいの時期だった。
日頃からいろいろなバンドを漁っては聴き、漁っては聴きを繰り返していた私はいつものようにYouTubeで「良いバンドいないかなぁ」と見ていた。
そしてオススメとして出てきたHump Backの「月まで」。
はっきり言って凄くありがちな出会い方だと思うけど、この曲を聴いた後から今まで2年半もこのバンドの追い続けることになるなんて思ってもなかったと思う。それくらい「月まで」は自分にとって凄く衝撃的な出会いだった。

「もう一歩 足りてなかった もういっそ やめてしまいたかった
暮らしの中の中で」

「わかってたんだ 遠ざかる そうだよな 朝が近い」(月まで)

最初の最初から一気に引き込まれた。イントロなしで始まって、声とギターの音だけがスッと流れ込むように入ってきて、
「わかってたんだ〜」からのところでガッと掴まれたような感覚。初めて聴いた時は歌詞の意味まで深く考えずに聴いていたけど、声と、演奏とだけで、こんなにかっこいいのってあるのか…!?と思わず体中がゾワゾワってなって、ドキドキして、びっくりして、なんとも言えないような気持ちになった。

「月まで」を聴いた後、発売予定となっていたミニアルバムを購入して、このバンドをずっと追っていこう。と決めた。

こんなにも好きになってしまって、ライブにはずっと行きたいと思っていたけど、部活の都合でなかなか行けなくて、そうこうしている間に受験生になって。

「夢の途中 変われないまま 広がる空青くて なんか泣けた」
(夢の途中)

なんて歌詞の通り勉強が上手くいかなくて曲聴いて空見上げてほんとに泣いてたりして。

「君もいつか 変わってくだろう 良しも悪しもあるけど
良しとするか」

でもそんな自分でも肯定してくれてるから余計に泣いたりしていたけど。

「夢はもう見ないのかい? 明日が怖いのかい? 諦めはついたかい? 馬鹿みたいに空が綺麗だぜ」

「あぁ もう泣かないで 君が思う程に 弱くはない
あぁ まだ追いかけて 負けっぱなしくらいじゃ終われない」
(拝啓、少年よ)

それでも諦めずにいられたのはHump Backの力が大きかったりして。本当に支えられた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

結局、受験は落ちて、でも諦めきれなくて、今は、浪人生をしている。
そんな中で今回のフルアルバムの情報が飛び込んできて、Hump Backがどんどん大きくなっていくのを目の当たりにして、凄く嬉しくなって、それによって元気も貰えて、自分も頑張ろうっていう活力も貰えて。
いつもほんとに感謝しかないんだよな、Hump Backには。
 
 

アルバムが発売される日までが待ち遠しいし、あと、来年こそは絶対に志望校に合格して、Hump Backのライブに行くという夢がある。その時はありがとうって心の底から(多分声に出して大声では言えないけど笑)言いたい。

でもここで最初に言っとこうと思う。
 
 
 
 
 

「Hump Backありがとう!!!大好き!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい