1935 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

きのこ帝国 闇から木漏れ日へ

きのこ帝国 活動休止に寄せて

5/27(月)きのこ帝国が突如、活動休止を発表した。僕は月曜の無意味な残業を経て、帰宅中の電車内で弄んだスマホでその事実を知り、驚き、落胆し、きのこ帝国というバンドの決断に心を痛めた。

理由はベーシストの谷口氏の達成感と家業に就くという選択によるもので、幾度となくメンバーとスタッフとで話し合われた結果だったそうだ。一ファンがどうこう言う筋合いはない。

何よりオフィシャルHPできのこ帝国のメンバーが谷口氏の決断に戸惑いながら最終的に笑顔で送り出そうとしているコメントがつらかった。

きのこ帝国とはアルバム「eureka」の「ユーリカ」のMVが出会いであり、あまりにも衝撃的だったのを今でも鮮明に覚えている。失礼を承知だが当時フロントマンの佐藤は「佐藤」としてしかクレジットされておらず、その歌声、歌詞、映像からは女性なのか少年なのか読み取れなかった。暗いトンネルで僅かに化粧をして白い息を吐いた彼女はギターを暗い地面に狂ったように投げつけた。

でもそれからきのこ帝国は照葉樹が春を迎えるように、佐藤の心情の変化をメンバーが迎え入れ、支えるように穏やかに、だが明確にその立ち位置を変えていった。

やがて佐藤は「佐藤千亜妃」とフルネームを名乗り、楽曲はシューゲイザーに捉われない美しいバンドサウンドを奏でるようになった。

谷口氏の指弾きのベースは楽曲に温かみを添えてくれた。
「ユーリカ」のような激しい曲でも「タイム・ラプス」の優しい楽曲でも彼の技巧的に過ぎないベースラインは聴き手を向こう側の世界に連れて行ってくれただろう。

バンドには必ずと言っていいほど別れがある。
Syrup16gはメジャーデビューと同時にオリジナルのベーシストと別れを告げた。
ART-SCHOOLはメジャーデビュー後に軋轢の末、日向氏、大山氏が去って行った。
GRAPEVINEは…もうよそう。

きのこ帝国はここ数年で久々にはまったバンドであり、インタビューなどから、
バンドの状態の良さを感じていたのでまさかこのようなことになるとは思いもしなかった。

でも、だからこそ、一人でも多く彼女/彼らの楽曲に触れてほしいと思う。

後に彼らの代表作になるであろう「東京」のMV、とあるビルの屋上での狂ったような演奏は他の「東京」よりも美しく、気高い。初めて出会った「ユーリカ」よりも外に向かっている。MVの質でバンドを語るのは邪道だと思うが、きのこ帝国のそれは、彼ら/彼女らが懸命に鳴らしてきたロックの青さであり美しさであると思うのだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい