1935 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

初めてくるりのライブに行った話。

くるり『songline』リリースツアー「列島Zeppェリン」5/24(金)

5月24日は東京が初真夏日になった日で、朝からとにかく日射しが強烈だった。

アスファルトの照り返しが強くて、少し息苦しいと感じてしまうくらい。慌てて出した夏服にじっとり汗がにじむ。JR高崎線の上りは平日の昼下がりなのに学生が多くて、そういえば中間テストって今頃だったっけ、と何となく思い出す。次に乗り換えた電車の中はもう冷房がガンガンにかかっていた。

くるりのライブには、行ったことがなかった。
好きな曲が何曲かあるくらい。「ばらの花」が1番好きだ。今回、偶然ラジオから流れてきた「Remember me」に物凄く感動したことをSNSに上げたのがきっかけで、ライブに行けることになったのだった。

実はライブ自体かなり久々で、なんとなくずーっと緊張していた。
こういう時、私はよく忘れっぽくなる。多分脳の処理能力がポンコツになるんだと思う。りんかい線の窓から見えた夕焼けが綺麗で、ぼーっと見ていたらチケットをしまった場所が分からなくなるところだった。

電車を降りて、Zeppへ向かう人波に紛れ込む。開演は19:15、ギリギリ間に合うか。でもコインとジンジャーエールを引き換えるのに時間がかかってしまって焦る。なんとかドアの隙間に滑り込んで、周りの人の迷惑にならなそうな場所をもらう。さっき慌てて走ったから、ジンジャーエールの気が抜けちゃったかな、とどうでもいいことを心配した。

1曲目は「琥珀色の街、上海蟹の朝」だった。

やばい。気持ちいいっ。
もう夏が来たっっっ!!!!って感じ。あービール飲みたい。

せっかくだから予習して行こうと思って、「songline」の他にベスト盤の「くるりの20回転」を聴いて行ったのだけれど、くるりの音楽の幅の広さにびっくりした。これをライブで本当にやるのか?と思ったら、本当にそうだった。

抜群にグルーヴ感のあるドラムとベース。その上で自由に動き回るギターとキーボード。のびやかなトランペット。岸田さんの声。

迫力があるのに押し付けがましくなくて、ゾクッとするくらいの音数の多さにびっくりする。
洗練されている、と思う。
やりたいことが見えていて、挑戦を諦めないこと。
これを20年続けると、こんなに実力のある音楽になるのか……
とにかく音に身を任せているのが気持ちよかった。

今回1番カッコイイ!!と思ったのが「ワールズエンド・スーパーノヴァ」だった。
ライブだからこその疾走感と、高揚感。
跳ね回りたくなるのを必死に抑えて聴いていた。あーもう1回聴きたい。

途中くるりの3人だけで3曲やってくれたのだけれど、3曲目が「ブレーメン」だった。
好きな曲だ。オーケストラ抜きの3人だけで、この曲が成立するとは正直思わなかった。やっぱくるりはロックなんだなぁと、当たり前のことに感動した。
 

メロディーやアレンジも好きだけれど、くるりの曲の好きなところは、ふとした瞬間の歌詞にハッとさせられるところだ。
それまでテンポに合わせて揺れていた体に、とすん、と刺さる。
今じゃない過去のことが、ふっと思い起こされて、あー。そうだったよね。と思う。
心の奥の柔らかいところに、そっと手が触れるような。

カッコいいなぁ。

ここ数年、忙しさと金欠を理由にライブから遠ざかっていた。
自分の興味のあるものに蓋をしてしまうのは簡単だけど、それが続くと心が死んでいく。確かにお金は稼がなくてはならないけれど、自分が好きだと思う音楽さえ忘れたフリして生きなくちゃならない人生は嫌だな、と思った。

岸田さんがMCで言っていた。

「みなさまの、心身の健康と……(笑)いやこれ一番大事やねんで?」

 さらなる飛躍を願って。
 
 

“いつかは想像を超える日が待っているのだろう
 いつかは想像を超える日が待っているのだろう

 毎日は過ぎてく でも僕は君の味方だよ
 今でも小さな言葉や吐息が聴こえるよ”

(HOW TO GO)
 

ずるいなぁ、と思う。
こんなセンスの良い音楽に、こんな良い歌詞のっけちゃったらさ、って。
頑張るしかないじゃない。
またここに来たくなっちゃうじゃない。

勝手にエールを貰った気になって、少し涙が出た。
 

熱気と興奮でいっぱいになったZeppから吐き出されて外に出る。真夏日の余波で、22時を回っているというのに生温い。すっかり気の抜けたジンジャーエールを飲み干して、駅に向かって歩き出した。

きっといつか、またここに戻ってきます。

今日のことを、忘れないでおこうと思った。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい